ゲド戦記/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ【ジブリ映画】

ジブリ映画「ゲド戦記」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ゲド戦記」は
\TSUTAYA DISCASでレンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「ゲド戦記」とは?

2006年公開ジブリ映画「ゲド戦記」は、宮崎駿の絵物語『シュナの旅』を原案とし、息子・宮崎吾朗監督の第1作目となる長編アニメーションデビュー作品。
父王を殺し国から逃亡した王子アレンが魔法使いハイタカと出会い、旅に出て一人の少女テルーと出会うことで、闇に覆われていたアレンの心が救われていく物語。

『ゲド戦記』 特報【6月26日(金)上映開始】

多島海世界のアースシーでは、聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなったとき、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う。

アレン(レバンネン):岡田准一

テルー(テハヌー):手嶌葵           

ハイタカ(ゲド):菅原文太           

テナー:風吹ジュン         

クモ:田中裕子  

ウサギ:香川照之            

国王:小林薫     

王妃:夏川結衣

女主人:倍賞美津子

ハジア売り:内藤剛志

ルート:飯沼慧

2人組のオバさん:梅沢昌代・神野三鈴

船に乗っていた風の司:加瀬康之

国王の家臣:阪脩

王宮の侍女:八十川真由野

ウサギの部下:西凛太朗

船員:宝亀克寿・白鳥哲

「ゲド戦記」配信状況

「ゲド戦記」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
FOD PREMIUM×2週間

ジブリ作品は、動画配信がないためTSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)のみになります

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

映画の世界観と美しい音楽の使い方にどハマりした、ジブリ作品の中でも特に私が気に入っている作品です。絵も繊細で綺麗で、物や人の細かな動きまでしっかりとこだわって描かれていることが見ていてよく分かり、これが宮崎駿監督のデビュー作のクオリティーかと関心しました。ジブリ作品の割には暗めの雰囲気が漂うユニークな作品で、でも作品からは強く生きるという意志など心の葛藤に関する何か深いものが読み取れて宮崎駿監督のすごさが存分に表現されていました。特に印象的に残っているシーンは、アレンが剣を引き抜く場面で、とにかくかっこよかったです。また、手嶌葵の歌う主題歌がこれまでにないくらい作品のストーリーや雰囲気に絶妙にマッチしていて、映画全体そのものをより良いものにしているなと感じました。作品を見終わってからもずっと曲が頭の中で流れていたことを今でも覚えています。ジブリ作品ということもあって、この映画は子どもから大人まで男女関係なく幅広い世代の人が楽しんで見ることができる作品だと思うので、ジブリファンだけではなくまだ見たことがないという人はぜひ一度見てみて欲しいです。ただ子どもは最後のシーンあたりで少し怖いと感じてしまうかもしれません。

「ゲド戦記」を観て、「元気を得ていくアレン」と「テルーは大切な人を救えるのか」が特に魅力的だと思いました。
まず、元気を得ていくアレンについてです。この映画では、誤って父親の命を奪ってしまった国の王子・アレンの様子が描かれます。アレンは、気が動転して国から逃走していく中で、優れた頭脳を持つハイタカや少女・テルーと出会い、交流を深めていく中で自らが負った傷を癒していきます。過ちに苦しみつつも、新たな出会いによって少しずつ前向きさを取り戻していくアレンに、勇気づけられながら観ていました。
次に、テルーは大切な人を救えるのかについてです。アレンたちは、穏やかな日々を過ごしていき、だんだんと信頼関係も生まれていくなど幸せが得られるかのように思えました。しかし、アレンは突然現れた敵によって悪の道に誘われていき、ハイタカも命を奪われそうになるなど、みんなが散り散りになっていきます。唯一無事に敵の手を逃れることができたテルーは、仲間たちを助けるために、臆病ながらも冒険に出ることになります。テル―が数々の困難にめげそうになりながらも、進み続けていく中で、敵を倒して無事に仲間たちを取り戻して再び平和な生活を始められるのか、ハラハラしながら観ていました。

ゲド戦記の良さはなんといっても全体を通した少し暗めな雰囲気にあります。他作品に見られるような優しい雰囲気のジブリ作品とは違い殺伐としてどこか寂しさを覚えるような雰囲気の中にある人々の優しさや心が浮き彫りになるような描写の数々が魅力です。物語の当初では、本作の舞台である多島海世界「アースシー」の島国の一つエンラッドの王子であるアレンは、その境遇ゆえの束縛や正義感から心の均衡を失い自暴自棄になってしまっています。そんな彼を温かく迎えてくれる大賢者ハイタカや徐々に心を通わせていくヒロインのテルーといった、心の陰と陽がはっきりと分かれた登場人物達の交友も見どころです。また、今作品では真の名というワードが多く登場します。これはすべてのものに存在する名前でこれを知る事によって魔法を使ったり、相手を支配することができるものです。ですから、この世界観の中では、無暗に他人に自分の真の名を言ってはならず普段は偽名を使って生活しています。この仕組みからも、真の名を知り合う者はお互いが過去なんらかの関係があった事の示唆になったり、心を開いた時に相手に打ち明ける等、人の心の距離について感じられる一要素なのではないでしょうか。長くなりましたが、独特な世界観の中で交わされる人々の心こそがゲド戦記の見どころです。

宮崎吾郎監督によるジブリ作品「ゲド戦記」についての感想をお伝えしていこうと思います。
まず初めに、興味を惹くところは、アレンという少年の存在です。王子であるにもかかわらず、自分の存在に怯えていて何ともミステリアスな影のある人物です。 
そして、話が進むと、アレンはテルーという少女に出会います。テルーという少女も、とても惹きつけられる存在です。彼女の顔にあるアザの謎や、アレンに対して攻撃的な態度をとる理由がストーリーから見えてくるところが目が離せません。
そんな少女テルーとアレンの関係性が大きく変化する分岐点となるシーンがあります。私にとってゲド戦記の中で1番好きなシーンであり、ゲド戦記の主題歌である「テルーの唄」が登場するシーンでもあります。テルーは、とても綺麗な歌声を披露し、アレンの心が大きく動かされることによってお互いのことを打ち明けるキッカケとなるのです。
アレンの抱えている闇が一体何なのかを探る中で、この作品の根底にある人間らしさとは何か。命とは何なのか。というテーマを考えさせられる作品になっています。
最後に、もう一つこの作品でお伝えしたいところは、エンディングです。クモとの闘いが終わり、また新たに世界が始まる、そんなエンディングに使われた「時の歌」は、心に滲みる曲となっています。

ゲド戦記を、見たとき凄い心が踊りました。まず主人公の人がとても暗い感じのキャラで今までのジブリの主人公とは、違う部類だなと思い最初は、
この先どうなるか分らなかったので不安でしたがだんだん笑顔、明るさ少しずつ少しずつ元気になっていく主人公を見ているににつれて気付いたら映画を見入っちゃいました。
また、ジブリでは、男の子、女の子と毎回の様に出てくるのですがまた相手の女の子も主人公と一緒で暗い感じの女の子で二人も根暗な感じで今までにない新しい感じで全然展開が見えませんでしたけどやはり少しずつ展開が進むにつれて二人とも笑顔明るさが出て映画を見てる私も、笑顔になってました。
内容も最高でした、一人一人のキャラの濃さそして一度聴いたら耳から離れないゲド戦記の唄なんでしょう一度聴いて頭から離れなくなりました。
気づいたら涙が出てとても心が高揚してドキドキしていました素晴らしい作品です。
他の人達も主人公達を、支えて成長していきなんて素晴らしい内容なんだと思い感激しました。また敵の人達も結構キャラが濃く個人的に怖いなと思って見ていたら終わったときには、ヒヤヒヤしあれぐらいスパイスが効いている方がパンチがあった方がよかったです。

原作を知らずに見ました。ジブリ映画の中では評価があまりよくない印象を持っていたのであまり期待していなかったのですが、個人的には3本の指に入るほど自分好みの作品でした。アレンの美少年だが情緒不安定な姿や、テルーのトラウマを抱えながらも強く生きようする姿、全体的に暗い雰囲気ながらもどこかおしゃれな街や風景の描写が個人的にドストライクです。
声優陣の豪華さも本作の見どころです。なんといっても田中裕子さんのクモの声。田中さんは、今回のクモやもののけ姫のエボシのような陰がありながら強い信念を持つようなキャラクターの声がすごくハマりますね。失態を犯したウサギに対して、怒鳴るワケでもなく静かに確実に怒っているシーン、恐怖やら美しいやらで背中がぞくぞくします。
なぜアレンは冒頭のシーンのようなことをしてしまったのか?影とは何を表すのか?世界の均衡が崩れるとはどういうことなのか?そういったことを自分なりに予想したり解釈することで楽しめる映画ではないかと思います。考えながら見るという点や恐ろしいシーンが多々ある点からも、供には難しいという意見が多いのも頷けます。
原作と比べて批判される方が多いですが、切り離して一つの映画としてみることで、余計な情報に左右されずにさらに楽しめると思います

まとめ

初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ゲド戦記」は
\TSUTAYA DISCASでレンタル中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました