ハウルの動く城/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法!感想まとめ

「ハウルの動く城」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ハウルの動く城」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

「ハウルの動く城」とは?

スタジオジブリ作品の中でも人気の「ハウルの動く城」
木村拓哉が声優を務めたことでも話題となりました。
ハウルの魔法で動く城、弟子のマルクルにカルシファーなど個性豊かなキャラクターとの出逢いによって本来の自分を取り戻していくソフィー。
美しい魔法使い・ハウルと90歳の老婆に変身してしまったソフィーとの真実の愛の物語に、勇気や感動をもらえること間違いなし!

ソフィー(倍賞千恵子)は父が遺した帽子店で働く地味な女の子。恋にもオシャレにも消極的で、華やかな妹から心配されている。ある日、ソフィーは町で兵士に絡まれているところを、美しい青年に助けられる。不思議な力を持つ彼こそ、人の心臓を食べると噂されている美しい魔法使いのハウル(木村拓哉)だった。そうとは知らないソフィーは初めてのトキメキを感じるが、その夜、突然訪ねてきた荒れ地の魔女(美輪明宏)に魔法をかけられ、90歳の老婆に姿を変えられてしまう。

このままの姿では家にいることはできない…と旅に出たソフィーの前に、巨大なハウルの動く城が現れる。旅の道中で助けたカカシのカブ(大泉洋)に導かれるように城の中へ入ると、散らかった部屋の中に小さな暖炉があり、城の動力源である火の悪魔・カルシファー(我修院達也)の姿があった。

カルシファーは、ハウルとある契約を交わしたせいで城の外には出られなくなってしまったのだという。カルシファーのお願いを聞く代わりに姿を元に戻してもらう約束を取り付け、ハウルの弟子・マルクル(神木隆之介)も味方につけたソフィーは、しばらく掃除婦として城で暮らすことになった。

好奇心旺盛だが憎めないソフィーのペースに次第に巻き込まれていくマルクルとカルシファー。城の中を無断で整理整頓してしまうソフィーを迷惑がっていたハウルも、徐々に彼女のいる生活を楽しみ始める。しかし戦争は次第に激しさを増していき、ハウルは魔法使いの師匠で王室付きの魔女であるサリマン(加藤治子)から呼び出しを受け…。

金曜ロードシネマクラブより

<ソフィー> 倍賞千恵子

<ハウル> 木村拓哉

<荒地の魔女> 美輪明宏

<カルシファー> 我修院達也

<マルクル> 神木隆之介

<小姓> 伊崎充則

<かかしのカブ> 大泉洋

<国王> 大塚明夫

<ヒン> 原田大二郎

<サリマン> 加藤治子


スタッフ

<監督・脚本> 宮崎駿

<原作> ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 「魔法使いハウルと火の悪魔」(徳間書店刊)

<音楽> 久石譲

<主題歌> 「世界の約束」 作詞:谷川俊太郎 作曲:木村弓 編曲:久石譲 歌:倍賞千恵子 (徳間ジャパンコミュニケーションズ)

<プロデューサー> 鈴木敏夫

「ハウルの動く城」配信状況

「ハウルの動く城」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
TSUTAYA DISCAS30日間
Hulu×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
FOD PREMIUM×2週間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

TSUTAYA DISCASとは?

TSUTAYA DISCASは、月額2,052円(税込)で、TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです!

★TSUTAYA DISCAS(宅配レンタル)を利用することができます!
★PC・スマホで予約→自宅に郵便でお届け→ポストに返却、最短で翌日にお届け!
★地上波放送されない作品、ジブリ作品やCDは、TSUTAYA DISCASで!
※お試し期間中の定額レンタル8プランは、DVDとCDの旧作のみ借り放題となり新作は対象外です。
初回登録30日間無料!
★無料お試し期間終了後、宅配レンタル(定額レンタル8プラン)は新作が8枚まで借りることが可能です。
9枚目以降は旧作のみのレンタルとなります。

↓ TSUTAYA DISCASで配信中の作品! ↓


【TSUTAYA TV】
・鬼滅の刃
・キングスマン
・死にたい夜にかぎって
・30歳まで童貞だと魔法使いに
なれるらしい
・トッケビ
・きみはペット
【TSUTAYA DISCAS】
・ジブリ作品全般
・アメトーーク
・プロポーズ大作戦
・やまとなでしこ
・未成年
・聖者の行進
・人間失格

感想

映画「ハウルの動く城」は、個人的にジブリ作品の中で一番好きな作品です。
原作は、学生時代に愛読し今もファンであるダイアナ・ウィン・ジョーズ。
映画はオリジナルと多少話は違って戦争描写などはありませんが、宮崎駿の作り出す「ハウル」の世界観はとても好きです。
特にキャラクターの個性と物語が好きです。
火の悪魔・カルシファーの憎めない性格や若干モテることを重要視し過ぎて精神的に不安定なハウル、今まで個人の感情を優先にしてこなかったソフィーが90歳になった事で、強気になったのも大変面白いです。
それぞれがそれぞれの想いを抱えて行動を起こし、最終的に「家族」となっていくのが個人的にとても良いと思います。
宮崎駿監督作品の中で、初めてはっきりとしたキスシーンが描かれたのも今作。
臆病で嫌な事、怖い事から逃げ続けてきたハウルが初めて守ろうとしたのがソフィーだった事がとても良かったです。
また、流れ星だったカルシファーとハウルが初めて会った過去にソフィーが行った時、未来に戻る寸前のソフィーが「未来で待ってて」と言う言葉を物語冒頭のハウルが覚えていて「探したよ」に繋がるのがとても感動します。
何度見ても感動しますし、新しい発見があるのが映画「ハウルの動く城」です。

様々なジブリ作品をこれまでに見てきたのですが、その中でも個人的に「ハウルの動く城」は1番のお気に入りの作品です。ハウルがとにかくかっこよくて本当に素敵なキャラクターだなと思いました。彼の声は木村拓哉が担当していたのですが、キャラクターの見た目と性格、雰囲気など全てにおいて絶妙にマッチしていてかなりハマっていました。多くの印象的なシーンがありましたが、ソフィのこころ移り変わる場面で見た目も変化するというストーリーが非常に面白く痺れました。また動く城というものはスケールが本当にすごくて圧倒させられました。自分も自分の動く住まいを持っていれば毎日ワクワクするだろうなと想像してしまいました。定期的に見たいという気持ちになるような非常に魅力的な作品なため、これからも何度も見返して作品を思いきり楽しみたいです。子ども向けの映画作品でもありますが、それにしては少し内容が難しいかもしれません。しかしクオリティーの高いアニメーションと画のタッチ、キャラクターの魅力とマッチした音楽に子どもでも魅了されること間違いありません。そしてアニメを普段見ないという人でも楽しめる内容だと思ったので、様々な世代の人にオススメしたい映画です。

ハウルの動く城で私は一番ソフィの一生懸命さが好きです。
荒地の魔女に魔法をかけられて、おばあちゃんになっても一生懸命生きようとハウルのところを尋ねる姿や、ハウスを助けようとする姿に勇気をもらいました。
ふとした時におばあちゃんの姿から元のソフィの姿に戻った時はハウルと出会って恋をして、女の子として生きれる希望が出来たのかなと嬉しくなりました。
ソフィのハウルのことを思う気持ちは本当に大きいもので、どんな姿になったハウルでも受け入れることが出来るソフィは本当に純粋で素敵な女の子だなと感動しました。
ハウルが人間に戻れなくなってしまうかもしれないというのに、それでも信じているソフィは強くて素敵な人で見習いたいと思ってしまいました。
またカルシファーが水を掛けられて小さくなってしまった時は自分の髪の毛を犠牲にしてまで助ける姿は本当にかっこいいと思いました。
カルシファーとハウルとの契約を解いたのもソフィで荒地の魔女にかけられた魔法も解いて、案山子のカブの魔法も解いて本当にソフィは素敵な女性でハウルとお似合いで嬉しくなりました。
最後に二人が動く城で抱き合っている姿はすごく素敵で二人がちゃんと結ばれてよかったと思いました。

原作シリーズが日本で刊行された頃からのハウルファンです。
最初は、原作支持者で、原作とは設定がかなり違っていることに対して憤りを感じていました。
しかし、何回か見直すうちに、アニメはアニメで深い世界観があり、原作とは別のものと捉えることでとても好きになりました。
原作は始終明るいお話ですが、アニメでは暗いシーンや考えさせられるシーンも追加されて、よりお話に深みが出ています。
特に考えさせられたのは戦争シーンです。詳細はネタバレになってしまうので割愛しますが、大切な人を守るとはということを考えさせられました。
また、ハウルがとてもかっこよくイケメン全開ながら、性格はとてもヘタレというところは原作と設定が変わりなく、愛着が湧きました。声優さんがキムタクというところも、イケメン度合いをアップさせています。
主人公ソフィーについては、おばあさんになるシーンから若いシーンまで、倍賞千恵子さんが声優さんをされていて、全然違和感がなく、さすが大物女優だなぁという印象です。
映像全体的に、ヨーロッパ風の素敵なもので、そこはさすがジブリという印象でした。また、動く城の絵はとても細かく描かれていて、見ていてワクワクします。

2004年公開された映画で、魔法使い系の映画です。
人間の主人公ソフィはある魔法によって少女から老婆へと変貌した姿で生きています。色んな出会いを経て彼女の元々持ち合わせている生き様の強さに心打たれます。謎多き青年魔法使いハウルとの出逢いによって、彼女は良くも悪くも心が大きく乱れてしまいます。ハウルは魔法によって機械を動かすことができます(動力源はカルシファーという炎姿の悪魔で、契約によりハウルによって働かされている)
臆病ゆえに機械の城(家)で常に動きながら追手から逃げ回る生活を強いられており、ひょんなことからソフィと一緒に暮らすことになります。ハウルの弟子のかわいい魔法使い少年マルクルも一緒です。幾度かのトラブルを乗り越え、家族のように絆が深まります。
ファミリー向けの映画としてオススメです。
全体的にカラフルに作られていて、部屋中、厄除けなどの御守りだらけの部屋で寝ているハウルはとても印象的です。機械も見事に描かれていて、背景も美しく、隅々まで見て楽しめる世界観です。戦争が絡んできますが、残酷描写はそこまでないので小さい子が見ても問題ないです。主題歌をソフィの声優倍賞千恵子さんが歌ってくれてます。令和でも劣らず根強い人気の作品です。

この作品は独特な世界観が印象的です。ファンタジーで見ていて楽しかったり、どこか心にグッとくるものがあります。思わずこんな世界があったら、いろんな感情になるような気がします。
そして出てくるキャラクターも、みんな個性的なのが良かったです。魔法が使えたくさんのことができるのは、見ていて面白いです。日々様々なことが起こる中、それが刺激になっていくのかなと感じました。
ハウルはとにかくかっこいいのが魅力的です。見た目もスマートで、ミステリアスな雰囲気が素敵です。優しさと強さを持っているところが、絶妙で素晴らしいです。クールさもあるけど、心には秘めたものがある感じがしました。
またソフィーの姿もこの作品ならではです。本当の自分とは一体何なのか考えさせられるような気がします。ソフィーもたくさんの感情を抱えながら、過ごしていくのがリアルです。葛藤などもありながら、前を向いていくところが良かったです。
ハウルとソフィーの関係性は、とても微笑ましいです。二人で踊っている時間はまさに優雅で、何回見てもインパクトがあります。信頼し合っているところや、心から楽しんでいるのが伝わってきます。
パワーをくれる作品でもあるように感じます。

まとめ

初めて登録する方は、30日間無料
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

「ハウルの動く城」は
\TSUTAYA DISCASで宅配レンタル中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はTSUTAYA DISCASへ!

タイトルとURLをコピーしました