任侠ヘルパー(ドラマ)公式見逃し動画配信や再放送を無料で1話~全話フル視聴する方法

「任侠ヘルパー」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「任侠ヘルパー」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「任侠ヘルパー」とは?

2009年7月9日から9月17日まで放送されていたドラマ「任侠ヘルパー」。
「介護の道を極める。それも極道」というキャッチコピーで草なぎ剛主演で放送されていました。
物語はヤクザがヘルパーとして介護施設で仕事をする中で、いじめや高齢者虐待などの社会問題をリアリティに取り入れられた展開と、またヤクザが抱くヤクザへの嫌悪感や介護される側の葛藤などなどが描かれています。
主人公は自らの素性を隠して研修という名目で介護ヘルパーとして働きはじめ、初めは介護という仕事を見下していたが、介護現場で悪戦苦闘する中で様々な年寄りと関わる中で考え方に影響を与えていくという物語になっています。

草なぎ剛主演『任侠ヘルパー』
話題の「イケ“メン”ヘルパー」初! 勢ぞろい!
SMAP主題歌がドラマを盛り上げる!
「任侠一家・隼会、介護老人たちと日本一の“一家”を築きます」
介護に風穴あける、ヒューマンタッチの本格派介護ドラマ
「任侠」それは—
「弱きを助け、強きをくじく気だて」
そのためになら自己犠牲的精神をいとわない「男気」をさす言葉。
この物語は、ひょんなことから「介護士」となった任侠社会の面々が、介護問題に潜む“闇”に直面し、破天荒ではあるが熱意あふれる方法で問題を解決していくヒューマンタッチの本格派介護ドラマです。

 隼会・翼興業組長の翼彦一(草なぎ剛)は、隼会若頭・鷹山組組長の鷹山源助(松平健)から呼び出される。鷹山が、8代目の告別式後に話があると言ったため、彦一は次期若頭に指名されるのでは、と期待していた。
 告別式後、迎えに来たバスに乗り込むと、そこには四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)ら、隼会の面々がいた。彦一と同様、指名に期待する面々に、鷹山は「研修」を受けてもらうと切り出す。そして、バスはどういうわけか、「タイヨウ」という老人介護施設に着き、オーナーの園崎康弘(大杉漣)と介護福祉士の和泉零次(山本裕典)が迎えた。「研修」とは、介護ヘルパーとして働くことだったのだ。
 彦一たちは、早速、ヘルパーらとともに、オムツ交換などをするが、まるで対応できない。同じ頃、介護ビジネスで成功を収める「ハートフルバード」社長の羽鳥晶(夏川結衣)は、分刻みのスケジュールをこなしていた。そのため、息子の涼太(加藤清史郎)の苦悩にも気付かず…。
 一方、「タイヨウ」の控え室で寝ていた彦一の顔を、倉田チヨ(池内淳子)が覗き込む。チヨには認知症があり、彦一を息子と思い込んでいるのだ。彦一は、そんなチヨを冷たくあしらい部屋を出ようとした。すると、チヨが金を差し出す。息子に小遣いをあげようと手にした金を、彦一はサッと受け取るのだった。

 老人介護施設で働く翼彦一(草なぎ剛)は、施設の顧問・羽鳥晶(夏川結衣)の効率最優先の方針に嫌気がさしていた。晶は、スタッフの負担軽減のため、自立歩行の難しい人にはオムツを着用させろ、と言うのだ。介護福祉士・和泉零次(山本裕典)は賛同するが、ヘルパー・美空晴菜(仲里依紗)らは違和感を覚える。
 そんな中、車椅子の入居者・本村幸三(津川雅彦)は、オムツの着用を断固拒否。それでも施設で推奨されているから、と彦一がオムツを履かせようとすると、ステッキで脚を引っ掛けられてしまう。カッとなった彦一は掴みかかるが、本村は動じない。それどころか、ユニフォームの下の刺青を見られてしまう。
 本村は、腕っ節が強い上に乱暴で殴られたヘルパーもいるらしい、と噂を聞いた四方木りこ(黒木メイサ)は、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)らに、そんなにやっかいな老人ならば、オムツを履かせたら手柄になるのでは、と話す。早速、りこ、五郎、二本橋賢吾(宇梶剛士)が向かうが、本村を説得することはできない。
 翌日、彦一はオーナー・園崎康弘(大杉漣)から、本村の外出の付き添いを頼まれる。彦一を従えて車椅子で駅に降り立った本村は、さらにバスに乗ると言うと、ステッキをついて立ち上がった。知り合いに車椅子姿を見られるのが嫌だという本村。彦一はため息をつき…。

 翼彦一(草なぎ剛)と四方木りこ(黒木メイサ)は、老人介護施設「タイヨウ」を利用する老人が自宅で虐待されているかもしれないと聞き、その家を訪ねる。応対したのは老人の孫の高志(忍成修吾)で、夕方にも関わらず老人は寝てしまったのだと話す。ところが台所で音がするのを見ると、老婦人・渡辺節子(森康子)が流しでコップを洗おうとしていた。その腕には、赤黒い縄目と思われるアザがあった。施設に戻った彦一とりこは、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)ら“任侠ヘルパー”と、ヘルパー・和泉零次(山本裕典)に虐待の事実を告げる。しかし、虐待の判断は難しく本人がそれを認めない限り、こちらが勝手に動くことはできないのだという。
 節子が心配なりこは、渡辺家を訪ねるが、節子はインターホン越しに答えるだけだった。それでも通ううちに、節子は少しずつ心を開き始める。
 そんなりこの来訪を知った孫の高志は、「ハートフルバード」に直接連絡を入れ、今後も同じことが続けば利用を取りやめると話す。施設オーナー・園崎康弘(大杉漣)や和泉らは、対応に頭を悩ませる。
 彦一はりこに冷静になるよう諭すが、りこは取り合わない。そんなとき、「ハートフルバード」社長・羽鳥晶(夏川結衣)が現れ、りこの一連の言動を注意する。節子が助けを求めない限り他人のりこには何もできない、と晶からも言われるが、それでもりこの気持ちは変わらない。そんなりこを見た彦一は…。

 翼彦一(草なぎ剛)と四方木りこ(黒木メイサ)は、顧問・羽鳥晶(夏川結衣)から、「ヘルパーは家族になれない」と言われて以来、利用者との関係性について思いを巡らせていた。美空晴菜(仲里依紗)は、そんな2人が気にかかる。
 そんな折、彦一が車椅子の老婦人・北浦ナツ(島かおり)の散歩の付き添いをしていると、ナツがひとりの女性(山田優)を見つけて声を上げる。ナツが玲子と呼びかけた女性は、ナツがひとり暮らしをしていた頃、自宅に来ていたヘルパーだという。玲子は、自分を見つめる彦一に宇野玲子だと名乗る。
 その後、玲子が、「タイヨウ」にやってくる。美人で気立てのいい玲子は、施設の利用者だけではなく、施設のオーナー・園崎康弘(大杉漣)や鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、二本橋賢吾(宇梶剛士)らからも人気となる。そんなとき、和泉零次(山本裕典)は、ナツが玲子に預金通帳を渡しているのを目撃する。
 彦一は壁に向かいキャッチボールの練習をしている羽鳥涼太(加藤清史郎)を見る。彦一に気づき、後を追ってきた涼太に、ケンカした友だちとはどうなったかと尋ねると、涼太は、母親の晶が謝りに言ったと悪びれずに話す。そんな涼太と別れ、歩いていると、通りがかったアパートから老婦人と出てくる玲子の姿を目撃する。老婦人が、玲子を「あゆみ」と呼びかけているのを聞いた彦一は、何かが引っかかり…。

 翼彦一(草なぎ剛)は、施設の顧問・羽鳥晶(夏川結衣)に刺青を見られたことを四方木りこ(黒木メイサ)に責められる。彦一は覚悟を決めるが、晶は倒れたのだから早まるなと釘を刺される。
 一方、運ばれた病院で目を覚ました晶は、息子・涼太(加藤清史郎)らの心配もよそに、仕事に戻るといって病院を後にする。
 同じ頃、「タイヨウ」では、恒例の「地域交流会」の出し物を決めようと、和泉零次(山本裕典)、美空晴菜(仲里依紗)と鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)ら“任侠ヘルパー”が話をしていた。
 そんななか、小澤義男(上田耕一)という男性が「タイヨウ」に運ばれてくる。半身麻痺の小澤は、自宅で妻・さくら(倍賞美津子)に介護されていたが、介護疲れからさくらは自殺未遂を図り、病院に搬送されていたのだ。彦一、りこ、零次が病院を訪ねると、さくらは小澤の面倒を「タイヨウ」で見て欲しいと訴える。なんとか自宅で介護を続けるよう促すが、さくらは拒絶。すると突然、彦一が、その女に他人の世話はできない、と悪態をつき、病室を出て行ってしまう…。

 翼彦一(草なぎ剛)は、美空晴菜(仲里依紗)から、年若い者でも認知症を発症することがあると聞き、ここ最近の羽鳥晶(夏川結衣)の行動を思い返す。
 一方、施設では風間寛(ミッキー・カーチス)のセクハラが問題となっており、四方木りこ(黒木メイサ)も被害者となる。認知症でもないのに女性を追い回す風間に、鷹山三樹矢(薮宏太)ら“任侠ヘルパー”らはあきれ返る。そんな折、義理の娘に連れられて、徳田多恵子(木村夏江)が入居のためにやってくる。すると、多恵子を認めた風間は、「多恵ちゃん…」と声をかける。
 同じ頃、羽鳥涼太(加藤清史郎)は、彦一に晶がどんな病気なのか聞いてほしいと頼むが断られる。
 そんななか、風間が二本橋(宇梶剛士)に話があると言う。実は、多恵子は風間の初恋の人なのだが、告白することもできず、やがて人妻となってしまった。以来、自分は独り身できたが、ここで再会できたのも縁だから多恵子をデートに誘い、当時の気持ちを打ち明けたいというのだ。そんな風間の言葉を、二本橋はしみじみと聞く。
 後日、二本橋は別れた妻と暮らす娘・瑞穂(指出瑞貴)と会う。瑞穂は、母親が再婚間近であることを改めて伝えるが、二本橋の煮え切らない態度に怒り、席を立ってしまう。
 その翌日、彦一が施設の外でタバコを吸っていると、晶が1人で現れる。無言で近づいてくる晶に、涼太が心配していると声をかける彦一。すると晶は、涼太のことで話があると言い…。

 翼彦一(草なぎ剛)は、美空晴菜(仲里依紗)とともに、長岡孝江(江波杏子)の自宅で訪問介護を行っていた。孝江の娘・初美(西田尚美)の依頼で来たのだが、孝江は彦一らの対応が気に入らず文句ばかり。
 夜になり、出掛けていた初美が戻ると、孝江は彦一らに酷い目に遭わされた、とさんざん文句を言う。それを聞いた初美は、もうヘルパーを頼んだりはしない、と約束する。
 晴菜は、孝江の件を園崎康弘(大杉漣)と和泉零次(山本裕典)に報告。園崎らは、プライドの高い孝江の面倒を、初美が1人でみていることを憂慮する。そんな折、利用者の家族らが、羽鳥晶(夏川結衣)に母親殺しの過去があるとの記事が書かれた雑誌を持って乗り込んでくる。
 この記事が発端となり、フランチャイズの契約解除を希望する声があがるなど、「ハートフルバード」への批判が広がっていく。四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)らは、このスキャンダルの余波で自分たちの正体がバレてしまうかもしれないと不安を隠せない。そんな中、涼太(加藤清史郎)が夏休みの間、「タイヨウ」で手伝いをすることになり、その健気に働く姿が、利用者の癒し的な存在となっていく。
 一方で、初美は介護と仕事をなんとか両立させていたが、それも限界に来ていた。彦一は、1人ですべてを背負おうとしている初美を心配し、声をかけるが、ヘルパーを頼むつもりはないと拒絶されてしまう。

 翼彦一(草なぎ剛)は、隼会と敵対する鷲津組の組長・鷲津莞爾(竜雷太)が施設に入居してきたことに驚く。事故で要介護状態とはいえ、金ならいくらでもあるはずの鷲津が「タイヨウ」にきたことに、四方木りこ(黒木メイサ)らは疑いの目を向ける。
 彦一は、その件を若頭・鷹山源助(松平健)に報告するが、今は“研修”に専念しろ、と一喝される。その鷹山の側には、和泉零次(山本裕典)がいた。
 鷲津は、脳梗塞の後遺症で言葉が出ない山浦夏夫と同室になったことなどに不満をもらす。そんな折、美空晴菜(仲里依紗)が花束を持って大部屋にやってくる。花は、なかなか見舞いに来れない夏夫の息子が毎週送ってくるというもので、花を見た夏夫は嬉しそうな顔をする。一方、鷲津は、自身に見舞いも何も来ないことにいらだっていた。
 同じ頃、会議に出席する羽鳥晶(夏川結衣)は、不鮮明な記憶のせいで窮地に陥っていた。息子・涼太(加藤清史郎)は、そんな晶のために、日々の予定や記録を貼り紙にして家中に貼りはじめる。
 そんな折、彦一は施設から駆け出していくりこを目撃する。数日前、四方木連合が襲撃されケガ人が出た、という情報を六車(夕輝壽太)から聞かされたからだ。五郎(五十嵐隼士)らは、隼会にケンカを売るのはどこの者だ、といきり立つ。そんな中、鷲津に話を聞いてくると言って席を立った三樹矢(薮宏太)を、彦一が制し…。

 翼彦一(草なぎ剛)は、鷲津莞爾(竜雷太)めがけてナイフを構え飛び込んできた四方木りこ(黒木メイサ)の腕を素早く掴んだ。りこは、四方木組を襲撃した鷲津組への報復だといきり立つが、彦一は鷲津は関わっていない、となだめる。しかし、収まらないりこは、再び鷲津に襲い掛かる。するとそこへ、和泉零次(山本裕典)がきて、りこの腕を蹴り上げる。りこは病院を飛び出し彦一がそれを追うが、見失う。そんなとき、彦一の携帯に羽鳥涼太(加藤清史郎)から、羽鳥晶(夏川結衣)が帰ってこないと連絡が入る。
 その頃、晶は老人ホーム「ハートフル」にいた。駆けつけた彦一と涼太は、晶が無事だったことに胸をなでおろす。
 一方、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)らは、連絡の取れないりこのことを案じていた。
 そんな折、「タイヨウ」の入居者で、病院に入院中の山浦夏夫(峯のぼる)の息子・渉(梶原善)がきて、園崎康弘(大杉漣)に夏夫の看取り介護を依頼。やがて、病院から帰された夏夫は、再び鷲津と同室となる。美空晴菜(仲里依紗)は、そんな夏夫の様子を日記に綴り始めた。
 そんな中、テレビでは晶の社長辞任会見が放送され、涼太とともに彦一がそれを見守っていた。ところが、順調に話していたと思われた晶は、途中で止まってしまう。それを見つめた彦一は…。

 翼彦一(草なぎ剛)は、羽鳥涼太(加藤清史郎)と羽鳥晶(夏川結衣)のマンションにいた。晶は、堀井皐月(安田美沙子)に付き添われていたが、病状が進み不安にさいなまれていた。
 同じ頃、正体を偽っていた彦一らに事情を聞こうと、「ハートフルバード」から日野弥生(中別府葵)がやってくる。四方木りこ(黒木メイサ)らが語らずにいると、弥生は、「タイヨウ」とフランチャイズ契約を解除すると宣告する。
 りこから連絡を受けた彦一は「タイヨウ」に戻ろうとするが、そんなとき、涼太がシャワーを浴びに行った晶の様子が気になると不安げな顔を見せる。彦一がそこで目にしたものは…。
 一方「タイヨウ」では大島(山田親太朗)、愛子(三浦まゆ)たちヘルパーが5人もやめてしまう。園崎(大杉漣)は、彦一らに新しいヘルパーが来るまではいてほしいと慰留するのだったが、美空晴菜(仲里衣紗)らは、彦一らを白い目で見るようになる。
 彦一らの素性がわかる写真を入手したマスコミも「タイヨウ」にやってくるようになり、園崎らは対応に四苦八苦する。その頃、和泉零次(山本裕典)から「タイヨウ」に写真を送ったのは鷲津組を破門された者の仕業ではないかと調べに入る。
 そんな折、「ハートフルバード」の新社長になった長谷川司郎(相島一之)は、秘書・弥生を伴って厚生労働省の藤堂慶太郎を訪ね、社長就任の挨拶をしていた。ある日、りこはひとりでタバコを吸っていた彦一に、何を考えているのか、と尋ねる。しかし彦一が答えないと、晶のことではないのかと苛立ち怒りをぶつける。そんなりこに彦一は…。

 翼彦一(草なぎ剛)、四方木りこ(黒木メイサ)、鷹山三樹矢(薮宏太)、黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)は、「タイヨウ」が閉鎖に追い込まれたことを鷹山源助(松平健)に報告する。
 その頃、「タイヨウ」では、美空晴菜(仲里依紗)や園崎康弘(大杉漣)が、利用者たちの受け入れ先を探していた。そんななか、羽鳥晶(夏川結衣)と涼太(加藤清史郎)も出て行くことに。出発の日、迎えの車に荷物を積んでいた彦一に晶が、写真を撮らないかと提案。晶の携帯の液晶画面に、3ショットが収まった。
 一方、閉鎖された「タイヨウ」に、多数の高齢者がやってくるという事件が起こる。高齢者を連れてきた鎌田公造(渡辺哲)は、自分が経営する施設がつぶれたため、高齢者が行き場を失ったと言い、一晩でもいいから預かってほしい、と懇願。園崎は、仕方なく受け入れるが、翌朝、鎌田と連絡が取れなくなる。
 それでも、高齢者たちを見捨てられないため、「タイヨウ」では炊き出しが始まり、彦一らもそれを手伝う。温かい食事に感謝をする高齢者たちに、“任侠ヘルパー”たちの胸にも熱いものがこみ上げてくる。
 すると、突然、彦一が持っていたお玉を投げ捨てて出ていく。追いかけてきた五郎に彦一は、“研修”が終われば、自分たちはまた高齢者を食い物にして生きていくんだ、といらだちをぶつける。再び極道に戻る自分たちが何をしているんだ—彦一の心は揺れ…。

翼 彦一 … 草なぎ剛
四方木りこ … 黒木メイサ
和泉零次 … 山本裕典
鷹山三樹矢 … 薮 宏太
黒沢五郎 … 五十嵐隼士
美空晴菜 … 仲 里依紗
六車雅人 … 夕輝壽太
羽鳥涼太 … 加藤清史郎
日野弥生 … 中別府 葵
堀井皐月 … 安田美沙子
鷹山源助 … 松平 健
二本橋賢吾 … 宇梶剛士
園崎康弘 … 大杉 漣
羽鳥 晶 … 夏川結衣

「任侠ヘルパー」配信状況

配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS
30日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
U-NEXT
×31日間
ABEMA
×2週間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2021年11月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、 TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!
初めて登録する方は30日間無料!
無料期間内の解約が可能なので無料期間のみ楽しむこともできますよ!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

この作品に出演している人々がみんな演技力のある方ばかりで、でもその中で主人公を演じた草なぎ剛の役柄はきっと演技はすごく難しかったんですのではないかと思う。
でもリアルに演じられていて違和感なく見ることができた。
物語が進んでいくにつれて、ヘルパーという仕事から人を守ることの大切さを実感している姿がすごく素敵で、人を守ることについて教えてくれる作品だった。

このドラマでは草なぎ剛が演技をしているのではなく、役柄そのものになっていると思うくらいの圧巻の演技だった。
任侠と介護を合わせるという設定もすごく面白いと思うし、それだけではなくて介護の現実も描かれていてとても素敵な作品だった。

タイトルになるほどのとんでもない人形とヘルパーの融合にもかかわらず違和感が全くなく作品に飲み込める仕様に仕上がっていてすごく素敵な作品だと思った。
自分の親や祖父母が高齢になってきて、テーマの一つでもある高齢者向け施設の話題にも実感をもって見ることができた。

まとめ

TSUTAYA DISCASに初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「任侠ヘルパー」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※本ページは2021年11月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました