3年A組(ドラマ)見逃し無料動画配信や再放送を1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ

この記事で『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

Hulu

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は
Huluで配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」とは?

2019年に放送されていた「3年A組-今から皆さんは、人質です-」。
あと10日で卒業という日、生徒と教師から、人質と犯人という関係に・・・。
その理由は、1人の生徒の死の真相を突き止めるため。
生徒の一人が自ら命を絶ってしまった。
なぜ、自ら命を絶たなければいけなかったのか?
先生の最後の授業が始まります。

鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。
この瞬間から教師と29人の人質生徒による、『最後の授業』が始まった―――。
最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。
遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。
29人の生徒は一人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。
なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。
なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。
謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!
たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!
誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!
―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。

魁皇高校の卒業式まで、残り10日。あとは卒業を待つのみとなった生徒たち。
冬から春へ季節を変え始めたこの時、高校生活という一つの舞台は平穏に幕を閉じていく。
……はずだった。
3年A組の扉が開く。担任の美術教師:柊一颯(菅田将暉)は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒に衝撃的な一言を言い放つ。
「今から皆さんには、人質になってもらいます」
ポカンとする生徒たち。そしてそれはやがて嘲笑へと変わる。一部の人間が呆れて帰ろうとする。が、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。そしてその時、廊下の外から突然爆発音が! 一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。衝撃の一同。この爆発によって3年A組は孤立し、完全に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数ヵ月前に3年A組のある生徒が自殺したその理由を答えるようにと求める。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。そして彼は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する…。
―――なぜ、一人の生徒は自ら命を失う事を選んだのか。なぜ、一人の教師は『人質事件』という方法をもって『最後の授業』を行うと決断したのか。生徒たちの想いは、そして抱えるその『秘密』とは。謎が連鎖し絡み合う、衝撃の学園ミステリー。ここに開幕。

一颯(菅田将暉)が魁皇高校3年A組の生徒たちを人質にとって立てこもってから一夜が明けた。瀬ヶ山署の郡司(椎名桔平)は、一颯の身辺を調べ始める。一颯が以前勤めていた学校を訪ねた郡司は、彼の意外な「正体」を聞かされることになる。
3年A組の生徒たちは、ある生徒の自殺の理由について一颯に“正解”を答えられないまま、一颯の命令に従うしかなかった。この日も一颯は生徒たちに、最後の授業として第二の問題を投げかける。澪奈(上白石萌歌)の自ら命を落とす直前、そのきっかけとなったともいえる、「ある動画」がSNS上に投稿されていた。しかし、その動画は一部分を故意に加工されたフェイク映像だという。そして、この3年A組の生徒の中に「投稿者」が存在するということを断言する一颯。またも「夜8時までに名乗り出なければ、この中の誰かが死ぬ」と言い渡す。
緊迫した空気。クラスの中に確実に存在する犯人。謎は疑惑を呼び、生徒たちはそれぞれの思いを抱え、動き始める―――。2日目の3年A組に暴かれる「真実」とは……。

警視庁理事官である五十嵐(大友康平)は、ついに一颯(菅田将暉)と対面。が、五十嵐が盗聴器を付けていることを察した一颯は、拳銃を突き付けて――。
一颯の本日の授業は澪奈(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画を「撮影した」3年A組の生徒は誰なのかというもの。しかしいつもとは違い、その犯人の特定を生徒たちではなく郡司(椎名桔平)に命じる
そして、指定した時刻までに動画撮影者を見つけられなければ教室内の5人の生徒の命を奪うと宣言。世の人々は一斉に警察の動きに興味を向ける。郡司が捜査を進めると動画には、水泳部のジャージを着た人物が映っていたことが判明する。同時に生徒たちの間では、水泳部員の花恋(堀田真由)に疑いがかかる。彼女は、動画に映っているのは水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)かもしれないと反論する。澪奈、花恋、真壁はかつて、水泳部の仲間として親しくしていた。
そんな中、郡司のもとに3年A組の生徒を名乗る人間から連絡が入る。その生徒の協力を得た郡司は、フェイク動画を撮影したと思われる生徒を特定するが…。
新たな謎が刻まれる衝撃の第3話―――。必見。

澪奈(上白石萌歌)の死の鍵を握る疑惑のフェイク動画撮影者は、里見(鈴木仁)だった。しかし、その動画の撮影を指示した人間は別にいる……。一颯(菅田将暉)は、その正体が誰なのかと生徒たちに尋ねる。勿論、誰も名乗り出るはずもない……と思った矢先、挙がる一人の手。その手の主は甲斐(片寄涼太)だった――。
甲斐が罪を認める中、一颯は甲斐の後ろに更なる黒幕がいるはずだと追求する。だがそれを認めない甲斐。すると一颯は甲斐が真実を明らかにしなければ次は10人の生徒が犠牲になると告げる。戦慄する3年A組。
甲斐から情報を引きだそうとする生徒たち。だが、口をつぐむ甲斐にさくら(永野芽郁)は自らを奮い立たせ、甲斐に言葉を投げかける。しかしそれでも何かを語ることはなく、一人教室を出て行く甲斐。だが、そのさくらの勇気に心を動かす生徒が現れる。次第に、動き出す教室内の空気。
そして、夜8時が近付く。いら立った男子生徒が甲斐に迫り、3年A組は一触即発状態に。甲斐は一颯に「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを解放しろ」と、闘いを挑む。
一颯が3年A組に放つ、魂の授業とは――。

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。
様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。
しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。その真意とは。
たった55分間の激動の物語。争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。
―――この1時間が、「3年A組」の大きな岐路となる。

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。
一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。
第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。
澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。しかし、完全潔白を主張する武智。一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。
そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。
……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。
名指しされた犯人教師。一颯の狙いとは。この事件の真相とは――。核心に迫る第7話。

警察で取り調べを受ける武智(田辺誠一)は、無実を訴え呟く。「僕は何も悪くない…」。
しかし、既に世間ではSNSの人間によって解析された武智の殺人疑惑の証拠となる動画が拡散され、武智の悪事を暴いたものたちの勝利宣言で溢れかえっていた。
ついに澪奈の死の原因となったフェイク動画の真相にたどり着いたと思う3年A組の生徒たちは未だ解放されない理由を一颯(菅田将暉)に問う。すると一颯は澪奈の死の原因はこれがすべてではないと告げ、むしろこれからが「本番」であると突きつける。戸惑う生徒たちに一颯が与えた次なる課題は……「自習」。回収していた鞄や携帯電話を返却し、今日1日を思い思いに過ごすようにと告げる。
一方、郡司(椎名桔平)は、一颯の真の目的を突き止めるため、文香(土村芳)を訪ねる。郡司は文香の話から、武智の背後にいる人物が誰なのかを知る。捜査が進み、武智が澪奈を殺害した犯人という証拠が固まっていく。武智はまもなく自供すると思われたが……。そして、自習を進める教室の中、瑠奈(森七菜)が武智の動画を見返していると、とある驚愕の事実に気付いてしまう――。
この物語の「本番」が始まる。真の謎、真に伝えること、その行く先とは――。衝撃的第8話が幕を開ける。

一颯(菅田将暉)と郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた――。
そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日へ。3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。彼らが集まった理由。それは、亡き一颯の三回忌であった――。
そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。次々に明らかになる澪奈の真実。その映像に映し出される澪奈の本当の想いとは――。
そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。
その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。
そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。
ついに最終章を迎えた本作。誰もが「考える」第9話。衝撃怒濤の物語が大展開する。

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。
果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。
彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

オリジナルストーリー

柊一颯(菅田将暉)が警察に連行され、3年A組の生徒たちは日常へ戻っていた。“10日間の授業”で一颯の思いを受け継いだ生徒たちはふと、その日が本来は卒業式だったことを思い出す。その矢先に一颯のパソコンから発見される「卒業式」と銘打たれたファイル…。それは、かけがえのない恩師・一颯の音声だった。「これから、俺の卒業式を始める。俺に向かって、おまえたちが目指す未来を語れ」――3年A組29人で行う涙の卒業式が始まる…。

柊一颯(菅田将暉)が警察に連行され、3年A組の生徒たちは日常へ戻っていた。
“10日間の授業”で一颯の思いを受け継いだ生徒たちはふと、その日が本来は卒業式だったことを思い出す。
その矢先に一颯のパソコンから発見される「卒業式」と銘打たれたファイル…。
それは、かけがえのない恩師・一颯の音声だった。
「これから、俺の卒業式を始める。俺に向かって、おまえたちが目指す未来を語れ」
-3年A組29人で行う涙の卒業式が始まる…。

卒業式第2部の幕開けを告げる担任教師・柊一颯(菅田将暉)。
29人の生徒たちが美術室へ移動すると、そこは“卒業”にふさわしい手作り感あふれる装飾が施されていた。
生徒たちに卒業式の気分を少しでも味わってもらいたいという一颯の思いを、茅野さくら(永野芽郁)が実現したのだった。前編に続き、一颯に向かって“目指す未来”を熱く語る生徒たち。
涙、涙の卒業式がついに完結する。

柊一颯 – 菅田将暉
逢沢博己 – 萩原利久
秋庭凛 – 秋田汐梨
浅見沙也 – 若林薫
石倉光多 – 佐久本宝
魚住華 – 富田望生
宇佐美香帆 – 川栄李奈
甲斐隼人 – 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
景山澪奈 – 上白石萌歌
金沢玲央 – 新條由芽
茅野さくら – 永野芽郁
河合未来 – 搗宮姫奈
熊沢花恋 – 堀田真由
小宮山愛華 – 日比美思
里見海斗 – 鈴木仁
須永賢 – 古川毅(SUPER★DRAGON)
諏訪唯月演 – 今田美桜
瀬尾雄大 – 望月歩
立野寛人 – 森山瑛
辻本佑香 – 大原優乃
中尾蓮 – 三船海斗
西崎颯真 – 今井悠貴
花岡沙良 – 横田真悠
兵頭新 – 若林時英
不破航大 – 飛田光里
堀部瑠奈 – 森七菜
真壁翔 – 神尾楓珠
光永葵 – 西本銀二郎
水越涼音 – 福原遥
柳本稔 – 高尾悠希
結城美咲 – 箭内夢菜
武智大和 – 田辺誠一
森崎瑞希 – 堀田茜
市村浩一 – ベンガル
坪井勝 – 神尾佑
佐久間現 – バッファロー吾郎A
郡司真人 – 椎名桔平
宮城遼一 – 細田善彦
五十嵐徹 – 大友康平
本城諭 – 篠井英介
相楽文香 – 土村芳
相楽孝彦 – 矢島健一
喜志正臣 – 栄信
兵頭の父 – 大河内浩
中尾の両親 – 千賀由紀子、岩本淳
美咲の母 – 浅見静江
香帆の母 – 本橋由香
生徒の親 – 伊沢弘、外川貴博、金時むすこ、倉橋秀美、成松修、土井きよ美、中山さおり ほか
牧原丈一郎 – 鈴木正幸
阿南正巳 – 住田隆
ファイター田中 – 前川泰之

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」配信状況

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu2週間
FOD PREMIUM×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS×30日間
Paravi×2週間
Amazonプライム×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」の見逃し配信ならHulu!

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【20201年ドラマ】
ネメシス
カラフラブル
恋はDeepに
コントが始まる
探偵☆星鴨
声春っ!
ラブファントム
【ドラマ】
君と世界が終わる日に
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
35歳の少女
今日から俺は!!
家政婦のミタ
3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
東京タラレバ娘
学校のカイダン
#リモラブ
知らなくていいコト
【バラエティ】
ガキ使
今夜くらべてみました
うちのガヤがすみません!
しゃべくり007

【アニメ】
鬼滅の刃
呪術回戦

感想

先生や生徒だからという固定概念を壊されるドラマでした。何が正しくて何が間違えているのかを決めるのは誰なのか、そんな投げかけがビシバシとあり、毎回考えさせられる内容でどんどん引き込まれてしまいました。前話を見て感じたことが覆されるというか、もっと深みを考えることになって、1話の一瞬たりとも退屈せずに見ることが出来ました。俳優にならなければ教師になりたかった菅田将暉さんの演技が本当に素晴らしくてよかったです。またA組の生徒を演じるのが錚々たる顔ぶれで、ひとりひとりの存在感がしっかり出ていてとてもよかったです。最初は学校の中だけの問題だと思っていましたが、回を重ねるごとにそれだけではなくて、警察や世間や社会に問題を投げかける部分も大きいことに気づきました。そこに気持ちがぐっと膨らんだタイミングで、生きることや信じることを命を絡めて、真摯に伝えようとする柊の姿に心が震えるドラマでした。まさかこんなに重厚な内容だとはドラマの宣伝を見た段階では思いもしませんでしたが、実際に見てみて本当によかったと心から思いました。見る人によって思うことや感じ方が違うと思うので、若い人だけではなく幅広い年代の人に見て欲しいドラマだと思います。

ドラマを見終わった感想を一言で言うと、一生懸命世の中のインターネットを使う人々に訴えかけている社会ドラマだなと感じました。現代におけるインターネット社会の問題を切り取った内容になっていて、見る前からかなり期待していましたが、思っていた以上に非常に興味深く面白かったです。菅田将暉の狂気的な演技は、インパクトが莫大であったにもかかわらずとても自然に感じ、なんでもしっかりと演じきることができる彼こそが本当の「役者」だなと思わされました。ドラマで描かれていることが全て現実に反映されるかどうかというとそうではありませんが、ネット問題を鋭く描き上げているのでよかったです。中でも特に最終回の授業は格別に凝った内容になっていて、あまりにも凝ったストーリー内容に涙が止まりませんでした。最終回はハンカチ必須です。インターネットと共に生きる若い世代の人たちにはぜひ一度は見てみてほしい作品です。これまで自分が気軽に扱ってきたネットについて、改めて完全に安全なものではないということを学ばさせてくれること間違いなしです。高校生活を舞台に繰り広げられているために、誰もが気軽にストーリーに入り込みやすいようになっています。

