花束みたいな恋をした(はな恋)無料動画配信や見逃しをフル視聴する方法・感想まとめ

映画『花束みたいな恋をした』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

こちらの作品はU-NEXTでしか視聴できません!
映画『花束みたいな恋をした』予告編【2021年1月29日(金)公開】

「花束みたいな恋をした」は
U-NEXTで独占配信中!

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「花束みたいな恋をした」とは?

菅田将暉・有村架純のW主演映画『花束みたいな恋をした』
脚本は「東京ラブストーリー」や「カルテット」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の坂本裕二。
終電後にとある偶然から恋に落ちた2人の5年間が描かれています。
大ヒットを記録した話題作が、7月14日(水)より、U-NEXTで早くも配信スタートです!!

東京・明大前駅で終電を逃し偶然に出会った、麦と絹。
バイト、同棲、就活。
いつでも二人で一緒にいた20代のぜんぶが、ずっと楽しかった。
猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く、不滅のラブストーリー誕生。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音やまねむぎ (菅田将暉)と 八谷はちやきぬ (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生! 
──これはきっと、私たちの物語。

(公式サイトより)

山音麦:菅田将暉
八谷絹:有村架純
加持航平:オダギリジョー
八谷早智子:戸田恵子
八谷芳明:岩松了
山音広太郎:小林薫
羽田凛:清原果耶
水埜亘:細田佳央太   他

『花束みたいな恋をした』Special Making Photo Movie

「花束みたいな恋をした」配信状況

「花束みたいな恋をした」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT
31日間
FOD PREMIUM
×2週間
Hulu
×2週間
ABEMA
×2週間
TSUTAYA DISCAS
×30日間
Paravi
×2週間
Amazonプライム
×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

2人それぞれの魅力にうらやましさを覚えつつ、何より劇中にあった心の声のように、相手の気持ちが言葉としてわかったらいいのになあってすごく思った。
この映画の中には色んな恋愛の「あるある」が凝縮されていて、同じ経験をしたから胸が締めつけられる気持ちになったり、あの2人のすれ違いが辛すぎて共感してしまったり、すごく感情が忙しい映画でした。

ハッピーエンドとは言い難い結末だったのに、見終わった後は満足感でいっぱいで、何故か心がぽかぽかしていて不思議な余韻が続いていた。
ストーリーも変に誇張されていたりフィクションすぎる部分がなく、ほどよく現実味を帯びているからこそ多くの人の共感を呼び心にも刺さったんじゃないかな。
ラスト方のファミレスのシーンでは会場全体がすすり泣きしていた。
いつかどこかで誰かが体験した恋愛が混ざっていて、精神的にちょっとしんどい映画でもあるかもしれない。

この映画における男女、麦くんと絹ちゃんは「運命的」とも言える出会いを経て交際に発展します。でも、それはあくまで本人たちにとって運命的と思えるだけであって、ここで語られる恋愛は決して非現実的なものではありません。趣味が驚くほど合う!という出会いも「いわゆるサブカルチャーが好きな人ならこの辺のものが好き」というだけの話なんじゃないかなという印象を受けました。
私が良いなと思ったのは、このふたりの人生において劇的なことは何も起こらないことです。キラキラした学生時代から、同棲をスタートして、就職活動を経て、社会人として働き始めて、という本当に一般的な、多くの人が経験するであろう人生を送ります。そのなかで、最初は瓜二つだったふたりの価値観や趣味、生活がどんどんすれ違っていき、結果的には別れを選択します。この、おそらく観ている人にとっても身に覚えがありすぎる「普通の恋愛」が描かれているのがこの作品の最大の特徴であり良さだと感じます。たくさんの人が自分事として受け取ることができる映画です。
個人的に一番心に刺さったのはブラック企業っぽい就職先で心が削られていく麦くんの姿です。心が疲れると情報量の多いエンタメは吸収できなくなって、単純なパズルゲームしか受け付けなくなってしまうあの感覚、分かりすぎる・・・

終電を逃した大学生の山音麦(菅田将暉さん)と八谷絹(有村架純さん)が偶然出会い、お互いの映画や音楽の趣味が似ていたところから惹かれあい、恋に落ちた後、時間につれて関係が変化していく2人の物語でした。ふたりの大学卒業後にそれぞれ変化があるのですが、それによってすれ違っていく様子がとてもリアルで、自分達のことのように共感できました。最初の惹かれあうところではすごくときめいたし、偶然や趣味の一致で嬉しくなったりキュンとしたりする様子はこちらも嬉しくなるくらいで、こんなに合う人との生活は楽しそうだなあと想像してしまいました。そしてその部分があったからこそ、お互い変わったことですれ違いが生まれていく様子がつらかったです。特に修羅場がでてくるわけじゃないのに、すれ違いが生まれてしまう、本当に身近な物語だなと感じました。見どころとしては主演おふたりの自然体な演技です。ところどころのふたりのかけあいや、雑談が自然で、見ていてなんだか懐かしくなったり、ときめいたり。すごいドラマがあるわけじゃないけどひとつひとつの場面がかけがえがなくて、大切だなあと感じる一瞬一瞬を楽しめます。また、すれ違ったふたりがどんな考えで、どんな結末を辿るのか注目してみてほしいです。

「花束みたいな恋をした」は菅田将暉さんと有村架純さんが主演で、公開後若年層に話題となった映画です。
偶然が重なって出会った彼らが、もがきながら恋愛をしていきますが、なんともそこの部分が現実的でとてもリアルで若年層に話題となりました。
なんとなく過去の恋人との付き合いや大事だった人、元カノ、元カレを思い出してしまうような物語でした。
やっぱり恋人と付き合うと何事もうまくいくわけではなく、そういった泥臭いというかダメな部分も、他人には見せられないような恋人同士の歪み合いみたいのもリアルに描かれて、お互いの気持ちがすれ違っていくのが視聴者にも分かりやすい形で映像となってました。
男女の考え方、他人が付き合う、一緒に暮らす、結婚するってこんなにも難しいことでなんで分かり合えないんだろうと何度も何度も作品中に考えさせられました
仕事に対する考え方もそれぞれ違って、好きな人のために嫌なこともするのか、自分の好きなことを自信を持って仕事にしたい、それぞれの価値観の違いも近づけば近づくだけ、理解し合っていって、ただそれがうまく合致するものではなく、ぶつかり合いに発展して。自分の恋人、長く付き合った彼をなんとなく思い出してしまいました。自分たちの交際をまるで客観的に見れるような作品です。

有村架純と菅田将暉の組み合わせが、改めて最高だなと感じさせてくれた作品になっていました。可愛すぎとかっこよすぎが大渋滞していて、見始めてからすぐにストーリーに引き込まれました。大学生から就職活動をして就職をする、そしてその環境の変化の中での二人の関係性が非常に生々しく描かれていて現実味溢れていて面白かったです。恋愛ばかりに走る非現実的なラブストーリー作品はよくありますが、このように甘くない現実を突きつけてくる映画は時に人生において勉強になることも含まれてあって個人的には大好きです。リアルな世界の中にある明るい部分と暗い部分の両方がバランスよく成り立っていたのもよかったと思います。色々印象に残る素敵なシーンがありましたが、中でも特にファミレスでのシーンが心に残っています。ここではかなり深い内容が詰まっていて、見ていて涙腺が崩壊し涙が止まらなくなりました。これからこの作品を見るという人には特にここに注目してほしいかなと思います。二人がラブラブなシーンではキュンキュンとドキドキが止まらなくて乙女心がかなりくすぐられました。恋愛は心を癒してくれるものでもあり、同時に様々な試練を与えてくるもので、これを乗り越えて人は強くなるのかなと思いました。

この作品はとてもリアルな恋愛が印象的です。好きな人との時間は、本当にあっという間で幸せなのが伝わってきます。大切な人だからこそ、ずっと一緒にいたいと思えるところが素敵です。
そして改めて、人との出会いは大切だなと痛感しました。偶然の出会いからいろんなことが重なって、仲良くなっていくところは微笑ましかったです。この人といたら絶対楽しいなとか、安心できると感じられることは素晴らしいことです。
絹はその場にいるだけで癒しを与えてくれる存在です。やさしくてやわらかい雰囲気が、この作品にピッタリだなと感じました。麦は穏やかでいつも楽しそうなところが良かったです。
長く一緒にいるといろんな問題も出てくるのは、見ていて共感できました。お互いのことも大切だし、将来のことも大事なのがよくわかります。一つに絞ることができないのは複雑な気持ちになりました。お互い理解したいけど、素直になれないのも切なかったです。
それでも好きな気持ちに嘘はなくて、一緒にいる時間を共有できるのが恋愛だなと感じました。どんなことがあっても、そばにいて応援してくれる人は必要です。信頼し合っているからこそ、長く一緒にいられるんだと感じる作品です。

麦と絹のあえて抑揚を抑えたような自分語りのスタイルがリンクしているところが、男女間の意識の違いをはっきりと表していて、いくら好みがぴったりでも、全てが上手くいくとは限らないんだなと改めて感じました。
ふたりの恋の始まりはリアリティがありながらも、どこかファンタジーのようなふわふわした感じがして、同棲生活にお金が絡んでくるまでは、まさに理想のラブラブカップルで微笑ましかったです。
でも、お互いに自分に余裕がなくなってくると、他人にも優しくできなくて、少しずつふたりの心の距離が離れていく過程が、心にグサグサくるくらいリアリティがありました。
ラブストーリーなのに、終始淡々としていて、修羅場やどんでん返しという劇的な変化はないですが、それがかえって、現実世界のカップルってこういうものだなという共感に繋がりました。
映画と言えば、目まぐるしい変化の連続というイメージが強いので、そういう意味では、ちょっと異質な作品かもしれません。ですが、いい意味で予想を裏切るブレない平穏さが、この作品の一番の魅力だと思います。特に、全体を通して感じた「恋の旬は短い」という教訓を花束に例えたタイトルは、すごく言い得て妙だと思いました。

まとめ

『花束みたいな恋をした』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料&600円分のポイントプレゼント!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

『花束みたいな恋をした』ショートシチュエーション予告【好きかどうか編】大ヒットver.

「花束みたいな恋をした」は
U-NEXTで独占配信中!

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました