浅田家(映画)無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ【二宮和也主演】

映画『浅田家!』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

\「浅田家!」はU-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「浅田家!」とは?

2020年公開映画『浅田家!』。
原作は写真家・浅田政志の写真集「浅田家」書籍「アルバムのチカラ」。
家族を撮り続けた写真家と彼を支ええた家族の物語を描く実話を基づいたオリジナルストーリー作品。
主演は二宮和也。
監督は『湯を沸かすほどの熱い愛』などで知られる中野量太。

映画「浅田家!」予告【2020年10月2日(金)公開】

幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる―― 。
かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。

「家族ってなんだろう?」
「写真家の自分にできることは何だろう?」

シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。

「私も家族写真を撮って欲しい!」
それは、津波で父親を失った少女の願いだった―― 。

二宮和也:浅田政志
妻夫木聡:浅田幸宏
平田満:浅田章
風吹ジュン:浅田順子
黒木華:若奈
菅田将暉:小野
渡辺真起子:外川美智子
北村有起哉:渋川謙三
野波麻帆:浅田和子

「浅田家!」配信状況

「浅田家!」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM2週間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS30日間

映画『浅田家!』は現在レンタル作品となっていますが、U-NEXTやTSUTAYA TVでは初回登録で貰えるポイントで視聴することができます

※本ページは2021年11月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

※ネタバレを含む感想もあるので注意

一度目は母親と二人で、二度目は家族全員を誘ってみにいった映画です。見どころは何といっても、映画が終わった後に「家族っていいなー」ときっと誰しもが思える点です。主人公であるだらしない政志を心配しながらも、なんだかんだ応援する家族。そんな家族を巻き込んで、写真家を目指す政志が何枚ものコスプレ写真を撮影するシーンは、思わず笑ってしまいます。前半はとにかく「ふふっ」と笑えるシーンが多く、どこにでもあるけどちょっと変わった家族の数年間をのぞかせて貰っている気持ちでした。中盤での授賞式のスピーチで、父親が「大切なのは今も昔も家族である。今日は息子を自慢したい。」といった家族について熱く語るシーンでは、自分の家族とついつい重ね合わせてしまい自然と涙が出ていました。劇場内でも周りの鼻をすする音が聞こえ、「湯を沸かすほどの熱い愛」や「長いお別れ」などの家族を中心に描く中野量太監督の最高傑作であったと感じます。後半からは、東北の震災のシーンになりますが、津波などのトラウマになるようなシーンは一切ありません。震災の悲しさを伝える映画ではなく、がれきから写真を見つけ、家族のもとに返したり、家族を失った人が、写真を通してまた出会えることで、写真の力や家族の大切さ暖かさを感じさせられる大作です。

「浅田家!」を観て、「震災による甚大な被害」と「前向きに生きるボランティアたち」が特に魅力的だと思いました。
まず、震災による甚大な被害についてです。この映画では、家族写真の撮影を中心に活動する写真家の政志の様子が描かれます。政志は、家族写真が評価されるようになり写真家として活動の幅を広げていきましたが、東日本大震災が発生し被災地に向かうことになります。政志が被災地で目撃する、津波や地震によって家など生活に身近な建物が跡形もなくなっている街のリアルな風景に、震災の頃の記憶を重ね合わせつつ感心しながら観ていました。
次に、前向きに生きるボランティアたちについてです。政志は、写真家としての無力さを痛感する中で、津波によって泥だらけになった写真を洗うボランティアを行うことになります。そこで、自分も被災しながらボランティアとして活動する人々との出会いを果たしていきます。ボランティアたちは、被災者たちに希望を届けられることを信じて、明るく活動に励んでいきます。ボランティアたちが、自分にできることを考えて懸命に誰かの力になろうとしているところに感動しながら観ていました。また、ボランティアたちが政志に元気を与えていくところを微笑ましく思いながら観ていました。

浅田家は一風変わった家庭だと思います。父親は主夫で母親は看護師です。兄は普通のサラリーマンで真面目な人です。写真家の二宮和也はちょっとヤンキーで家族の中では異質に見えますが、こと写真を撮るときにはものすごく家族的になるところが素敵でした。アカデミー賞を取った黒木華は幼馴染で、ゆったりした性格でとても良い家族バランスで惚れ惚れします。基本的には父親が家族を集めて、いろんな設定で撮影することに率先していたから、あんなにも楽しい写真が撮れたと思います。人間の生活の原点は家族ですから、誰でも親しめる写真となったのでしょう。私が一番感動したのは、二宮のどん底時代に、黒木が援助して支えているところと、写真家の芥川賞とも言える賞を二宮が受賞することになったシーンです。思わず泣いてしまいました。天は二宮に写真家としての使命を全うしなさいと、賞を与えたと確信します。東北の大震災後の写真の整理を通して、二宮はますます人間的に大きくなっていきます。菅田の存在もとても純粋でこの映画にとって本当に良い影響を与えていました。あと、父親の葬式のシーンについては完全にやられたと思いました。それは演技でしたので最後に爆笑です。本当に心の温まる素晴らしい映画でした。

ジャニーズの中でもずば抜けて演技力の高い二宮和也が主演をしているということで、相当期待して見てみました。しかし彼はその期待をいい意味で裏切ってくれて、自然な演技と魅力的な表現方法に釘付けになりました。前半はコミカルな感じで進んでいって、後半からはもっとストーリーがディープになって最初から最後まで作品に心を鷲掴みにされました。実話ベースに作られた映画だということもあり、震災や津波にまつわるシーンも出てきてリアリティあふれていて、さらに作品そのものをより良くしているなと感じました。一人一人キャラクターの描き方も丁寧だったので、どの登場人物に対しても好感しか持てませんでした。ストーリー全部を見て、自分にも家族ができたら記念写真はもちろん、普段の何気ない日常の写真もたくさん撮って写真として思い出を残していきたいなと強く思いました。そして何気ない一瞬の出来事をも形として残してくれる写真は本当に素敵だなと感じました。絶対に見て損はしない素敵な映画なので、今まで見たことがないという人にはぜひ一度は見てみてほしいです。写真の素晴らしさを学ばせてくれるだけではなく、大きな感動を覚えること間違いなしです。

大阪の写真専門学校では落第寸前、何とか卒業した後はほぼニート状態と何とも情けない主人公・浅田政志に二宮和也が成りきっていました。普段は弛緩しきった政志の表情が、カメラのファインダーを覗き込んだ途端にキリッと引き締まるのが伝わってきます。恋人の川上若奈が幾度となく愛想を尽かして別れようとはするものの、最終的には元鞘に収まってしまうのも納得ですね。写真集の発売や個展の開催といった東京での成功の陰には、三重県津市で暮らす両親のサポートが欠かせません。政志の母・順子が看護師としてアクティブに働き家計を支えて、父親の章が主夫として家事全般をそつなくこなす。これまでの男女の立ち位置や家長父制をひっくり返した、新しい家族のかたちについても考えさせられました。ダメダメな青年のサクセスストーリーかと思いきや、後半には東日本大震災を背景にしたシリアスなヒューマンドラマへと急展開していて驚かされますよ。被災地での忘れ難い出会いや、津波で汚れた写真を回収して1枚1枚洗浄していくボランティア活動のシーンが胸に焼き付きます。大切な人を失いながらも懸命に歩いていく東北の人たちを後押しするために、政志が下したひとつの決意も感動的です。

浅田家の一番の見どころは、家族愛だと思いますが、注目して欲しいのは主人公・政志の幼なじみの若奈の関係性。
幼なじみゆえの遠慮のなさがすでに家族のようですが、つつましく夫を支えそうな黒木華さんが、若奈役ではたくましく政志を支えていきました。
プロポーズのシーンもそれでいいのかと思うロマンの欠片もない決断でしたが一番好きなシーンです。

浅田家の面白いところは、コメディとシリアスの緩急の差にあると思います。
特にラスト父の葬儀までネタにしてしまうあたりはやられたと感じました。
しかも、家族全員、嫁や孫までも総動員している辺りが浅田家というタイトルとマッチしていいて面白いです。
かと言って、コメディばかりではなくコメディに挟まれるように震災のシリアスさが入っています。
のめり込むと周りが見えなくなる政志は、両親、兄、恋人に恵まれて幸せだと思います。
その絶対的な愛情に育まれた政志だったからこそ、家族写真を上手に撮ることができて、認められて震災でも写真を通して家族の愛を伝えることが出来たのでしょう。
震災は何もかも失ってしまった悲しみよりも、元々持っていた愛情みたいなものを再確認できる素敵な映画だと思います。
音楽のノリも軽くて二宮和也さんぽい飄々とした雰囲気に感じました。

まとめ

『浅田家!』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「浅田家!」はU-NEXTで配信中!/

※本ページは2021年11月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました