ズートピア/無料動画配信やレンタル・見逃しをフル視聴する方法【ディズニー映画】

『ズートピア』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

「ズートピア」MovieNEX 予告編

「ズートピア」はU-NEXTでレンタル配信中!
初回ポイントで視聴可能!

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「ズートピア」とは?

2016年に公開されたディズニーの大人気作品「ズートピア」!
上戸彩さんが声優を務めたことでも話題になりました。
東京ディズニーランドでは2019年からジュディとニックに会えるキャラクターグリーティングも開催(整理券必須)されるほど大人気キャラクターの仲間入りを果たしています!
夢と希望に満ちた楽しい映画を観て過ごしましょう!

故郷の田舎町から憧れのズートピアにやってきたウサギのジュディ。彼女の夢は、「立派な警察官になって世界をよりよくする」こと。

でも警察官になれるのは、サイやカバなどタフな動物だけ…けれどジュディは、現実の壁に立ち向かいながらも夢をあきらめず、見事“ウサギ初!”の警察官に!

しかし、サイやゾウなどの同僚たちが動物たちの連続行方不明事件の捜査に向かう中、ジュディに与えられた任務は駐車違反の取り締まりだった。能力を認めようとしないスイギュウのボゴ署長に憤慨したジュディは、驚異的な仕事ぶりを見せる。

ある日、街で困っているキツネの親子を助けたジュディだが、実は彼らは夢を信じない詐欺師のニック達であった。そんなニックに対して、騙されていたことへ腹を立てながらもジュディはあきらめない。

カワウソのオッタートンの行方不明事件が未捜査だと知ると、「私が探します。」と宣言する。ヒツジのベルウェザー副市長の後押しもあり、ボゴ署長はしぶしぶ認めるも、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。

手がかりがほとんどなく、唯一の頼みの綱は事件の手がかりを握る詐欺師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら聞き込み調査を続け、有力情報をたよりにツンドラ・タウンの一台の車にたどり着く。その車内には、行方不明のオッタートンの痕跡が!

だが、その車はなんとツンドラ・タウンの闇のボス、ミスター・ビッグの車だった。ジュディとニックは手下に捕らわれるも、なんとか危機を逃れる。しかし、危機を乗り越えた二人を待っていたのは、ズートピアで何かが起こっていることを予感させる衝撃の光景だった!

ボゴたちが到着した時には、その証拠は消えジュディの言葉は誰にも信じてもらえない。しかも、大きな成果を得られないまま約束の48時間まで残り10時間――ついにジュディはボゴから「クビ」を宣告されてしまう。夢を失う危機に落ち込むジュディを救ったのは、ニックの意外な一言だった…。

果たして、ジュディの夢を信じる心は楽園の秘密を解き、世界を変えることができるのか?

ジュディ・ホップス/上戸彩・稲葉菜月

ニック・ワイルド/森川智之・長谷川斗輝

ボゴ署長/三宅健太

ベルウェザー/竹内順子

クロウハウザー/高橋茂雄(サバンナ)

ボニー・ホップス/佐々木優子

スチュー・ホップス/大川透

ヤックス/丸山壮史

ライオンハート市長/玄田哲章

オッタートン夫人/根本圭子

デューク・ウィーゼルトン/多田野曜平

ガゼル/Dream Ami

フラッシュ/村治学

フィニック/白熊寛嗣

ナンギ/込山順子

ジェリー・ジャンボーJr./遠藤純一

Mr.ビッグ/山路和弘

フルー・フルー/近藤唯

マンチャス/河本邦弘

マッジ・ハニー・バジャー/槇原千夏

ギデオン・グレイ/武田幸史

マイケル・狸山/芋洗坂係長

アングリームース/厚切りジェイソン

「ズートピア」配信状況

「ズートピア」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM×2週間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

素晴らしい、この一言に尽きます。
ディズニーの真髄を見ました。正直あまり期待はしていませんでしたが、映画が終わった後非常に暖かい気持ちでいっぱいでした。
1番素晴らしかった点は、「子供達が頭を悩ませて導き出す事のできる伏線」です。
悪役を倒す時に伏線(大人ならすぐわかる)があるのですが、それに気づいた子供達が映画館で一斉に親に「僕わかった!ああやって敵を倒すんだよ!」と映画館内で報告するんです。
親達はもう気付いているので「へえ、そうなんだ!そんなことに気づいて凄いね」と子供を褒めます。
カップルや友人できたお客さんもそれをみてニッコリ。
例えるなら「1たす1分かる人いるかな?」と映画のシーンで聞いてきて子供達が一斉に手を挙げる様な感じです。
映画館にいる人全員が笑顔になって、子供は誇らしげに自分で見つけた伏線を自慢して騒いで、こんな映画館空気何年振りでしょうか?
もちろんマナー面で望ましくないことであることは承知です。しかし、それを超えたディズニーの魔法がそこに、確実にあるのです。
恥ずかしながら私はその光景を見て涙してしまいました。ディズニーの偉大さに、泣いてしまったのです。
またテーマも非常に現代社会に絡んでおり、大人の目で観ても非常に面白い映画です。

今までありそうでなかった、社会派ディズニー映画。可愛らしくてコミカルなキャラクターで、子供にも理解できるよう、現代社会の問題を提示してくれます。
主人公は警察官になりたいウサギのジュディ。しかし、家族を含め、周囲は「それはウサギの仕事じゃない。」と大反対。
まず、どんなに周囲に反対されようが、自分の夢を貫くジュディの姿に、胸が熱くなります。卑屈にならず、真っ直ぐに夢を追い続けるのは、なかなか出来ることではありません。ジュディがズートピアに到着する場面は、自分も何だか新天地にやってきたようで胸が弾みました。
そんな中、出会ったのが、キツネのニック。彼はジュディとは正反対で『キツネは狡猾な動物』という周囲のレッテルに心を折られ、すっかり捻くれ者になってしまったキャラクターです。
そんな正反対の2人が出会い、最初は反発しあいながらも、徐々に友情を構築していく姿には胸が熱くなります。また、お互いああ言えばこう言う性格なので、2人の掛け合いがとっても楽しい。始終そんな調子なので、物語の根底にある差別や欺瞞というテーマも、前向きに捉えることが出来ます。2人の厚い信頼関係があったからこそ成功するラストシーンも必見です。
逆境や偏見に負けず、努力することの大切さを教えてくれる、素晴らしい映画でした。

ズートピアは草食動物と肉食動物が共存している動物の世界です。しかし、その中のキャラクター達の悩みだったり、動物の見た目で起こる差別や偏見などリアルの世界で問題になることが動物に置き換えられて描かれています。一見、ディズニーらしく愛らしいキャラクターが出てくる友情の物語のようですが、この映画にはいじめや差別に対するメッセージが込められています。ウサギの主人公ジュディはがんばり屋さんで誰に対しても平等に接します。警察官を目指し人一倍努力するのですが、肉食動物や体の大きい動物がほとんどの警察官学校で女の子で小さくかわいい見た目のジュディは認めてもらえません。そんな中でも、夢を目指す主人公を応援したくなります。主人公の友達の肉食動物とされているキツネのニックもまた差別され悲しんだ過去をもっています。普段ディズニー映画をみるときは、深く考えずお話と音楽を単純に楽しむのですが、この映画には深く考えさせられました。特に、人間社会と違い、肉食と草食に分けられているので差別や偏見について子供でも理解しやすいのではないかと思います。この動物はかわいいからこの仕事が向いてるとか、強そうな見た目だから怖いとかそういう見た目で決めつけると本人を傷つける可能性があるということを動物達に置き換えて教えてくれます。

よく考えられている物語だなと驚きました。動物達が共存するズートピアは、様々な見た目、性格、生活スタイルを持つ個人の集まりで、上手く共存しているように見えるけども、実際は偏見や差別が根強い。皆それらを静かに受け止めながら、もしくは上手にかわしながらやっている。
これはまさに私達人間生活そのものですが、これを動物達の架空の世界で表現することで、マイルドで可愛らしい印象に仕上がっています。子供でも難なく見れて、笑いがある。それでいて私達が現実に抱えている問題に直面し、ずしんと重みを感じます。
皆それぞれ違う。足りない所は埋め合えばいい。というシンプルな事実がなかなか受け入れられない現実が悲しくもあり。でもやれば出来るんじゃない?!という勇気も貰える作品でもあります。

主人公ジュディが挫折を何度も何度も味わいながらも、めげずに前を向く姿がいじらしく、応援したくなります。そして個人的には、後半のニックのイケメン具合が見所です。まさかキツネにときめく日がくるとは思いませんでした!「俺のこと好きなんだろ?」は何度聞いてもドキドキします!
声優陣も豪華なので、誰の声なのか考えながら見ても面白いかなと思いました。

可愛い動物たちの世界を一緒に冒険しているような感覚になる作品です。動物一人一人に個性的なキャラクターがあって動きやしぐさ声も合っていてみていて楽しめます。主人公のホップス巡査は、ウサギの女の子で活発的ですばしっこくて、頭の回転も早く、ニンジン型のボイスレコーダーはとってもキュートです。キツネのニックはアイスクリーム巨大なアイスを溶かして小さなアイスを大量につくってそれをハムスターが可愛く素早く食べる仕草が可愛くてみとれます。ボゴ署長はいかつくて怖いけど、心はオチャメなとこもあり素敵なキャラです。ナマケモノのフラッシュは免許センターで働いているが、とにかく話すのも行動もとろくて、傑作のジョークを隣のナマケモノに話すまでにもすごく時間がかかって笑ってしまいます。エンディングではまさかの素早さが見れておどろきました。ストーリーも謎の失踪事件と興味を引かれる
展開でした。ニックとジュディのコンビも最初はバチバチしていましたが、お互いを信頼していく姿がみていていいコンビだと思えました。ポップスターのガゼルの歌声は聞くと体が自然と動き出すPOPな曲調で耳に残ります。元気がないときなどきくと元気になります。

「ズートピア」の主人公は田舎に住んでいたウサギのジュディです。ジュディは小さな頃から警察官になるのが夢で、憧れていました。田舎とは違う都会のズートピアはどんな動物も平等で何にでもなれると信じていました。両親には無理せず無難に人参農家になることを勧められていましたが、自分の意思を貫き警察官になることができ、ズートピアで警察官としての生活を始めます。ウサギが警察官になるのはジュディが初だったので、注目を集めますが、ジュディが与えられる仕事はジュディが憧れていたら警察官の仕事ではありませんでした。警察官になる動物は強そうです逞しく大きな動物で、小さくて可愛いいウサギにはできないと思われていたというのが現実でした。その中でもキツネとの出会いと直面する事件によってジュディもズートピアでもさまざまな偏見や差別のようなものがあることを知ります。この偏見や差別の中で一生懸命に頑張るジュディにとても心が打たれる映画です。映画の世界も現実の世界も、自分が思っていたものとは違っていたということは沢山あります。あの場所に行けば何でも出来ると思って行っても何も変わらなかったりうまくいかなくて、結局は自分次第なんだと思わせてくれます。ズートピアは何があっても前を向くことの大切さを教えてくれる深い映画です。

まとめ

『ズートピア』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「ズートピア」はU-NEXTで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました