過保護のカホコ/無料動画配信や見逃しを1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ【ドラマ】

この記事で『過保護のカホコ』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が
3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

\『過保護のカホコ』はHuluで配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「過保護のカホコ」とは?

2017年に放送されていた「過保護のカホコ」。
主人公の加穂子は全ての行動を親に任せている。
例えば服装…
そのほか、全て親任せという超過保護に育てられた箱入り娘である。
そんな彼女がある青年と出会うのだが…。
子育てをしている方など、子供のことが心配でつい過保護に育ててしまう方も居ますよね!
きっと、共感できたりする部分も多いですよ!
私も、3人の子育てで唯一末っ子一人娘はこのドラマのように過保護になってしまいそうです(笑)
ぜひご覧ください!

高畑充希が民放ドラマ初主演を務め、「家政婦のミタ」(2011年日本テレビ系)などの遊川和彦が脚本を手掛けるオリジナル作品。両親に溺愛され過保護に育てられた主人公・カホコ(高畑)が、世の中を知りながら成長する姿と、変化していく家族の絆を描く。母・泉役は黒木瞳、父・正高役は時任三郎。

保険会社に勤める根本正高(時任三郎)の悩みは、一人娘・カホコ(高畑充希)の将来のこと。過保護に育てられたカホコは、母・泉(黒木瞳)の助けなくては朝起きることも着る服を選ぶこともままならないのだった。そんなある日、カホコは同じ大学に通う画家志望の初(竹内涼真)に過保護さを批判され、ショックを受ける。

自分のやりたいことを探し始めたカホコ(高畑充希)は、父・正高(時任三郎)の会社に見学に行くなど積極的に動きだす。そんな中、いとこの糸(久保田紗友)のチェロのコンクールを家族で応援しに行くことに。糸が手首を痛めているのを隠して挑もうとしていることを知るカホコは、何もできずにあたふたする。

カホコ(高畑充希)は初(竹内涼真)が気になり始めるが、初のことを警戒する泉(黒木瞳)に二度と会わないようにとくぎを刺される。だが我慢できないカホコはパソコンで“片想い”について検索し、初に会いに行く。そして初からいろいろ聞き出したカホコは泉に内緒で正高(時任三郎)を呼び出し、あるお願い事をする。

カホコ(高畑充希)は初(竹内涼真)とのあることが原因で、泉(黒木瞳)と大げんかをしてしまう。そんな中、初の本心が気になるカホコは環(中島ひろ子)にアドバイスをもらい、初に会いに行く。だが拒絶されてしまい、部屋に閉じこもり激しく落ち込む。一方、糸(久保田紗友)が初のアトリエを訪れる。

正高(時任三郎)が起こしたある行動が原因で、カホコ(高畑充希)は不安で仕方がない。初(竹内涼真)に相談すると、親離れするためにアルバイトをしてはどうかと提案される。カホコはアルバイトのことを泉(黒木瞳)に打ち明けると、泉は一緒に仕事を探しだす。その後、仕事を始めると、泉も職場に同行する。

泉(黒木瞳)は、カホコ(高畑充希)のある宣言にショックを受ける。そんな泉に代わり、カホコは家事をこなそうと悪戦苦闘するが、正高(時任三郎)は不安で仕方がない。正高は泉に声を掛けるが、そのさなかに夫婦げんかをした節(西尾まり)や環(中島ひろ子)が現れて大混乱となり、うやむやになってしまう。

カホコ(高畑充希)は偶然、祖母・初代(三田佳子)のある秘密を知ってしまう。そんな中、親戚のことを嫌うイト(久保田紗友)の誕生日が近づく。今年は中止にしたいと、イトの母・節(西尾まり)は言いだすが、初代がやりたいと言っていたことを知ったカホコは、初代のためにイトを説得しようと動きだす。

初代(三田佳子)が隠していたある秘密が泉(黒木瞳)らに明かされ、一同は騒然とする。親族会議を開くが、泉に対して節(西尾まり)や環(中島ひろ子)が反発し、けんかになってしまう。一方、カホコ(高畑充希)は初代のために泉の反対を押し切って婚活パーティーに参加し始める。するとそこで初(竹内涼真)と出くわす。