このドラマは今の時代だからこそ、とても深く共感できるところが良かったです。生徒のことを考えながら、ブッキーがミッションを出していくところがハラハラしました。ブッキーは何を考えているかわからない、独特な雰囲気が印象的です。これからどうなるのか、次は何が起きるのか見ていて怖さがありました。
そして生徒たちが本気でぶつかり合うところは、かなり迫力がありました。感情むき出しで意見を言い合うところは、見ていて緊張感があります。それだけみんな本音を言っていく姿は見どころです。それぞれの想いをリアルに感じられます。
またブッキーは生徒たちみんなに、わかってほしい気持ちが強いのがかっこよかったです。何があっても自分の発言には、ちゃんと責任を持たないといけないと改めて痛感しました。SNSなどで軽い気持ちで書いた言葉が、人によってはとても傷つける言葉になる怖さが良くわかりました。文字だけで感情がわからない分、軽はずみに投稿してはいけないなと感じます。
ブッキーはこれ以上悲しい思いをする人が増えてほしくないからこそ、訴えかけていたのが印象的です。教師として全力で生徒たちのことを考えているのが、見ていて伝わってきました。

この作品の前半は、柊が何を目論んでいるのか分からず生徒達の味方である存在なのか、それとも敵なのか。そして本当は一体何者なのか。何が目的で生徒達を人質にしているのか分からない恐怖感にスリルを感じ、とても怖かったです。やはり柊を演じる菅田さんはカメレオン俳優と言われているだけあって、彼の演技は観ていて面白いですし、熱のこもった迫真の演技には、とても私の心にグッと突き刺さり胸を打たれました。柊の自分のあと僅かな命をかけての授業には、他の授業と比べものにはならない次元のものであり、そこまでしても柊が伝えたかったもの、教えたかったもの、守りたかったものは、彼がいなくなった後にも生き続け、改めて教師という存在に尊敬を覚えるのと同時に、柊は、3年A組の生徒達だけでなく、私達視聴者にも授業をしていてくれていたようにも感じています。そして私は、まず人として自分は、どうあるべきなのか。大人としてどうあるべきなのかを、この作品を観ていて、とても考えさせられました。私は、考えるきっかけや学ばせてくれた、この作品と出会い柊と出会えて良かったですし、あんなにも感動させてくれた柊のことをこの先も忘れないでいると思います。

菅田将暉さんの熱血教師役がとても素晴らしくてインパクトがありました。卒業式前にまさか学校に立てこもるというかなりクレイジーなスタートでしたが、先生が卒業前に生徒たちにどうしても伝えたかったことがあったことがわかると胸が熱くなりました。同級生の零奈がなぜ死んだのか、というのが徐々にわかっていくにつれて生徒たちの気持ちも変化していくのがよくわかりました。学園ドラマでもあり、ミステリー要素もあり、すごく毎回ドキドキさせられました。熱血教師とおもわれていた武智先生が実はとんでもない人だったとわかった時には衝撃的でした。熱血教師ぶっていても中身がなければ意味がないですね。また、刑事として事件を担当した郡司さんがとてもかっこよかったです。真実がわかるにつれて柊の気持ちにも寄り添おうとしているところが良かったです。ヒロインだったさくらは零奈と親友でしたが、彼女の最期にかなり深く関わっており、びっくりでした。親友を亡くしたさくらのことを考えると切なくてしかたありませんでした。最終回での柊がネットの声に対して叫ぶところは現代社会の闇を感じさせるシーンでした。余命わずかな柊先生が命をかけて行った決死の授業がとても心に響きました。

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」を観て、「明かされていくそれぞれの罪」と「誰が犯人なのか」が特に魅力的だと思いました。
まず、明かされていくそれぞれの罪についてです。このドラマでは、卒業を間近に控えた中で突然担任教師である一颯によって、立てこもり事件の人質に取られた生徒たちの様子が描かれます。生徒たちは、一颯の命令を受けてクラスメイトがなぜ亡くなったかを導き出すことになります。生徒たちは、極限状態の中でそれぞれがクラスメイトに対して行ったことを打ち明けていきます。生徒たちが抱えていた、クラスメイトに対する罪に、憤りつつもどこか共感しながら観ていました。また、罪を打ち明けていく生徒たちに対する他の生徒たちの様々な反応に、等身大の高校生らしさを感じながら観ていました。
次に、誰が犯人なのかについてです。生徒たちは、それぞれが知っている情報を話しながらクラスメイトが亡くなった真相を明らかにしようとしますが、新たな事実が判明するほど事態は混沌として来て、犯人への手掛かりも摑めなくなっていきます。クラスメイトはなぜ亡くなったのか、また生徒たちは自力で答えを導き出すことができるのか、ひやひやしながら観ていました。

まとめ

『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は
Huluで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました