NEWS

諏訪部順一演じるウサギが、藤原啓治演じるドリトル先生を挑発!?
さらに、池田秀一演じるトラのバリーも怒りの形相で登場の
日本語吹替え版本編シーンを解禁します!

伝説の島への日誌を手に入れるため、盗賊の島・モンテベルテのお城に忍び込んだものの、島を支配する暴君ラソーリに見つかってしまい、牢屋に閉じ込められてしまったドリトル先生(声・藤原啓治)。すると向かいの牢屋の柵から、眼帯をしたガラの悪いウサギ(声・諏訪部順一)が、「ハッハー!やっと面白いことになってきたぞ!」と大喜びで顔を出し、「なぁ、先生。言いたかないが、アンタやられるだろうな!」とドリトル先生の身に危険が迫っているような素振りで話し始めます。ドリトル先生は「いいから黙って、その出っ歯を引っ込めてろ!」と言い返しますが、ウサギは全く意に介さない様子で「この匂いなんだ?おい、みんな!ドリトルったら、ビビッてチビってプリプリ~♪」と大声で歌いながら挑発!そうこうしているうちに看守が現れ、ドリトル先生の牢屋の奥にあるもうひとつの扉を開かれると、なんと今度は獰猛な目をしたトラのバリー(声・池田秀一)が登場。バリーは「ドリトル先生、覚えてるかい?昔、患者だったバリーだ。」と怒りの形相でご挨拶。「バリー!忘れるわけがない!」とわざとらしいリアクションで出迎えるドリトル先生ですが、バリーの怒りは爆発寸前…!果たして、ドリトル先生はバリーを倒し、無事に牢獄から抜け出すことはできるのか!?

 

本作で、ドリトル先生に悪絡みをするウサギの声を演じたのは、アニメ「テニスの王子様」跡部景吾役や「ユーリ!!! on ICE」ヴィクトル・ニキフォロフ役で知られる人気声優の諏訪部順一さん!賭け事が大好きでイジワルなウサギのキャラクターを低音ボイスとハイテンションで見事演じ切っており、本シーン以外での活躍にも目が離せません!またドリトル先生との間に因縁の過去を持つ凶暴なトラのバリーの声を演じたのは、アニメ「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブル役やアニメ「ワンピース」シャンクス役でお馴染みのベテラン声優池田秀一さん!登場シーンから圧倒的な存在感を放つバリーに、池田さん特有の落ち着いた声が重なることで、より一層バリーの恐ろしさに磨きがかかっています!バリーは本映像のほかにも獰猛な動物とは思えない”意外な一面”を見せるシーンもあるとのこと!?諏訪部さん演じるウサギの他シーンもマストチェックなうえに、ほかにも超人気&ベテラン声優陣が大集結している本作を、ぜひとも劇場の大きなスクリーンでご堪能下さい!

ついに6月19日(金)より公開を迎えた『ドクター・ドリトル』
週末3日間(6月19日(金)~6月21日(日))で

興行成績【動員:106,913 人/興収:147,723,750円】を記録し
初登場第1位のスタートを切りました!!

新型コロナウィルスの影響で公開が延期された本作ですが、6月19日(金)より全国347館707スクリーンで無事に公開を迎え、初週3日間(6月19日~6月21日)の興行成績は、【動員:106, 913人/興収:147,723,750円】を記録いたしました!

劇場には延期になる前から本作を心待ちにしていた熱狂的な映画ファンや、カップル、友だち同士を中心に老若男女幅広い世代を動員しており、SNSでは「ドクター・ドリトルすげー面白かったわ!久々に映画観ててワクワクしたわ」、「老若男女楽しめるし、動物好きにはたまらないよく出来た面白い映画だった!」、「ドクター・ドリトル、あと8時間は観たい。」、「久々に映画館で映画観たー!ドリトル先生…周りの動物たちが可愛いし声が豪華すぎて始終楽しい気持ちで観れたの幸せだわ…!」と、久々の劇場鑑賞を『ドクター・ドリトル』で楽しんだという声で溢れています!

また全世界を熱狂させた大人気ヒーロー映画マーベル・シネマティック・ユニバース作品で共演していたダウニーJr.とトム・ホランドの再共演に期待を寄せていた映画ファンは、「トムホとダウニーのコンビほんま最高…ってなりました!もう1回みたい!」、「トムホとロバートのコンビ好き~!どんなダウニーも良し。トムホ声の犬が可愛すぎる……」と胸を熱くさせていた様子。

更に字幕版、日本語吹替え版共に豪華声優陣が集結していることでも注目を集めていますが、「ドリトル先生めちゃくちゃ楽しかったーー!!字幕で観たから吹き替えでもっかい見たい…!!!」、「内容も先生も可愛らしくて面白かったんですが、声優陣のこれまた豪華なこと…!」と、それぞれに絶賛評価が相次いでおり、多くの方がリピート鑑賞を検討している模様…。すでにご覧になった方も、まだこれからという方も、ロバート・ダウニーJr.の新たなハマり役、映画『ドクター・ドリトル』を是非劇場でお楽しみください!!

沢城みゆき×花澤香菜が息ぴったりな超おてんばバディに!
人気声優コンビが大冒険に向けてドタバタ騒ぎを繰り広げる!本編映像を解禁いたします!

今回解禁された本編映像は、沢城みゆきさんが声を務めるキツネのチュチュと、花澤香菜さんが声を務めるキリンのベッツィが、今まさに船で大冒険に出ようとしているドリトル先生の元へ、スタビンズ少年を連れて大急ぎで向かうワンシーン。

ドリトル先生と動物達の素晴らしい関係に感銘を受け、先生の助手になることを申し出たものの、人間嫌いのドリトル先生に煙たがられ、あっさりとお家へ帰らされてしまったスタビンズ少年。しかし、ドリトル先生にスタビンズ少年が必要だと感じたオウムのポリネシアは、仲間のチュチュとベッツィと共に、スタビンズ少年を今まさに旅に出ようとしているドリトル先生の元へと連れていくことに!出航に間に合わせるため、ベッツィは頭にチュチュを、背中にスタビンズ少年を乗せ、住宅街や町人で賑わう市場のなかを猛ダッシュ!チュチュとベッツィが3つの森で指名手配をされているということもあり、人間の追手はじわじわと増えていきますが、チュチュの見事なナビゲーションによって、そんなピンチも華麗に切り抜けていきます!

沢城さん演じるチュチュと花澤さん演じるベッツィは、互いに3つの森で指名手配をされていることに加え、チュチュはベッツィに、ベッツィはチュチュに対して、ちょっかいを出してくる外の存在を嫌うほど、お互いのことが大切な仲良しコンビ!映像内の「スピードを出すには、やっぱり誰かに追われないと!」(チュチュ)「じゃあね!間抜けくんたち!」(ベッツィ)というセリフからも超おてんばバディであることがよくわかる2匹ですが、実力派声優として高い注目と人気を兼ね備えた沢城さんと花澤さんの息ぴったりな好演によって、パワフルで魅力的なキャラクターに仕上がっています!声優ファンならたまらない要注目のワンシーンとなっております。

果たして、スタビンズ少年らは出航に間に合い、ドリトル先生と共に旅立つことができるのか!?見た目はキュートながらもおてんばで大胆なキャラクターが繰り広げるドタバタ劇に、これから始まる大冒険がどのように展開されていくのか、ドキドキワクワクさせられる映像となっております!風変わりなドリトル先生と、個性豊かな動物たちが共に臨むハラハラドキドキのアクション・アドベンチャーに是非、ご期待ください!

 

アカデミー女優、マリオン・コティヤール×
世界的人気シンガー、セレーナ・ゴメスがおてんばキャラに!?
激レアコンビが大冒険に向けてドタバタ騒ぎを繰り広げる本編映像を解禁いたします!

今回解禁された本編映像は、マリオン・コティヤールが声を務めるキツネのチュチュと、セレーナ・ゴメスが声を務めるキリンのベッツィが、今まさに船で大冒険に出ようとしているロバート・ダウニーJr.演じるドリトル先生の元へ、スタビンズ少年を連れて大急ぎで向かうワンシーン。ドリトル先生と動物達の素晴らしい関係に感銘を受け、先生の助手になることを申し出たものの、人間嫌いのドリトル先生に煙たがられ、あっさりとお家へ帰らされてしまったスタビンズ少年。しかし、ドリトル先生にスタビンズ少年が必要だと感じたオウムのポリネシアは、仲間のチュチュとベッツィと共に、スタビンズ少年を今まさに旅に出ようとしているドリトル先生の元へと連れていくことに!出港に間に合わせるため、ベッツィは頭にチュチュを、背中にスタビンズ少年を乗せ、住宅街や町人で賑わう市場のなかを猛ダッシュ!チュチュとベッツィが3つの森で指名手配をされているということもあり、人間の追手はじわじわと増えていきますが、チュチュの見事なナビゲーションによって、そんなピンチも華麗に切り抜けていきます!

チュチュの声を演じたのは『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』(07)で第80回アカデミー賞主演女優賞を受賞したマリアン・コティヤール。そしてベッツィの声を世界中のティーンから絶大な人気を誇る歌手、セレーナ・ゴメスが担当!チュチュとベッツィは、互いに3つの森で指名手配をされていることに加え、チュチュはベッツィに、ベッツィはチュチュに対して、ちょっかいを出してくる外の存在を嫌うほど、お互いのことが大切な仲良しコンビ!映画界と音楽界の垣根を超えた豪華ボイスキャストがクセのある声で演じるおてんばバディは、本作でしか観ることのできない貴重なシーンとなっており必見です!セレーナは動物との絆を大切にする今の時代にこそ、愛される作品よ。家族向けの素晴らしい映画ね!と太鼓判を押しており、ファミリーでも楽しんでほしい作品となっております。

果たして、スタビンズ少年らは出航に間に合い、ドリトル先生と共に旅立つことができるのか!?見た目はキュートながらもおてんばで大胆なキャラクターが繰り広げるドタバタ劇に、これから始まる大冒険がどのように展開されていくのか、ドキドキワクワクさせられる映像となっております!風変わりなドリトル先生と、個性豊かな動物たちが共に臨むハラハラドキドキのアクション・アドベンチャーに是非、ご期待ください!

アリのマフィアを演じた霜降り明星さん、マフィアのボスのドン・カーペンテリノを演じた井上和彦さん、トンボのジェームズを演じた杉田智和さんら登場の日本語吹替え版本編シーンを解禁いたします!

今回解禁されたのは、伝説の島への航路が記された日誌を求めて盗賊の島・モンテベルテのお城へとやってきたドリトル先生(声・藤原啓治)たちが、日誌が隠された秘密の扉を開けるため、島で再会した友人のトンボのジェームズとともに、錠前破りのスキルを持つアリのマフィアたちに交渉を持ちかける様子が収められたワンシーン。

ドリトル先生が準備した手土産の角砂糖2個を受け取り、上機嫌となったアリのマフィアのドン・カーペンテリノ(声・井上和彦)へ、本題である扉の開錠の依頼を切り出したジェームズ。しかし、ドン・カーペンテリノから「頼みごとに来たのか?娘の結婚式の日に。」と返され、「待って!どの娘さん?まさか、オレのシーラ!?結婚するんスか!?」と激しく動揺!さらには、マフィアのアリたちに「相手はディランって名のサソリだ!」(声・せいや)、「残念だな、ボーイスカウト。シーラは悪っぽいのが好きらしい!」(声・粗品)とからかわれ、失恋のショックで涙を流します…。その後、交渉は成功し、扉は無事に開錠されるものの、その先には新たな試練が…!傷心モードの頼りない友人のジェームズとともに、ドリトル先生たちは無事日誌を手に入れることができるのか!?

アリのマフィア役を演じた、霜降り明星粗品さんせいやさんは今回が声優初挑戦!粗品さんは「M-1で優勝してから色々なお仕事させてもらいましたが、芸人さんが売れて、映画の吹替えをやらせてもらうことに憧れていたので、めちゃくちゃ嬉しかったです!」と喜びをあらわにし、せいやさんは「大好きな俳優さんの作品に出演できることに、びっくりしました!ずっと好きやったダウニーJr.さんと初めての共演やったので、これを皮切りにどんどん一緒に仕事していくと思います!」とコメント。その熱い想いが込められた演技を本映像でも確認することができます!本シーンでは、ベテラン声優の井上和彦さんがマフィアのアリのボスとして凄みのある声で出演するほか、人気声優の杉田智和さんが失恋で涙するトンボのジェームズをお茶目に好演!ドリトル先生役の藤原啓治さんをはじめ、豪華声優陣が名を連ねる、日本吹替版の上映にもぜひともご期待下さい!

1 2 3