初代(三田佳子)が病院に運ばれる。泉(黒木瞳)ら親族は病院に駆け付けるが、また言い争いを始めてしまう。さらに環(中島ひろ子)が衛(佐藤二朗)との離婚を考えていることが判明し、カホコ(高畑充希)は大慌て。次々と起こる問題を目の当たりにするうちに、目を覚ました初代が家に帰りたいと言いだす。

初代(三田佳子)のことで落ち込んだ福士(西岡徳馬)が行方不明に。カホコ(高畑充希)の呼び掛けで親戚一同が集まり、衛(佐藤二朗)と環(中島ひろ子)は気まずくなる。一方、結婚を決意したカホコと初(竹内涼真)は、カホコの両親に許しをもらおうと自宅へ。だが二人の話を聞いた泉(黒木瞳)は寝室に姿を消してしまう。

スペシャルドラマ

究極の箱入り娘・カホコ(高畑充希)が過保護な母・泉いずみ(黒木瞳)と父・正高まさたか(時任三郎)のもとから巣立ち、画家志望の初はじめ(竹内涼真)と結婚して一年−−。充実の日々を送っているはずが、正興まさおき(平泉成)、多枝たえ(梅沢昌代)、教子きょうこ(濱田マリ)と共に始めた子供達のための施設『カホコハウス』は激務の割に収入が滞り赤字経営、初と祖父の福士ふくし(西岡德馬)と暮らす家の家事はカホコが一人でこなそうと気負うあまりパンク寸前!さらに、週末に迫った従姉妹のイト(久保田紗友)の誕生日会の準備で完全にキャパオーバーとなっていた。
そんな中、カホコハウスに通う養護施設の小学生・保たもつ(横山歩)のもとに母親の真美まみ(映美くらら)が突然現れ保を引き取ると言い出す。真美は恋人ができる度に保を置き去りにし、フラれると戻ってくる常習犯。カホコは憎まれ口をききながらも不安な表情を見せていた保のことが気がかりで気もそぞろ。結局いつもここぞとばかりに現れては完璧な仕切りでカホコの仕事を片付ける泉によってイトの誕生日会の準備は進み…。
しかし、祝いの席でイトがコンダクターになるためにウィーンに留学すると言い出し母・節せつ(西尾まり)と衝突!画家として芽が出ず、いまだにバイト暮らしの初をなじる泉は子供はまだかとカホコたちに迫り、かたや子供が欲しいが体の弱い環たまき(中島ひろ子)は代理母出産をめぐって夫の衛まもる(佐藤二朗)と仲違い。せっかくの誕生日会で各家庭の問題が大炎上してしまう!正高に助けを求めるカホコだが、逆に仕事の悩みを抱える正高から会社を辞め田舎で暮らすことを考えていると打ち明けられる。カホコが嫁いで以来、カホコロスの両親には共通の話題もなく、正高は泉に相談すらできずにいて…。
その夜、カホコの家にすっかりやつれた保が現れる。心配するカホコと初だが、真美は「母親である前に女でいたい」と恋人との旅行を優先してしまう。さらにカホコは会社を辞めてきたという正高から頼まれ両親の話し合いに立ち会うものの、泉はカホコと離れて田舎に引っ越すことに猛反対!険悪な両親はその場で離婚届にハンコを押し…!!その上、今度は近くに認可保育園ができることでカホコハウスの利用者が激減することが発覚。教子はカホコハウスを閉園し、ビルごと売ろうとしていて…!!
両親の離婚危機と職場の崩壊に頭を抱えるカホコを見た初は、自分が夢を諦めれば泉も安心し、カホコも家族や子供の面倒を見ることができると提案する。しかし、カホコはいい絵を描く自信をなくした初がカホコを言い訳にして夢から逃げていると反発し、かつてない激しい夫婦喧嘩に発展。飛び出した初と入れ替わるように現れた泉はしたり顔で「愛と夢は両立しない」と言い、自分と二人でマンションで暮らそうと過保護ぶりを再燃させるが…。家族崩壊の大ピンチに果たしてカホコは亡き祖母・初代はつよ(三田佳子)との「家族を守る」という約束を果たせるのか!?

根本加穂子 – 高畑充希(幼少期 : 保榮茂愛)
麦野初 – 竹内涼真(幼少期:大山蓮斗)
根本泉 – 黒木瞳
根本正高 – 時任三郎
国村環 – 中島ひろ子
国村衛 – 佐藤二朗
冨田節 – 西尾まり
冨田厚司 – 夙川アトム
冨田糸 – 久保田紗友(幼少時 : 田中乃愛)
根本多枝 – 梅沢昌代
根本教子 – 濱田マリ
根本正興 – 平泉成
並木初代 – 三田佳子
並木福士 – 西岡德馬

「過保護のカホコ」配信状況

「過保護のカホコ」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu2週間
FOD PREMIUM×2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

「過保護のカホコ」の見逃し配信ならHulu!

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【ドラマ】
・君と世界が終わる日に
・ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
・35歳の少女
・今日から俺は!!
・あなたの番です
・3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
・東京タラレバ娘
・ハケンの品格
・#リモラブ
・知らなくていいコト
【バラエティ】
・ガキ使
・今夜くらべてみました
・うちのガヤがすみません!
・しゃべくり007

【アニメ】
・鬼滅の刃
・名探偵コナン

感想

カホコは少し幼さが残っているけれど、そこもまた彼女の良さであり、人に対して真っ直ぐに向き合い、愛情深いカホコは本当に素敵な女性だなと思いました。そんなカホコだからこそ、みんなは愛さずにはいられなくなってしまうんだなと感じ、過保護に育ったカホコが自分と全然違う環境で育った初と出会い、自分と違う価値観にふれたことによって彼女が一人の人間として精神的に成長し、そして、カホコだけでなく初も、またカホコとの出会いによって成長している。この二人の出会いは、お互いにとって、素晴らしい出会いだったなと感じますし、そんな二人を見て自分と違う価値観にふれることは、学びを与えてくれる存在であるということに気づかされました。この作品を見たきっかけは、竹内涼真さんを観たくてでしたが、こんなに素晴らしい作品に出会えて本当に嬉しかったです。笑いあり、涙ありでしたし、何よりも竹内涼真さんと高畑充希さんの演技が凄く良くて、演技をしているというよりも、まるでカホコや初が実在していて、その二人を観ているような感覚にもなるほど二人の演技は、とても感情が伝わりますし、心が動かされます。最高のキャスティングだったなと感じています。

主人公・カホコを演じる高畑充希さんがとても可愛らしく魅力的で、親の立場ならそばにずっといて欲しいと思える役柄でした。しかし、子供の成長にはその思いは妨げで、カホコが変わろうとするほどに母親と衝突してしまうシーンは胸が痛みました。大学で出会った竹内涼真さん演じる麦野と出会い、それまで知らなかった外の世界を知り、成長していく姿は見どころでした。それが原因で一番の理解者である母親と衝突しますが、母親への感謝やこれまでかけてくれた愛情をきちんと受け取り、返そうとするカホコに胸が熱くなり、そこもまた成長を感じられました。箱入り娘で大切育てられてきたカホコが徐々に皆から頼られる存在へと変わっていく姿に前向きさを与えられます。カホコの急激な変化に付いていけず、寂しさからカホコにきつく当たってしまう母親も子離れしなければならないと気づいていながら出来ない葛藤と戦いながら成長していく姿に愛情を強く感じさせます。最終回ではカホコと麦野が結婚しハッピーエンドとなりますが、目指す夫婦像に自身の両親を思い描くカホコに親子の愛を強く感じ、よりハッピーエンドを感じた作品となりました。子供は親によって、そして親は子供によって成長していくものだと改めて感じさせてくれた作品でした。

「過保護のカホコ」では、高畑光希さん演じるカホコの活躍があり、とても面白いドラマでした。カホコが大学生になって、親に甘えてしまっていることと人生経験が少ないという点が気になりました。大学生になってからでも人生経験を積むことは遅くないから頑張れと応援したくなってしまいました。親に頼ってしまうことをやめるのは社会に出る前までならば、まだ直せると思いましたので少しずつ直してほしいと伝えたくなりました。初がカホコのことを心配して気を使っている場面には感銘を受けました。カホコと初が一緒にいるシーンを観ると、青春を感じられました。人生において「初めてのこと」をいっぱい経験することができるのは、大学時代だと考えられます。カホコが大学時代に自分が経験したことのないことに挑戦していくことで立派に成長してほしいと思いました。自分の考えを持って行動することで、充実した人生を送って親を安心させてあげてと伝えたくなりました。親に頼る事なく、家庭の問題を解決している場面があったので、カホコが成長している点が観られました。大学生にもなれば、親に頼らずに自分自身の考えを持って行動するべきだとドラマを観て再認識することができました。

高畑充希さん演じるカホコの成長ぶりに心を動かされるドラマです。最初はひとりっこで過保護なカホコでしたが、初くんとの出会いや家族とのゴタゴタを乗り越えて一人前になっていくところが笑いあり涙ありの展開です。特に初くんとの恋愛はとてもドキドキしました。カホコとは正反対で親の愛を知らない初でしたが、少しずつ純粋なカホコとお互い惹かれあっていくところは素敵でした。竹内涼真さんのまっすぐで情熱的な演技もすごく心を動かされました。まだ大学生なのに結婚したい、と言い出した時はとても驚きましたが、家族をテーマにしているドラマだからこそストレートな展開が響きました。カホコが自分の家族の問題を解決しようと自分ですべて背負い込もうとするのはちょっとやりすぎだなと思うところもありますが、家族の絆が感じられなくなっている今だからこそ、カホコのようなまっすぐで家族思いな気持ちがすごく印象的だったと思います。カホコのおばあちゃんの初代さんがとても温かい人柄で亡くなってしまう時は悲しかったです。カホコは確かに甘えん坊なところはあるけれど、それでも自分でいろいろ考えて前向きに生きていこうとしている姿には毎回勇気をもらえました。

今まで見たことのないタイプのドラマでした。ただの過保護の娘の物語と思いきや、最終回では予想外のところに着地するドラマでした。過保護の娘が成長していく過程が新鮮で面白かったです。クスッと笑えるところがたくさんありました。思春期以降になれば、誰でも親や祖父祖母からの愛情を嫌がる年頃になります。しかし主人公は、それを嫌がることなく素直に受け止めています。誰も悪くはなく相手を思っているからこその行動なのですが、それゆえに主人公の成長を妨げてしまっているのです。子どもを可愛く思う気持ち、大事にしたい気持ち、親なら誰でも共感するところです。行き過ぎた過保護であることに気付かない両親を見ているも、やり過ぎと思いつつも私も同じようにしていないかと少し不安になったりもしました。コメディだけで突き進むかと思いきや、意外とうるっときてしまう家族のドラマでした。主人公が過保護であることに気付き、その殻を破って自立したいと思ってからの葛藤や心の動きがよく表現されていました。下手すれば浮世離れしてしまう主人公ですが、高畑充希のリアルなお芝居で違和感なく最後まで見ることができました。竹内涼真との掛け合いも面白かったです。

過保護のカホコは、その名の通り、過保護な両親の愛情を一身に受け、自分の力では何もやらずに親に甘えっぱなしで生きてきた21歳の女子大生カホコが、同じ大学の画家を目指す麦野くんと出会うことによって、過保護な殻を破り、成長していく人間成長ドラマです。
初めは、カホコがあまりにも世間知らずで子供っぽく、現実離れしすぎている気がしたのですが、話が進むにつれ、カホコの純粋さ、まっすぐさ、家族を思う優しさ、一途さが愛おしくなってきました。
親の愛情を知らない、自立した麦野くんとの出会いで、カホコがどんどん成長していく様を高畑充希がうまく演じていて、また初めは分かり合えなかった正反対の2人が惹かれていく様子も丁寧に描かれていて、見ているうちに心から2人を応援したくなってきます。
カホコを見守る祖父母両親おじおば従姉妹もみな優しい人たちばかり…と思ったのも束の間、実は、その家族にも、知られざる秘密や悩みがあるのですが、それをカホコがひたむきに解決しようとします。頼りなさそうに見えるカホコですが、実は芯が強くて、人一倍ひたむきで一生懸命。その姿から、無償の愛の素晴らしさも描かれています。
改めて、家族っていいなと思える作品でした。

まとめ

『過保護のカホコ』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間無料
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「過保護のカホコ」はHuluで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました