お茶にごす(ドラマ)無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ

「お茶にごす。」を無料でフル視聴できる動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

\「お茶にごす。」はプライムビデオで配信中!/

※初回登録30日間無料
※無料期間内の解約OK!

テレビ東京「お茶にごす。」特別映像 | 主演 鈴木伸之 2021年テレビ東京にて放送予定

「お茶にごす。」とは?

このドラマは、西森博之の同名マンガが原作となり、鈴木伸之主演でドラマ化されました。
今回、鈴木伸之にとって、このドラマが単独初主演となったようです。
3月5日より、地上派放送が始まっていますが、アマゾンプライムビデオでは、全12話の視聴が可能です。
ファンにとっては、一気に視聴出来るのはとっても嬉しいですね!!
ぜひご覧ください!

強面で威圧的な雰囲気の船橋雅矢(鈴木伸之)は、その見た目からむやみやたらと喧嘩を売られ“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれていた。高校入学を機に“暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい”と意気込むが入学初日に喧嘩を売られ、中学時代の悪名により周りの生徒から避けられる。そんな中、部活勧誘で唯一声をかけてきた茶道部の部長・姉崎奈緖美(久間田琳加)の事が気になり茶道部に入部することに。親友の山田航(瀬戸利樹)や茶道部新入部員の浅川夏帆(萩原みのり)達と関わり、茶道の心得を知る中で少しずつ変わっていく船橋だったが…。
果たして、暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか!

“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれる船橋雅矢(鈴木伸之)は、高校入学をきっかけにもう喧嘩はしないと決心し、親友の山田(瀬戸利樹)からもアドバイスを受ける。ところが、絡まれている夏帆(萩原みのり)を助けるため、つい不良に手を出してしまい…。部活の新入生勧誘でも、船橋には誰も声をかけてこなかった。そんな中、唯一声をかけてきたのは茶道部の姉崎(久間田琳加)だった。

“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれる船橋雅矢(鈴木伸之)は高校入学をきっかけに、もう喧嘩はしないと決心する。全校生徒が船橋を避ける中、唯一声をかけてくれた茶道部部長の姉崎(久間田琳加)が気になり、茶道部に入部することに。部活初日、姉崎から茶道の大切な言葉を教えられるが、船橋の事を信用していない夏帆(萩原みのり)に、絶対茶道部に揉め事を持ち込むから部活を辞めるようにと忠告され…。

絶対に暴力は振るわないと決心した船橋雅矢(鈴木伸之)だったが、間違えて入った漫画部の部室で暴れる北沼(濱正悟)ら不良3人を返り討ちにしてしまう。暴力を振るわないよう見張るため、山田(瀬戸利樹)も茶道部に入部することに。ところが茶道部を自分だけの女の園として牛耳っていた顧問の縦島(野間口徹)は船橋と山田が気に食わずに入部させない様に画策する。一方で、船橋にボコボコにされた北沼は漫画部員を呼び出し…

沢村(岩本晟夢)の大切にしている漫画原稿が北沼(濱正悟)にビリビリに引き裂かれたことを知った船橋雅矢(鈴木伸之)は、北沼を探して校舎を駆け回っていた。船橋と北沼の事情を知った夏帆(萩原みのり)は船橋を追いかけ、山田(瀬戸利樹)や智花(永島聖羅)たちも二人を探す。暴力の連鎖を止めるため喧嘩はしないと決めていた船橋だったが、北沼の家に乗り込むと、大切なバイクを見たいから神社に持ってこいと呼び出し…。

何の躊躇いも無く北沼(濱正悟)のバイクを燃やした船橋雅矢(鈴木伸之)。だが周りに諭され徐々に罪悪感が芽生えはじめ、何が悪かったのか考えていた中、姉崎(久間田琳加)の一言に感銘を受ける。一方で夏帆(萩原みのり)は何が正しいのかを考え眠れぬ夜を過ごしていた。船橋は、本格的に茶道について学んでいき、一見馴染んだように見えたが、バイクを燃やしたり、威圧感のある船橋に部活を辞めてほしいという声が上がる。

茶道部部長・姉崎(久間田琳加)の事を憧れだと思っていたが、本当は好きだと気づいた船橋雅矢(鈴木伸之)。山田(瀬戸利樹)の入れ知恵で姉崎に濃茶という回し飲みの作法がしたいと提案する。ところがこの日は顧問の縦島(野間口徹)含め男3人で濃茶を行うことになってしまい…。またある日、車に轢かれそうになった少年を姉崎が救い運転手に絡まれているところ、曲がったことが大嫌いな樫沢(山本直寛)が庇ったことから新たな恋も始まり…。

樫沢(山本直寛)の行動や言葉遣いが気に入らない船橋(鈴木伸之)は、樫沢の青ひげが濃いことを“ブルー”と茶化していた。その場にいた姉崎も不覚にも笑ってしまい、その罪悪感から部活を休んでしまう。船橋は山田(瀬戸利樹)と共にブルー樫沢の元を訪れ、姉崎に部活に戻ってもらうよう画策する。そして部活に戻った姉崎は、船橋の行動を諭すが……。一方でブルー樫沢は、船橋を喧嘩の場に引きずり出そうと動き出す。

船橋(鈴木伸之)に馬鹿にされた事に腹を立てたブルー樫沢(山本直寛)は、軽挙高校の不良と手を組み船橋に喧嘩をさせるよう仕向ける。下校中、突然不良に絡まれた船橋は夏帆(萩原みのり)と約束した“非暴力の誓い”を守る為何とか喧嘩をせず逃げ切ろうとするが…。そんな様子を見ていた山田(瀬戸利樹)は、夏帆に船橋の事を褒めてあげてほしいとお願いする。そして、船橋は姉崎(久間田琳加)に言われた一言に過去のある出来事を思い出していた。

山田(瀬戸利樹)と下校中、突然の腹痛に襲われ公衆トイレへと駆け込んだ船橋(鈴木伸之)。用を足していると外からブルー樫沢(山本直寛)と不良達が喧嘩をしている声が聞こえてくる。個室の中で様子を伺っていた船橋だったが「優しい人になって」と言う姉崎(久間田琳加)の言葉を思い出し樫沢を助けるも樫沢からは予想外の言葉が…。そんな時、見知らぬ女子高生が助けを求め声をかけてくる。人生で初めて助けを求められ気合が入る船橋だったが…。

船橋(鈴木伸之)が軽挙高校の生徒にカツアゲをしている所を目撃してしまった夏帆(萩原みのり)は、船橋に「部活をやめてほしい」と告げる。突然の出来事に他の茶道部員が唖然とする中、副部長・慎大寺(仁科かりん)から意外な一言が!果たして、船橋がカツアゲをした真意とは!?そして、軽挙高校の矢瀬(楽駆)は、「船橋を倒してほしい」と二年のキング・吉田(佳久創)に助けを求める。一方、姉崎(久間田琳加)の身の回りでは不審な人の姿が…。

“1年生が企画をし、3年生を驚かす”というのが毎年恒例だという文化祭の出し物を考えていた茶道部員だったが、船橋(鈴木伸之)の様子がおかしい。山田(瀬戸利樹)が問いただすと、船橋は「自分と一緒にいるとみんなが危険な目に合うから文化祭は休む」と言い出す。一方、部長の姉崎(久間田琳加)が文化祭で部活を引退する事を知った夏帆(萩原みのり)は、なんとか船橋を文化祭に参加させようとするが…。

無事に迎えた文化祭当日、船橋(鈴木伸之)と山田(瀬戸利樹)が茶席へついた瞬間、昔ゴミ虫扱いされた事を根に持つ不良2人組に絡まれてしまう。好き勝手に暴れる2人組を前に、姉崎(久間田琳加)から教わった茶道の掟を守ろうとする船橋。その姿を見た夏帆(萩原みのり)と姉崎は…。そして文化祭が終わり、姉崎が部活を引退するが、船橋は姉崎を避け続けていた。煮え切らない船橋を見た夏帆がとった行動とは!?

船橋雅矢 – 鈴木伸之
山田航 – 瀬戸利樹
浅川夏帆 – 萩原みのり
姉川奈緒美 – 久間田琳加
飯倉智花 – 永島聖羅
慎大寺珠美 – 仁科かりん
奥沼民子 – 平川結月
樫沢光輝 – 山本直寛
北沼 – 濱正悟
縦島洋 – 野間口徹

「お茶にごす。」配信状況

「お茶にごす。」の配信状況を調べてみました!

配信状況初回無料期間
Amazonプライムビデオ30日間
ABEMA×2週間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM×2週間
U-NEXT×31日間
TSUTAYA DISCAS×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

Amazonプライムビデオとは?

Amazonプライムビデオは月額500円(税込)/年間4900円(税込)で、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、プライムビデオのオリジナル作品が視聴できる動画配信サービスです!

★月額500円(税込)/年間4900円(税込)で会員特典対象の映像作品見放題
★Prime Musicで200万曲以上聴き放題
★Amazon Photosで写真を容量無制限に保存
★Prime Readingで対象の雑誌・漫画など読み放題
★PC/スマホ/タブレット/TVで対応可能!
★お急ぎ便・お届け日時指定便使い放題
初回30日間無料トライアルあり

↓ Amazonプライムビデオで配信中の作品! ↓


【バラエティ】
・ドキュメンタル
・バチェラージャパン
・相席食堂
・M-1

【映画】
・検察側の罪人
・Diner
・HERO
・ボヘミアンラプソディー
【アニメ】
・約束のネバーランド
・美少女戦士セーラームーン

感想

「今日から俺は!!」の作者が描いた漫画の実写ドラマであり、ギャク漫画である世界観をどうドラマで表現するのか期待が高まる作品です。中学時代に最強の不良と怖れられ、喧嘩に明け暮れる日々を送っていた主人公が高校入学を機に嫌気がさしていた喧嘩を売られる日々から平穏な日々へと変えたいと茶道部へ入部したところから始まる展開であり、これまでの生活とは全く正反対である茶道という世界を理解し会得していくことができるのか期待が高まります。また、茶道部部長に恋心を抱くようで、部長への思いや同じ茶道部メンバーとの関わりによって少しずつ平穏さを手に入れていく主人公の姿、そしてそれによって変わっていく主人公の変化に目が離せないと感じます。しかし、醸し出される不良感から再び暴力への連鎖に引き戻されそうになる展開が多々見られると感じ、その度に茶道部の面々、特に部長への思いによって喧嘩から遠ざかる術を覚えていくのだと感じます。自分だけのことを考えていた中学から高校に入り仲間という守るべき存在ができたことで変わり始める主人公の気持ちをどう表現するのか、主人公を演じる鈴木伸之さんの演技に期待しています。コミカルな展開ながら共に描かれる友情、恋愛など見どころがたくさんある作品であると今から視聴が楽しみです。

とにかく鈴木伸之が大好きで、このドラマは彼が主演をするということで見る前からかなり期待していましたが、思っていた何倍も面白い作品で大満足しました。まず茶道部と不良を掛け合わせるというストーリー設定がこれまでに見たことがなく、非常にユニークで原作を知らないからこその新鮮感が味わえました。才色兼備で良妻賢母キャラな姉崎部長を見事に演じ切っていた久間田琳加は非常にルックスから雰囲気までキャラクターにしっかりと合っていて演技がうまくて自然なように見えたため、実生活においても本当にこんな性格をしているのではないかと思ってしまうほどでした。そしてなによりも茶道の心得を学んで過ごしていく中で人として成長していく主人公の姿には注目するべきところだなと思いました。また、湘南乃風が担当していた主題歌が作品のストーリーや全体的な雰囲気にとてもマッチしていて全てをより良いものにしているように感じて良かったです。ヤンキー系のドラマの中でもトップ3に入るくらいのお気に入りで、かなり面白かった実写ドラマ化作品なのでまた何度も見返したいなと思っています。「今日から俺は‼︎」などのヤンキー系作品が好きだという人には特にオススメしたいです。

道行く人達のほとんどが避けて通るほど強面の不良と人を見た目で判断しないという心の持ち主の茶道部女子のからみが面白い話の作品です。原作は西森博之、2007年から2009年まで少年サンデーで連載されていたシュールコメディの学園物語の漫画です。主人公を取り巻く個性豊かな人物達とともに、主人公がどのように成長していくのかが楽しみな作品です。この作品が実写化されて、主人公演じる鈴木伸之さんの演技が本物のヤンキーのようなドスのきいていてとてもリアルに感じると思います。また原作の通り、個性豊かな仲間達を瀬戸利樹さん、萩原みのりさん、久保田琳加さんが演じている為、より一層面白さが伝わってくるのではないかと思います。
「お茶をにごす。」の主題歌であるオープニングを飾ってくれるのは湘南乃風。オープニングテーマは「茶柱立つ」。エンディングを飾るのはiscream。エンディングテーマは「Maybe…YES」です!どちらも若い世代から支持されている勢いのある2組ですので盛り上がること間違いなし、作品との雰囲気もマッチしています。
イマドキ流行りのシュールな笑いを感じたい人、クスッとでも笑いたい時間が欲しい人の心を満たす作品です。

中学最強のヤンキーが、高校に行ったら普通はどうなりますか。その高校をまずは仕切って、そのあとは周りの高校を従えるようなイメージしか普通はわかないですよね。でも主人公は茶道部に入ってしまったから、これはある意味大問題です。だって茶道部の人はヤンキーの世界から最も遠い人たちですから、上手くやっていけるのかもわからない。ケンカばかり売られているとそういう世界から足を洗いたくて、最も正反対の世界で自分を見つめ直したいと思ったのでしょう。そういうのってなんか勇気があってすごいです。いい友達がそばにいたのも、主人公の助けになっていますね。常識人としてケンカばかりの主人公を、なんとかまともな世界に引き止めているような存在です。でも20代後半なのに制服が似合いますよね。今日から俺はも出演者が意外と年を取っていたんですけど、なんか違和感がない所はすごいです。そして少しづつでも優しい心やいい行いをするようになっていく所が、見どころではないでしょうか。女子部員もビクビクしているわけではなくて曲がった許せない事があればどんどん意見してくる女子もいるので、そういう所からも成長していくんだろうな。そして船橋と山田の掛け合いは楽しみでしょうがないです。

漫画が原作であり人気の作品だったようなので、実写化でどんな世界観が繰り広げられるのか楽しみです。主演の鈴木伸之さんは、様々な作品でヤンキーの役も多いので、それらとはまた違ったキャラクターの演技が見たいなあと期待しています。その作品の主人公に見えてくるような演技が見たいなあと思っています。周りを固めるキャラクターの皆さんも若々しくフレッシュな顔ぶれなので、画面から溢れる若々しいエネルギーが見どころになるのではないかと思います。お茶にごすというドラマの題名もなんだかどんな内容になるのだろうかとワクワクさせてくれるような感じがしています。ドラマの主題歌も決定していて、湘南乃風が担当するオープニングでなんだかテンションが上がりそうだなあと感じています。茶道を主演の鈴木伸之さんがやることになるのか、どのようにそうなっていくのか、その道にもめり込んでいくのか、そんなやり取りも見どころになるのかなあと思っています。女子高生役の皆さんが、とてもかわいい人達ばかりで、フレッシュな顔ぶれにワクワクしています。女子高生の頃のその時にしか出せない若さを存分に画面に出してほしいです。青春を充分に感じらる面白く素敵なドラマになることを期待しています。

「お茶にごす。」を観て、「気づいていく恋心」と「暴力を振るわずにいられるか」が特に魅力的だと思いました。
まず、気づいていく恋心についてです。このドラマでは、喧嘩ばかりの日々を送る不良高校生・船橋の様子が描かれます。船橋は、高校生になったことをきっかけに喧嘩を辞めることを決め、なかなか上手くいかない状況で茶道部の部長・姉崎との出会いを機に、茶道部で仲間を作っていきます。さらに、姉崎と一緒に過ごす部活動を中心とした高校生活の中で、姉崎に恋をしていることを実感していきます。船橋が、見た目は強面で近寄りがたい雰囲気ながら、姉崎への恋に戸惑いあたふたしていくところにギャップを感じ好感を持ちながら観ていました。
次に、暴力を振るわずにいられるかについてです。船橋は、茶道部の活動や友人たちに迷惑を掛けないように、喧嘩をせずに高校生活を送っていきますが、過去に因縁の合った人々や新たに出会う不良たちが、船橋や仲間たちをピンチに陥れ喧嘩をさせようと策略を立てて接近していきます。船橋に罠を仕組んでいく不良たちに憤りを感じながら観ていました。また、船橋が不良たちの策略にはまらないように奮闘していくところを、ハラハラしながら観ていました。

まとめ

おすすめの動画配信サービスはAmazonプライムビデオです!
初めて登録する方は、30日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、無料期間内に解約するだけ!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「お茶にごす。」はプライムビデオで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトへ!

タイトルとURLをコピーしました