カラフラブル(ドラマ)見逃し無料動画配信を1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ

この記事で『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が
3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

\『カラフラブル』はHuluで配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「カラフラブル」とは?

2021年4月1日より毎週木曜23時59分~放送ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」。
ためこうによる漫画作品を原作にしたオリジナルストーリー!
美しいモノ・人に目がない新米漫画編集者・和子(わこ)と美しすぎるジェンダーレス男子のショップ店員・周(めぐる)のラブコメディ!
主演は吉川愛・板垣李光人。

「きみといれば、世界はカラフル」一生懸命働くあまり自分自身には手を抜きがちな新米漫画編集者「わこ」。そんな彼女が出会うのは、メイクもファッションも完璧!な美しすぎる男「めぐる」。さらに、天井天下唯我独尊なイケメンモデル「キラ」常に冷静、通称“鉄の女”なバリキャリ編集長「あさひ」など個性豊か過ぎるキャラクターたちの“恋愛群像劇”にも注目!“みんなと同じ”じゃなくたっていい。まわりに期待される「〇〇らしさ」から外れてたっていい。ちょっと変わった自分も、ダメな自分も、ありのまま愛していい。明日から生きるのが少し楽になる。世界をカラフルに彩るラブコメディ!

漫画誌の編集者・和子わこ(吉川愛)は、美しいものが大好き。その一方、仕事や“推し”のことに全力で自分自身のことは二の次になってしまいがちだった。仕事ができて周囲への気遣いを忘れない編集長のあさひ(水野美紀)に憧れている。
ある日、和子わこは同期のファッション誌編集者・さとし(中川大輔)から撮影を手伝ってほしいと頼まれる。撮影現場へ行くと、人気モデルのキラ(桐山漣)が現れる。和子わこは、キラの美しさに見とれる。その時、キラを追ってやってくる男性がいた。女性と見間違われるほど美しい彼は、和子わこの高校時代の後輩・めぐる(板垣李光人)。めぐるは、キラのスタイリストをしていた。思いがけない再会に、和子わこはビックリ。めぐる和子わこのことを「僕のずっと好きな人です」と宣言し、いきなり抱きしめる。「ええええ――!?」ますますビックリして動揺する和子わこ…。
仕事を終えた和子わこが会社を出ると、めぐるが待っていた。和子わこめぐるは、お茶をすることに。めぐるは、上京してファッションショップで働きながらキラのスタイリングを担当していた。和子わこは、美しくなっためぐるをまぶしく感じる。
「頑張れたのは、和子わこちゃんに会いたかったからだよ」
めぐるは、和子わこを追いかけて東京に出てきたのだった。
キラを起用した企画がしばらく続くことになり、和子わこは再び取材を手伝う。キラはわがまま放題で、和子わこたちは振り回される。あせったさとしが起こしたミスでキラは機嫌を損ね、「帰る」と言い出す。このピンチに、和子わこがとった行動とは――!?

再会してすぐめぐる(板垣李光人)から告白された和子わこ(吉川愛)は、「めぐる君のことをもっと知りたい」とお試しで付き合うことに。めぐるは「僕の全部、絶対好きにさせるから」と宣言。一緒にカフェで朝食を食べたり、少しずつ恋人らしいことをしていく和子わこめぐる
一方、あさひ(水野美紀)は、キラ(桐山漣)に「俺の女にしてやるよ」と告げられたものの、まったく相手にしない。自分に落とせない女性はいないと思い込んでいたキラは、あさひの反応に戸惑う。
そんな中、漫画誌『F』でキラの連載が決定。連載内容はキラのグラビアと、彼を主役にした漫画。和子わこはこの連載の担当を任されるがアイデアが浮かばず、気分もなんとなくすぐれない。それは、生理が来る1週間前の予兆だった。
和子わこは、めぐると話していても涙が出てきたり、気持ちが不安定になっていた。異変を感じためぐるは「何か嫌なことあった?」と気遣うが、和子わこは理由を打ち明けることができない。
あさひが一人で寿司屋を堪能していると、キラが現れる。あれこれと理由を付けて口説こうとするキラに、あさひは「私、誰とも恋愛したくないので」と言い放つ。キラは、ますます混乱するのだった。
そんな中、キラの連載の撮影が行われる。和子わことあさひが立ち会い、めぐるもスタイリストとして参加。その最中、和子わこがめまいを起こす。顔色の悪い和子を心配して病院へ行こうと言うめぐるに、和子わこは思わず「やめて、ただの生理だから!」と言ってしまう。どうしていいか分からないめぐるは、ある行動に出る。

和子わこ(吉川愛)とめぐる(板垣李光人)は、キラ(桐山漣)とタレント・ゆうたんの対談に立ち会う。かわいらしいファッションと不思議なキャラクターで人気になったゆうたんは、歌のお兄さんとして子供番組に出演していた。「世界はカラフル♡うさぎさんも、ぞうさんも、みんな違ってマルー!!」と決めゼリフを言うゆうたん。そんなゆうたんの姿に、めぐるも共感するのだった。
対談後、めぐるはキラのマネージャー・高林からスカウトをされる。高林は以前からめぐるの美貌に目を付け、芸能界に誘っていた。和子わこは大興奮するものの、めぐるはあまり乗り気ではない。
ゆうたんが出演している子供番組にキラのゲスト出演が決まり、和子わことあさひ(水野美紀)は収録の様子を取材に行く。子供の扱い方が分からないキラが子供たちを泣かせてしまい、現場は大混乱。子供たちは機嫌を損ねて、収録が止まってしまう。スタッフが右往左往する中、めぐるが子供たちを慰めて落ち着かせる。その様子を見ていた監督に気に入られためぐるは、キラに代わって番組に出演することに。かわいい衣装を着ためぐるを見て、和子わこはまたもや大興奮。
めぐるは子供の心をつかんで、収録は順調に進む。そんな様子にゆうたんは嫉妬心を燃やし…。

和子わこ(吉川愛)は、めぐる(板垣李光人)にキスしたことで、「これはもう、セクハラなのでは!?」と激しく動揺する。一方、めぐるは、ぎこちない態度の和子わこに戸惑う。
キラ(桐山漣)は、あさひ(水野美紀)のことばかり考えていた。彼は明らかにあさひに恋しているのだが、めぐるから「いい加減に認めなよ」と言われても、頑なに拒む。
キスのことが頭から離れず、仕事中もぼんやりしてしまう和子わこ。彼女は、境(おいでやす小田)が甘地(遠藤健慎)を叱っているところに遭遇する。境は、ビジネスマナーを知らない甘地がミスを犯したと激怒。しかし、和子わこが甘地に話を聞くと、彼の言い分にも理があった。20歳以上の年齢差がある境と甘地の世代間ギャップは、簡単に埋まりそうもない。
和子わこめぐるは、キラの連載ページの撮影で顔を合わせる。和子わこはどうしていいか分からず…。
そんな中、境の娘・乙姫が編集部を訪ねてくる。乙姫は、しっかり者の小学生。“お父さん、お母さんの働いている所を見てみよう”という学校の課題で、境の仕事を見学に来たのだった。その約束をすっかり忘れていた境は、大慌て。境は妻と離婚し、乙姫を1人で育てていた。
和子わこは境から、キラの撮影に参加させてほしいと頼まれる。乙姫がキラのファンなので、境は彼女に撮影を見学させてやりたいという。
「父親は、子供のヒーローにならなあかんねん!」
父として乙姫にカッコいいところを見せたいと意気込む境。和子わこは、彼の頼みを引き受ける。キラの撮影は順調に進み、境も乙姫にバリバリ働く仕事ぶりを見せていたのだが…。

正式に付き合い始めた漫画編集者の和子わこ(吉川愛)とスタイリストめぐる(板垣李光人)は同じベッドで目を覚まし、一緒に朝食を作るというラブラブな朝を迎える。
「好きだよ、めぐるくん」「僕も大好きだよ、和子わこちゃん」
大好きな人と思いが通じ合う幸せをかみしめる2人…。
一方、編集長あさひ(水野美紀)は、モデルのキラ(桐山漣)からのデートの誘いをキッパリ断ったものの、心が揺れる。キラは、あさひにフラれて落ち込んでいた。そんな中、キラにドラマ出演のオファーが舞い込む。ただし、役柄に合わせて髪を切らなければならないという。キラは自分の“襟足”を非常に大切に思っており、絶対に切りたくないと拒絶。マネージャーの高林(吉田ウーロン太)は、新しい挑戦をする良い機会を逃してしまうのではないかと頭を抱える。
めぐるは高林から、タレント活動を真剣に考えてほしいと持ち掛けられる。子供番組に出演して以来、めぐるは注目されるようになっていた。タレントになることに興味がなかっためぐるだが「新しい価値観を打ち出していこう」と高林に言われ、興味を持ち始める。
和子わこの出版社では、同期でファッション誌編集者のさとし(中川大輔)が、キラを起用した漫画誌とのコラボ企画をファッション誌で行いたいと、あさひに提案する。企画のコンセプトは“新しいキラ”。キラのイメージを変えようとする大胆な玲のアイデアは、キラの事務所側からも承諾を得る。その企画に沿って、撮影が行われることになるが…。

和子わこ(吉川愛)は、タレントデビューを決意しためぐる(板垣李光人)を応援する。めぐるはデビューするにあたって、ユニットを組むことに。めぐるのパートナーになるのは、SNSですでに注目を集めているささめ(草川拓弥)だった。
めぐるは、ささめに挨拶に行く。すると、ささめが「ふざけんじゃねえー!」と激怒していた。リボンがついたフリフリの服を着せられてグラビア撮影中のささめは、自分の衣装が気に入らない様子。めぐるのことも、鋭く睨みつける。
事務所社長の奥田(塩野瑛久)は、めぐるとささめを見て、性別を超えた新しい魅力を持つ新時代のユニットにすると宣言。宣伝用写真のイメージについて「綿菓子のようなふんわりと夢のような空間を作ろう!」と意気込む。めぐるは、独特の感性でまくしたてる奥田に戸惑う。ささめは一転して「最高です、社長!」とご機嫌を取るが、奥田が去っていくとすぐ仏頂面に戻る。
キラ(桐山漣)の告白を拒絶したあさひ(水野美紀)は、キラの連載担当から外れたいと申し出る。キラとの関わりを断とうとするあさひだったが、彼のことが頭から離れない。一方、キラは失恋の痛手を引きずり、仕事にも身が入らない。次回の撮影について説明しても上の空のキラを見て、和子わこは心配になる。
めぐるは、かわいらしいコンセプトで売り出されることに不満げなささめに「僕とユニット組むの嫌だったら、そう言おうよ」と告げる。ささめは、ワイルドなイメージで知られるミュージシャンAKI(黒木啓司)、通称“兄貴”の大ファンで、自分もAKIのようになりたいと願っていた。普段からメイクをしたり、フェミニンなめぐるのセンスが理解できないささめは「俺、ナヨナヨしたヤツ嫌いだから」と言い放つ。2人のユニットは、前途多難で…。

めぐる(板垣李光人)は、子供番組のお兄さん・ゆうたん(永田崇人)と再会。めぐるとささめ(草川拓弥)のユニット・ユニコーンボーイズの初仕事が、ゆうたんと3人でのトークショーに決まったのだ。ゆうたんは、以前めぐるが番組にゲスト出演した際、本音でぶつかりながらも分かり合えなかった因縁の相手。トークショーの話を聞いた和子わこ(吉川愛)は、めぐるが再びゆうたんに傷付けられるのではないかと心配し、出演しない方がいいと止める。
しかしめぐるは、自分と考え方の違うゆうたんとしっかり向き合いたいと考えていた。
「私、助けに行けないよ?」
「僕、そんなに頼りない?」
和子わこめぐるの思いはすれ違ってしまい…。
めぐるの意志を尊重したいと思いながらも、恋人を心配するのはいけないことなのかと悩む和子わこ。同期の春菜からは2人の関係が新しいフェーズに入ったのだと言われるが、これまでのラブラブ生活から一転、家に帰るのも気が重くなってしまう。
一方、あさひ(水野美紀)の前に、「はじめまして」とキラ(桐山漣)が現れる。モデルではなくユニコーンボーイズのプロデューサーとしてあいさつに来たのだと言い、トークショーの招待状を手渡すキラ。キラと距離を置く決意をしていたあさひは冷たくあしらおうとするが、キラはあきらめない。あさひとキラの関係は、新しい展開を迎える!?
トークショーの準備が進む中、めぐるは、ゆうたんと話し合おうとする。しかし、ゆうたんは拒絶。ささめは、ゆうたんと会ってからめぐるの様子がおかしいと気付き心配する。
めぐるとゆうたんの溝は埋まらないまま、トークショー当日を迎える。そのトークショーの場に、ある人物が現れ…。

和子わこ(吉川愛)とめぐる(板垣李光人)の休日の朝。和子わこは起きてすぐめぐるの顔を見て大満足して二度寝しようとするが、めぐるは、せっかく2人とも休みなんだから出かけようと言う。休日の過ごし方をめぐって、朝からわちゃわちゃする2人。テレビでは、ゆうたん(永田崇人)が出演する番組「カラフルカワイイ」で、ゆうたんが子どもたちに言葉の意味を教えている。テーマは、“余談”……。今回は、「カラフラブル」に登場する3組の名コンビにまつわる楽しいストーリーが繰り広げられる。
①「キラとイメージと恋バナと」
あさひ(水野美紀)が、漫画家と打合せをしている。そこに、キラ(桐山漣)が通りかかる。あさひと漫画家の話に聞き耳を立てるキラは、あさひが恋バナをしていると勘違いして取り乱し…。
②「境と甘地の重大任務」
境(おいでやす小田)と甘地(遠藤健慎)は、大御所の漫画家に連載を依頼するというミッションをあさひから課される。大きな仕事を前に緊張する境に対し、相変わらずマイペースな甘地。甘地のやることなすことに境はツッコミを入れるが、思わぬ結果が待ち受けていて……。
③「和子わこめぐるの断捨離デー」
ようやく目を覚ました和子わこは、めぐると一緒にKOUGU維新のDVDを見ようとするが、めぐるはその前に部屋を片付けようと言い出す。和子わこの物の多さに、さすがのめぐるも黙っていられなくなったのだ。和子わこは仕方なく、めぐると断捨離を始めることにするが……。

和子わこ(吉川愛)は、子会社の社長に抜擢されたあさひ(水野美紀)の異動に驚く。編集部の要であるあさひの異動で、動揺する和子わこたち編集部員。しかしめぐる(板垣李光人)は和子わこに、自立する良いチャンスだと言い、和子わこも前向きに。
めぐるとささめ(草川拓弥)のユニット・ユニコーンボーイズがキラ(桐山漣)の連載に登場することになり、和子わことあさひは、彼らの所属事務所を訪ねる。和子わこにとって、あさひとの最後の仕事になる。和子わこは、あさひから学んでおこうと張り切る。
打合せには、和子わことあさひ、めぐるとささめ、キラ、社長の奥田(塩野瑛久)、マネージャーの高林(吉田ウーロン太)が顔を揃える。あさひは、その席で異動を伝える。キラは、あさひが自分の連載に関わることがなくなると知り、ショックを受ける。
あさひとキラは、2人きりで話をする。あさひとの距離を縮めようとするキラ。そんな彼にあさひは、結婚より仕事を選んで婚約破棄した過去を打ち明けるのだった。
奥田は、ユニコーンボーイズを次世代のスターとして育てるために計画を練る。その一方で、これまで事務所を支えてきたキラを切り捨てようとする――。
めぐるは、芸能活動に、やりがいを感じるようになっていた。和子わこも、あさひがいなくなった後も仕事をしっかりやっていく決意をする。和子わこめぐるは、お互いに支え合って仕事と恋を両立させようと誓い合うが…。

めぐる(板垣李光人)は芸能事務所社長の奥田(塩野瑛久)から、ささめ(草川拓弥)とのユニット・ユニコーンボーイズでデビューするなら和子わこ(吉川愛)と別れるようにと命じられる。
ささめは、和子わこと別れるのかとめぐるを問い詰める。めぐるは、和子わこと別れるつもりはなく、ユニコーンボーイズも続けたいと正直な思いを話す。しかし、両立させるにはどうすればいいか、めぐるにもまったく分からなかった。
和子わこは、子会社の社長に就任するあさひ(水野美紀)から、一緒に来て新雑誌を立ち上げる仕事をしてほしいと頼まれる。和子わこには抱えている仕事があり、あさひがいなくなった後の漫画誌編集部を守りたいという思いもあった。和子わこは、どちらを選ぶか、よく考えてから返事をするとあさひに約束する。
あさひもまた、和子わこに子会社に来てほしいと言ったものの、自分がいなくなった後の編集部を支えてほしいとも考えていた。矛盾した思いを抱えて悩むあさひを、キラ(桐山漣)は温かく見守る。
和子わこめぐるに、あさひからの申し出を受けるかどうか迷っていると打ち明ける。「和子わこちゃんがどっちを選んでも、僕はそばにいるよ」と和子わこを励ますめぐる。しかし彼は、自分も難しい選択に迫られていることを話せない。
ユニコーンボーイズのインタビュー取材が行われることになった。取材の準備をしていた和子わこは、ささめから「別れちゃダメっすよ!」と言われ、めぐるが事務所から別れるように命じられていることを知る。「どうして話してくれなかったの?」と尋ねる和子わこに、めぐるは「ずっとそばにいるって約束したでしょ」と変わらぬ思いを伝えるのだった。
ユニコーンボーイズはデビューを前に“次世代ユニット”として注目を集め、大々的なお披露目イベントが近付く。
そんな中、和子わこは「いざ、参らん!」と、めぐるのために、ある決断をする…!

町田和子(わこ):吉川愛
相馬周(めぐる):板垣李光人
キラ:桐山漣
鉄本あさひ:水野美紀
三輪玲:中川大輔
渡辺春菜:五島百花
甘地大和:遠藤健慎
山崎愛:寒河綾奈
境正美:おいでやす小田

「カラフラブル」配信状況

「カラフラブル」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu2週間
FOD PREMIUM×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

「カラフラブル」の見逃し配信ならHulu!

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【20201年4月ドラマ】
ネメシス
カラフラブル
恋はDeepに
コントが始まる
探偵☆星鴨
声春っ!
ラブファントム
【ドラマ】
君と世界が終わる日に
ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
35歳の少女
今日から俺は!!
家政婦のミタ
3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
東京タラレバ娘
学校のカイダン
#リモラブ
知らなくていいコト
【バラエティ】
ガキ使
今夜くらべてみました
うちのガヤがすみません!
しゃべくり007

【アニメ】
鬼滅の刃
呪術回戦

感想

2人の登場人物に注目しながらというかついつい気になりながらドラマを見ています。先ずはおいでやす小田が演じるデスクの境正美です。バラエティで見る小田の雰囲気そのままにまくし立てるような口調というのが目につきました。小田そのままの役だなというのがキレた感じだけではなくて気を使った雰囲気を出す部分というのも見れるんです。リアルな小田というのを見ているようで個人的には楽しみにしています。ただそれ以上にインパクトがあるのがなんといっても桐山漣が演じる有名モデルのキラです。ナルシストでワガママで偉そうで自由気ままに生きる姿というのはハリウッドスターでもこんな奴がいるのかなと思える雰囲気なんです。そんなキラが水野美紀が演じる編集長の鉄本あさひを上から目線で口説きまくり挙げ句の果てにはストーカーに近い行為までしだすのが印象的でした。あさひが嫌がっているのに関係なく土足で踏み込んでいくような言葉を吐くキラは嫌うべき存在なんです普通は。ただキラは領域を越えていて逆にココまでくると清々しいクズだなと思えてきてキラばかりに目がいってしまうようになってしまいました。ストーリーより境とキラの振る舞いばかりに注目しながらドラマを見ている自分がいます。

「カラフラブル」を観て、「悩みながら仕事と恋に向き合う和子」と「仕事一筋なあさひ」が特に魅力的だと思いました。
まず、悩みながら仕事と恋に向き合う和子についてです。このドラマでは、出版社を中心とした人々の様子が描かれます。出版社で編集者をしている和子は、編集者として忙しい上に慣れない仕事ばかりで評価を得られない日々に迷いつつ、偶然の再会を果たしたスタイリストの周からの告白を受けて交際を始めます。仕事でも恋愛でも予想外の出来事の連続に心が折れそうになりながらも、自分を変えようと努力を積み重ねて素敵な女性になろうとする和子に元気をもらい、応援しながら観ていました。
次に、仕事一筋なあさひについてです。和子の上司であるあさひは、編集長として出版社の人々をまとめ、和子に厳しくも的確な指示を出していきます。その一方で、モデルとして人気を博すキラに、繰り返し言い寄られますが恋愛をしないという自分の気持ちを貫き、はっきりと拒否し続けます。恋愛などのプライベートよりも、同僚たちや仕事などに全神経を注ぐあさひのかっこよさにほれぼれしながら観ていました。また、あさひが部下たちを常に気に掛けているところに好感を持ちながら観ていました。

いわゆる、王道系の恋愛モノとは一線を画する、ある意味今っぽいドラマと言うべきか。出版社で働くちょっとオタクっぽい主人公と、たまたま撮影現場で再会した高校の後輩クン。男のくせに髪を伸ばしていることでイジメられていた彼を救い、肯定してくれた彼女をずっと想っていた彼は、再開した彼女に告白し、付き合うことになったのだけど、その理由が、とりあえず彼の顔が好みだから、それでもいい?ということには驚いた。いや、そういうこと、本人に直接言うんだ?みたいな。そして、彼女が編集者として担当を務める漫画では、男女の身長差は13センチがベスト!となっていたのだけれど、彼女が背の低い彼と付き合うことになったことで、13センチ差って別に女子の方が高くてもいいんだよね?と、それこそ今までの王道派の恋愛の定説や理想とは違い、これからの時代の新たな恋愛に題する考え方なのだと思った。タイトルのカラフラブルというのは、カラフル、つまり色々な色があっていいんだよ、という意味なのかと。男はこうあるべき、恋愛はこうあるべき、といった今までの価値観から抜け出して、新たな時代の価値観を見せていこうとするドラマなのかなと思った。そして、何気に主人公よりも気になるのが、鉄の女と呼ばれる編集長の恋愛。展開としては、こちらの方が面白そう。

とにかく周君が可愛すぎるの一言に尽きます。彼を初めて見た時は本気で女の子だと思いました。サイズ感も最高にかわいくて、やる子となすこと最高です。年下男子はあまり好みではありませんが、周君のような子だったら問題なしです。めっちゃくちゃ頼りがいがあるとかじゃありませんが、一緒に前に進めるタイプで、いつでも寄り添っていたい彼氏です。それに何でも相談しやすい気がします。男っぽい人よりもジェンダーレスな彼のような人のほうが年齢を重ねた時にもいいかもしれません。そしてキラ様のキャラも大好きです。こちらは周君とは正反対のオレオレ感たっぷりの男性ですが、こちらも女子としてはキュンキュンきちゃうんです。どちらにしても顔がよければいいということで、やっぱり人間顔だと思います。二人ともイケメンだからこそ成り立つストーリーに、毎回見ながら胸キュンしています。周君もキラ様も年上女生との恋ですが、男性的には年下女生徒年上女性のどちらが好みなのでしょうか?年齢差があるからこそ生まれる溝なんかもドラマで描かれるのかと楽しみです。まだまだ始まったばかりの周君の恋ですが、今後どうなるのか絶対に見逃せないと思います。毎回楽しみすぎます。

何よりも驚いたのが、おいでやす小田がキャストとして出演していることでした。旬な芸人さんということで出演しているのだろうなと思いつつ、くすくすしながら見てしまいました。ついこの前からテレビに出始めたような気がする彼ですが、それでもかなり演技がうまくて意外すぎて圧倒させられたというのも正直なところです。これからどのようにしてドラマを演じ切るのかが楽しみでもあります。ドラマのストーリー上では、ちょこちょこ放り込まれるボケがかなりいいところをついていてツボで、現代的なドラマだなと感じたのが第一印象でした。もちろんコメディ感満載ではありながらも、「ジェンダーレス男子」のようなワードもキーになっていて今の時代ならではな内容になっているなと感じました。原作を元にして作られたドラマだそうなので、これからドラマを見進めていきながらも原作も読んでいけたらなと思いました。原作とドラマの違いがどういう風に作り上げられているのか知りながら楽しみたいです。この作品はジェンダー問題について考えるきっかけを与えてくれること間違いなしなので、何か社会問題について勉強をしたいという人がいればぜひ見てみてほしいなと思いました。

漫画編集者のストーリーという設定に見る前から期待が高く、主人公のわこが出会うめぐるはとんでもなく美形で女性と間違われても仕方ないくらいの顔を持っていることに衝撃を初回から受けてしまいました。女性が仕事に奮闘する姿や好きなことに没頭できる姿を作品を通して見れます。また、めぐるとの出会いや友達以上の気持ちを持っていく過程に毎度毎度心揺さぶられます。めぐるの素敵なファッションセンスにも目が離せません。今の時代に合っているような二人の関係性も見どころで、自然体を受け入れていく作品に若い年代でも見やすいものになっていいます。自分をかわいいと認知しているめぐるやサブキャラであるキラ、編集長のストーリーもメインストーリー同様、目が離せないものになっています。それぞれ個性豊かで人が求める普通や当たり前がずれていると言われる世の中で、それでも自分を信じてそのままで生きる意味や応援づけられるドラマです。日々の不安をなくしてくれたり解放してくれるものになるでしょう。主人公を務める吉川愛さんの演技にも注目してしまいます。特に動揺シーンやときめくシーンは見ものです。また、脇役の水野美紀さんのにじみ出ているコメディ感ある演技に思わずクスッと笑みがこぼれてしまいます。心をホッとさせたい人にはおススメです。

まとめ

『カラフラブル』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間の無料トライアルがあります!
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「カラフラブル」はHuluで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました