侍戦隊シンケンジャー/無料動画配信やレンタルを1話から全話フル視聴する方法・感想まとめ【松坂桃李主演】

この記事で『侍戦隊シンケンジャー』の見逃し配信・フル動画を無料視聴する方法が
3分で分かる♪

  • 番組を見逃した
  • 過去の放送をまとめて視聴したい
  • CM、広告なしで観たい
  • 日本テレビの番組やドラマをたくさん観たい
  • 住んでいる地域で放送されない

こんな方に絶対おすすめの配信サービスをご紹介しています!

\『侍戦隊シンケンジャー』はHuluで配信中!

※初回登録2週間無料
※無料期間内の解約OK!

「侍戦隊シンケンジャー」とは?

2009年2月15日~2010年2月7日まで放送されたスーパー戦隊シリーズ33作品目「侍戦隊シンケンジャー」!
侍をモチーフとし、レッドが殿、その他が家臣といったこれまでにない設定や変身アイテムが筆という和風テイストが用いられている。
松坂桃李の俳優デビュー作品!

志葉 丈瑠しば たける:松坂桃李

池波 流ノ介いけなみ りゅうのすけ:相葉弘樹

白石 茉子しらいし まこ:高梨臨

谷 千明たに ちあき:鈴木勝吾

花織 ことははなおり ことは:森田涼花

梅盛 源太うめもり げんた:相馬圭祐

日下部 彦馬くさかべ ひこま:伊吹吾郎

「侍戦隊シンケンジャー」配信状況

「侍戦隊シンケンジャー」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
Hulu2週間
FOD PREMIUM2週間
U-NEXT×31日間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

「侍戦隊シンケンジャー」の見逃し配信ならHulu!

Huluは、月額1,026円(税込)で、主に日本テレビ系列のドラマやバラエティなどが視聴できる動画配信サービスです!

★日テレ系の最新ドラマ、バラエティ作品などが盛りだくさん!
★Huluオリジナル作品あり!
初回登録2週間無料

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

⇩Huluで好評配信中⇩

【ドラマ】
・君と世界が終わる日に
・ウチの娘は、彼氏が出来ない!!
・35歳の少女
・今日から俺は!!
・あなたの番です
・3年A組‐今から皆さんは、人質です‐
・東京タラレバ娘
・ハケンの品格
・#リモラブ
・知らなくていいコト
【バラエティ】
・ガキ使
・今夜くらべてみました
・うちのガヤがすみません!
・しゃべくり007

【アニメ】
・鬼滅の刃
・名探偵コナン

各話あらすじ

第一幕 伊達姿五侍
隙間の向こう、三途の川から現われる化物・外道衆と戦う1人の侍、志葉家18代目当主・志葉丈瑠。日々強大になる外道衆に対抗するため、丈瑠の守役である彦馬はかつての家臣の子孫である4人の侍を呼び寄せ、シンケンジャー結集を進言する。だが、なぜか丈瑠は首を縦に振らなかった。何も知らない流ノ介たち4人の運命は?

第二幕 極付粋合体
殿・丈瑠の元に結集した4人の家臣たち。侍としての宿命、人々を外道衆の手から守るという覚悟で揃った4人だが、高圧的な丈瑠の態度に、千明は反発、茉子は不信、最も厳格に育てられたはずの流ノ介までも釈然としない様子。しかも、ふと気付くと、ことはの姿が見えなくなっていた・・・・・・。もしかして、早くも脱落者が?

第三幕 腕退治腕比
外道衆から人々を守る侍として、厳しい稽古の毎日を過ごす5人。しかし、いまひとつ自覚の足りない千明は、稽古をさぼって高校時代の友達と街に遊びに出かけていた。そこに、外道衆・ロクロネリが出現。友達にいいところを見せようと、1人、変身して戦い始めるのだが、腕自慢のロクロネリはとんでもない技を持っていた。

第四幕 夜話情涙川
どうも流ノ介の様子がおかしい。千明やことは、果ては黒子までに、悩みがないかと訊いて回っている。親切心とはいえ、何度も何度も訊かれて、みんなちょっと迷惑気味。一方、外道衆のナミアヤシがこの世に現われた。シンケンジャーが駆けつけるが、ナミアヤシは野球少年・良太と何やらひそひそ話。一体何をする気なのか?

第五幕 兜折神
たまには息抜きも必要ということでお休みを貰ったシンケンジャーは、流ノ介の発案で、みんなで遊園地に行くことに。しかし、丈瑠だけは別の用がある、とそっけない返事。どうやら、特殊な秘伝ディスクの稽古をするらしい。一方、隙間から現れた外道衆のヤナスダレ。これまでのアヤカシとは違う力を持っているようだが・・・・・・。

第六幕 悪口王
丈瑠やジイも認める、ことはの剣の腕。今日も稽古で千明を一蹴する。しかし、剣術以外は・・・・・・。千明のために小麦粉で湿布を作るが、ひっくり返して大騒ぎに。一方、六門船に呼び出されたにもかかわらず、シタリに船内で喋ることを禁じられ、さっさとこの世に送り込まれたアヤカシ・ズボシメシ。果たしてその恐怖の能力とは?

第七幕 舵木一本釣
行方知れずとなっていた折神の一体、舵木折神が見つかった。しかし、かつての戦いで使われた後、そのまま彷徨っているらしく、早く捕獲しないと見失ってしまうかも知れない。慌てて飛び出そうとする丈瑠だが、そこに隙間センサーの鈴の音。丈瑠は舵木捕獲を流ノ介に命じ、4人で外道衆を倒しに向かうのだが・・・・・・。

第八幕 花嫁神隠
神聖な空気の漂う教会の中、厳粛に執り行われている新郎新婦の誓いの儀式。よく見ると新郎は丈瑠、新婦は茉子!?参列する彦馬や流ノ介は涙ぐみ、ことははウエディングドレスを着た茉子に見とれている。そして、一人呆れる千明・・・・・・。一体、何がどうなっているのか?

第九幕 虎反抗期
丈瑠と流ノ介がシンケンジャーに変身して荒稽古をしていた。千明は流ノ介の剣の腕に感心するが、ジイは稽古は稽古だと言う。一方、六門船では太夫を助けた謎の剣士・腑破十臓が、シンケンレッドに手を出すことをドウコクに宣言した。そこに、三途の川随一の実力者を名乗るアヤカシ・ヒトミダマが入ってきて・・・・・・。

第十幕 大天空合体
兜、舵木、虎の3つのディスク。ジイが言うには、この3枚が揃ったことにより新たな力を発揮することができる。3体の折神が合体したダイテンクウだ。その合体のため、虎に丈瑠、舵木に流ノ介、兜に茉子が乗ることに。その時、特殊な雨を降らせて人々の希望を失わせる外道衆・オカクラゲが出現。5人は急いで撃退に向かう。

第十一幕 三巴大騒動
ナナシ連中と大ナナシ連中が街に現れた。迎撃するシンケンジャーだが、どうも様子がおかしい。あきらかに丈瑠を、志葉家当主として狙っているのだ。しかも、隙間の奥から恐ろしく不気味な声が・・・・・・。それは六門船で激昂する外道衆の総大将・血祭ドウコクだった。十臓の不審な様子から、シタリが調べ上げた驚愕の事実とは?

第十二幕 史上初超侍合体
外道衆最強の刺客・ウシロブシとの戦いでシンケンジャーは、レッドを自らの手で倒そうとする十臓の乱入で絶体絶命の危機を脱した。だが丈瑠は自分の盾になって負傷した流ノ介たちの姿を見て、黙って屋敷を出てしまう。一方、十臓が邪魔に入ったことを知ったドウコクは、ナナシ連中を引き連れて、三途の川で十臓と対峙する。

第十三幕 重泣声
みんなにご飯を作ろうとする茉子の姿に、絶望的な表情を浮かべる丈瑠たち。喜んでいるのはことはだけ。そんな時、茉子が買物帰りに、泣いている子供たちを見つけた。外道衆のナキナキテが、自分の分身(白鬼子)と子供たちを入れ替え、親たちに白鬼子を自分の子供と思い込ませていたのだが・・・・・・。

第十四幕 異国侍
志葉のお屋敷に現れた外国人=リチャード・ブラウン。かつてヤミオロロの毒に苦しんでいたとき、流ノ介が放った舵木の浄化の力で助けられたとのこと。以来、シンケンジャーの大ファンとなったブラウンは、真の侍になるべく弟子入りにやって来たのだが・・・・・・。

第十五幕 偽物本物大捕物
白刃取りの稽古で他のメンバーから出し抜かれた千明。みんなを見返すために一人で特訓に励んでいたところに、外道衆が現れる。外見をそのまま写し取る力をもつというアヤカシ・ナリスマシの前に苦戦する千明。そして、ナリスマシがシンケンジャー相手に奇策を仕掛けた。いま侍たちの信頼関係が最大の危機にさらされる。

第十六幕 黒子力
ショドウフォンを使ってモヂカラの稽古中。流ノ介たちは部屋の中ということを忘れて、大きな岩や大きな波を出してしまい、志葉家の家宝の壺を壊してしまう。稽古中の事故のため、怒るに怒れぬ彦馬は、せめて後片付けをする黒子を見習えというのだが・・・・・・。

第十七幕 寿司侍
隙間センサーの反応で出陣したシンケンジャー。しかし、そこにはアヤカシはもちろん、ナナシ連中の姿も気配もない。故障するようなものでもないのに、と不思議がる一同の傍を、一台の屋台が通り過ぎた。ゴールド寿司の暖簾の掛かった屋台を引くこの男、果たして何者?

第十八幕 侍襲名
いきなり現れ、いきなり変身、しかもシンケンゴールドを名乗った屋台寿司の男・梅盛源太は、丈瑠の幼馴染だった。幼い頃の丈瑠との約束を果たすべく、独自に剣の稽古を積み重ね、電子モヂカラを開発した源太は、6人目の侍として外道衆と戦うつもりだったのだ。しかし、そんな源太に丈瑠やジイは・・・・・・。

第十九幕 侍心手習中
電子モヂカラを開発した上、今度はオリジナル折神=海老折神を作っているという源太。だが、その性格は流ノ介からみるとふざけて見えるでは、という忠告を茉子たちに受ける。一方、この世に現れた骨のシタリ。かつて三途の川とつながっていたという古井戸を甦らせ、この世での出城にするというが・・・・・・。

第二十幕 海老折神変化
ことはの誕生日をサプライズで祝おうと、内緒で集まる流ノ介、茉子、千明。丈瑠もケーキを買いに行ったり、源太はお寿司を持ってきたり・・・・・・。一方、夏が近づき、ドウコクの力が増し、波立つ三途の川。そんな中、俺が拍車をかけてやろう、と現れたのはアヤカシ・ウタカサネ。太夫も嫌らしいというウタカサネの能力とは?

第二十一幕 親子熊
稽古までの空き時間、ファミレスでちょっと涼んでいた千明と茉子。その後ろにたまたま座っていたのは、千明の父・谷蔵人だった。妙に調子のいい父の出現に、頭を抱える千明。その時、妙な卵をつけた男が現れ、ナナシの剣を振り回して暴れ始めた。千明と茉子が取り押さえようとすると、なぜか蔵人が足を引っ張って・・・・・・。

第二十二幕 殿執事
ゴールド寿司初の常連は、財閥の御曹司・松宮義久。松宮の悩みは、名前目当ての結婚相手の売りこみだった。そこで、ことはをニセの婚約者に仕立てあげようとするが・・・・・・。一方、ますます荒れる三途の川。力を抑えることができなくなりつつあるドウコク。その隙を突くように、アヤカシ・ウラワダチが勝手にこの世に現れる。

第二十三幕 暴走外道衆
血祭ドウコクは増え過ぎた力を抑え込むため、動きがとれない状態に。その隙をついて、アヤカシ・ゴズナグモが六門船に侵入。シタリを脅迫していた。一方、彦馬は過去のシンケンジャーが断念したパワーアップアイテム・印籠の作製に再び着手しようと考えた。その完成途中の印籠を取りに、丈瑠たちは菩提寺に向かうが・・・・・・。

第二十四幕 真侍合体
ゴズナグモとシタリの策略に嵌められたシンケンジャーだったが、腑破十臓の乱入とドウコクの復活により、事態は思わぬ方向へと進んでいた。連れ去られた丈瑠は、十臓の乱暴な手当てを受けて、一命を取り留める。しかし、十臓にとっては、丈瑠と命をかけた斬り合いを楽しみたいがため。逆刃長刀・裏正を突きつけるが・・・・・・。

第二十五幕 夢世界
十臓の過去を知り、動揺するシンケンジャー。そんな空気を吹き飛ばそうと、茉子は自ら台所に立って軽食を作るのだが・・・・・・。別の意味で動揺した男たちが思わずついた愚痴を聞いてしまう。一方、十臓を倒すどころか、剣を抜くことすらできなかった薄皮太夫。怒りのドウコクは、太夫が命よりも大事な三味線に炎を放った。

第二十六幕 決戦大一番
十臓との対決を約束した丈瑠。しかし、戦いのための戦い、それも1対1の戦いなど、絶対に認められないと詰め寄る流ノ介。一方、太夫の過去を目の当たりにし、戦いに迷いを見せ、ことはに怪我させたことを後悔する茉子。けじめとばかりに、買ったばかりの料理の本をゴミ箱に捨ててしまうのだが・・・・・・。

第二十七幕 入替人生
ドウコクもシタリも知らない謎のアヤカシ・アベコンベ。その能力は、人間の魂を「物」に入れ替えてしまうという恐ろしいものだった。不意を突かれた源太、手負いの丈瑠、さらには流ノ介と茉子までも魂を物に入れ替えられてしまい、残るは千明とことはだけ。ふたりは、この危機を脱することができるのか?

第二十八幕 提灯侍
アベコンベによって寿司にされてしまった源太。その時の記憶が頭から抜けず、寿司恐怖症に。寿司を模したスシチェンジャーすら握ることができなくなってしまう。一方、ドウコクの夏の力で、三途の川の底から浮かんできたという謎の外道衆、筋殻アクマロ。一癖も二癖もありそうなこの男が、腕慣らしとこの世に現れるが・・・・・・。

第二十九幕 家出提灯
源太が作った提灯侍・ダイゴヨウ。一番近くで源太の腕を見てきたせいか、寿司の握り方につい口を出してしまい・・・・・・。カチンときた源太と喧嘩になって、屋台を飛び出してしまう。一方、アクマロの命令でこの世に現れたのはアヤカシ・ドクロボウ。妙にナルシストっぽいが、すごい数に分身して、シンケンジャーを翻弄してゆく。

第三十幕 操学園
鷹白学園に転入してきた、ことは。しかも、教育実習生として同じクラスに入ってきたのは、流ノ介だった。シンケンジャーを辞めて別の道に向かったのか?一方、六門船の片隅で、頻りに指を動かすアヤカシ・クグツカイ。アクマロの配下であるクグツカイの策略とは?

第三十一幕 恐竜折神
アクマロのでしゃばり具合が気に喰わないシタリは、三途の川に残っていた、あの一族をこの世に送り込む。一方、源太の屋台にシンケンジャーを捜して、看護師・彩が現れた。なんと、勤めていた病院に外道衆が現れ、病気の竜也くんを人質をして立て籠もっているという。源太は急いで志葉のお屋敷に連れて行くが・・・・・・。

第三十二幕 牛折神
志葉の殿様に会いに来たという一人の少年。その少年になぜか、丈瑠たちの折神が懐いてしまう。不審に思った丈瑠たちだが、少年の名前を聞いた彦馬はちょっと納得した様子。果たして彼の正体は?一方、角笛の山を望む場所に立つアクマロ。配下のハッポウズに、この地に封印された禁断の力を探すように命じるのだが・・・・・・。

第三十三幕 猛牛大王
禁断の折神・牛折神がついに目覚めた。敵も味方もなく暴走する牛折神の前に、シンケンジャーも外道衆も蹴散らされてしまう。見失った牛折神を探すため、丈瑠たちは折神を野に放つことに。一方、手駒に不安を感じたアクマロが目を付けたのは、この世を彷徨う薄皮太夫。折れた裏正を手にした太夫の前に現れたのだが・・・・・・。

第三十四幕 親心娘心
稽古から戻った丈瑠たちの前に現れたのは、茉子の父・衛。茉子にレイをかけ、一緒にハワイに移住しようと言う。一方、アクマロは、三途の川を増水させてこの世に溢れさせるのではなく、この世にこの世ならぬ場所を作り、三途の川の水を引き込ませようと考えていた。そのため、この世に賽の河原を再現させるのだが・・・・・・。

第三十五幕 十一折神全合体
源太は牛折神に他の折神を全部合体させれないかと考えていた。一方、流ノ介は、歌舞伎役者時代に企画した公演がついに始まることで、ちょっとナーバスに。思わず会場に足を向けるのだが、そこに外道衆のフタガワラが現れる。しかも、人々を助けようとしたところで大事な、ショドウフォンをフタガワラに喰われてしまう。

第三十六幕 加哩侍
源太の屋台で食事をしようとする丈瑠たち。何でも作ってやる、という源太の言葉に、ことははカレーをリクエスト。源太は生まれて初めてカレーを作るが、その味は絶品。通りすがりの人々まで巻き込んで大人気に。一方、シタリは、とっておきのアヤカシ・ソギサライをこの世に送り込む。シンケンジャーは、どう対抗するのか?

第三十七幕 接着大作戦
アクマロが送り込んだアヤカシ・モチベトリと戦うシンケンジャー。流ノ介と千明が協力して突っ込むが、モチベトリにはとっておきの技があった。なんと粘着物質を飛ばして、2人の両手をくっつけてしまったのだ。まるでフォークダンスを踊るような体勢で接着された2人。これではとても戦えない。さあ、どうする?

第三十八幕 対決鉄砲隊
いつもシンケンジャーを陰で支えてくれているジイ・彦馬だが、実は毎年奥さんの命日だけ、お墓参りにいくためお休みしていたのだった。しかし、血祭ドウコクが復活し、戦いが激化している今年は休みをとれるのだろうか?丈瑠は流ノ介たちと相談し、何があっても彦馬に休みをとらせようとするのだが・・・・・・。

第三十九幕 救急緊急大至急
島の住民同士が、家族も友人も関係なく争いを始めたという。どうやら島の中心から噴き出した謎の灰が原因らしいのだが・・・・・・。島に乗り込み手分けして捜査する丈瑠たちの前に現れたのは、アクマロ、薄皮太夫、そして腑破十臓という外道衆の大物たちだった。果たしてシンケンジャーは、住民たちを救えるのか?

第四十幕 御大将出陣
島での一件以来、様子のおかしい丈瑠。剣の稽古の最中、成長著しい千明に追い込まれると真剣勝負さながらの反撃をしてしまう。一方、三途の川では、太夫を六門船に呼び戻すため、ドウコクはアクマロに太夫の三味線を返すよう迫る。ドウコクさんが言うのなら、とアクマロは隠し場所に向かうが・・・・・・。

第四十一幕 贈言葉
血祭ドウコクの圧倒的な力の前に敗北を喫したシンケンジャー。なかでも、無茶をしてドウコクと最後まで渡り合った丈瑠の傷はかなり深い。その怪我はもちろん、最近の様子から丈瑠を心配することは。そんな彼女のもとに姉・みつばからの手紙が届く。一方、六門船では、アクマロが何やら奇妙な作戦を企てていた。

第四十二幕 二百年野望
二度も同じ場所に外道衆が現れたことを不審に思った彦馬。丈瑠たちを集めて地図を広げ、改めてアクマロが絡んでいた場所を繋ぐと、日本が真っ二つになってしまった。一方、アクマロの異常なまでの「あの世」への執着を聞き、その真意に気付いたシタリ。しかし、その術は外道衆でも人間でも不可能なはずなのだが・・・・・・。

第四十三幕 最後一太刀
アクマロが仕掛ける「裏見がんどう返し」。その最後の楔が打ち込まれた衝撃で吹っ飛ばされたシンケンジャーと十臓。十臓より先に意識を取り戻した源太は、今ならもしかして倒せるか、とスシチェンジャーを握るのだが・・・・・・。

第四十四幕 志葉家十八代目当主
アクマロを倒し、無事、6人揃って新年を迎えたシンケンジャー。束の間ではあるが、楽しいひと時を過ごしていた。そこに裃をした黒子が現れ、彦馬に書状を渡すのだが・・・・・・。一方、六門船では、一人寂しく過ごすシタリのもとに太夫が帰ってきていた。急にやる気を出したシタリは、アヤカシ・ヨモツガリを呼び出して・・・・・・。

第四十五幕 影武者
突然現れた、もう一人のシンケンレッド。志葉家十八代目当主を名乗る志葉薫の前に、大混乱する家臣たち。そして、明かされる志葉家当主の秘密、丈瑠の秘密とは・・・・・・。同じく、志葉薫の登場を目の当たりにした太夫とシタリ、そして十臓は・・・・・・。

第四十六幕 激突大勝負
心の整理のできぬまま姫とともに外道衆と戦う、いや、戦わざるを得ない流ノ介たち。姿を消した丈瑠を探す源太と彦馬・・・・・・。そして、丈瑠はまるで心の隙間を埋めるように、再会した十臓と刃を交えるが・・・・・・。

第四十七幕 絆
死闘を繰り広げる丈瑠と十臓。その元に駆けつけずにいられない茉子、千明、ことは。そして、侍として身動きが取れず、奥座敷で苦しむ流ノ介・・・・・・。その後ろから、黒子の一人が声をかけて・・・・・・。

第四十八幕 最後大決戦
たった一つ、しかし大きな嘘で隔てられていた丈瑠と流ノ介たちが思いを一つにしたのも束の間、数百年の未練を手放した薄皮太夫によって三途の川が大増水、再び血祭ドウコクがこの世に現れた。シンケンジャーと外道衆、最終決戦の時は来た。家臣たちに守られるなか、ついに志葉家当主・薫は封印の文字を使うが・・・・・・。

最終幕 侍戦隊永遠
薫に託されたモヂカラディスクを持って、ドウコクとの戦いへと向かうシンケンジャー。だが、渾身の一撃もドウコクには効かなかった。ドウコクの反撃を受け、シンケンジャーは変身を解除されてしまう。一方、ドウコクは薫の首を取ろうと、薫の元へ向かってしまった。ドウコクを追うシンケンジャーだったが・・・・・・。

感想

 
第四十三幕が1番印象に残っています。
この回では外道衆の幹部である筋殻アクマロとの最終決戦を描いています。
アクマロは自身の計画のために仲間である腑破十蔵と薄皮太夫を唆し3人で協力して計画実行のための手順を進めていきます。しかし、最終的にはアクマロ自身が望む世界を作り出すために十蔵と太夫、さらには組織までもを裏切って彼らもろとも消し去ろうという外道な計画を実行しました。しかし、最終的には最初から計画を見透かされていた十蔵に切り捨てられるという因果応報の最期を迎えます。この回はアクマロはもちろん十蔵の非道さが目立ちます。ここから「外道衆」というネーミングは伊達ではないということを改めて知らされました。
また、最終決戦である巨大戦では全てのロボットが登場するだけではなく、そのロボットが合体して巨大最強ロボットになるという特撮ファンの心をくすぐる演出がされていたのも印象的です。この時のBGMがシンケンジャーのOPであるため、まるでラスボス戦を見ているかのような豪華な演出で終始興奮していました。この第四十三幕が放送されたのは2009年の最後の放送だったので2009年のラストにふさわしい派手な演出でした

 
シンケンジャーには過去の戦隊ものにはない特徴がありました。それはレッドが二人登場するという設定です。最初は真のシンケンレッドとシンケンジャーが対立しますが、最終的に真のシンケンレッドとシンケンジャーが協力して、究極奥義を発動させるシーンは素晴らしかったです。そして真のシンケンレッドは少女だというのも斬新な設定でしたね。それまでの戦隊ものにはない設定だったので、見ていてびっくりしました。真のシンケンレッドの究極奥義は破られ、戦闘不能になりますが、松坂桃李演じるシンケンレッドに全てを託すシーンは本当にかっこよかったです。
シンケンジャーは基本的に刀が武器でした。そのため戦闘シーンも刀による戦闘がメインでした。女性戦士も刀を使って戦闘していましたが、非常にかっこよかったです。松坂桃李のシンケンレッドにはライバルがおり、シンケンレッドとライバルの戦闘はいつも白熱していましたね。戦隊ものなので最終的にはシンケンジャーが勝利するのは分かっているのですが、ライバルとの戦闘に関してはシンケンレッドが負けてしまうのではないかと考えてしまうくらい、いつもヒヤヒヤして見ていました。非常に見所が多い戦隊ものでしたね。

 
『侍戦隊シンケンジャー』が戦隊ものとして異色、かつ見どころであるポイントはなんといっても「殿様と家臣」という関係性です!
松坂桃李さん演じる「殿」は、無口でクール。実力はとても高いが、家臣である他のメンバーと仲良くなろうとしない。そんな殿がメンバーと過ごすうちに、どんどん人間らしく、笑顔が見えるようになっていく様は「一人の人間の成長物語」として一貫されており、毎週楽しみになってしまいます。

また、「殿が実は影武者であった」ことがわかる45話「影武者」から終盤にかけての流れは、大人でもとてもアツい!と感じます。「殿」であるはずなのに「忠義とか家臣とかでこの闘いに参加することを決めるな」と言い、彼らを家臣らしくは扱わなかった丈瑠の言動の理由がわかっていく展開は見事などんでん返し!脚本の小林靖子さんの実力の高さを実感します…。
「殿」であるから仕えていたメンバーたちが、時をともにしているうちに、「志葉丈瑠」という人間のために動くと各々の意思で選び、丈瑠のもとに向かう姿は本当に胸が熱くなりました。

松坂桃李さんはもちろん、高梨臨さん、「レ・ミゼラブル」などでも活躍する相葉裕樹さんなど、この作品を経て人気俳優へと駆け上ったキャストさんも多く、このメンバーの初々しい姿を観れるとても貴重な作品です♪

 
松坂桃李さん演じるレッドは『熱い男』のタイプではなく『冷静沈着』なタイプでクールな感じがとてもかっこ良かったです。内容もちょっと変わっていて、戦国時代と現代をあわせていて、映画の戦国自衛隊みたいな感じがしました。刀や折り紙など、和風モチーフな所も好きです。丈瑠が殿で他のメンバーは家臣として明確な線引きを行っているが、スーパー戦隊としては珍しくストーリーが進むにつれその関係性が変化していくのが印象的でした!敵キャラクターが魅力的なのも好きなポイントです!映像も綺麗。テンポが良く覚えやすい主題歌も◎。シンケンレッドの武器である大剣にもロマンを感じました。ひとりひとりの話を深く掘り下げたり、絆を深めていく様子が描かれていて話が本当に良かった。大人にも惹きつけるものがありました。壁を作る殿が少しずつ心を開いていく様子や敵にもいろいろと事情があったり毎週楽しみで、筆で変身、顔は漢字で表情を出している所がこのシリーズが始まるまでの中では珍しく衝撃を受けました。俳優さん、女優さんがみんな素敵でした。そして初の女性レッドが出てきたり、ラスボスを倒すのはレッドではないと、今までの戦隊に出てくるレッドとは違う扱いも熱くて盛り上がりました。

 
戦隊モノでありながらも、テーマが「侍」という珍しいチャレンジだったので、記憶に残っています。みどころは変身後のそれぞれのコスチュームで、顔部分に「火」「水」などが書かれていたり、技を出すときには筆のガジェットを使って、漢字を書くというのが斬新でした。当時のレッド役・松坂桃李さんは寡黙で冷静なキャラクターで、お殿様の役。まだあまり台詞に慣れていない様子が微笑ましく感じました。全員で決めポーズをするときはかっこ良かったです!その旅に自陣の旗を持ってくる黒子たちの活躍も、とても可愛らしく面白く感じました。順調に敵対チームを倒していくのですが、残り数話になって大きな秘密が明らかになります。その時の松坂桃李さんの哀しい表情が「上手になったな」と思いました。比較的、戦隊シリーズの中でも人気があった作品で、同じ「ニチアサ」枠の仮面ライダーとコラボしていたことも覚えています。まさかあのお殿様が大俳優になるとは思いませんでした。途中から新メンバーが加入し、「さすらいの寿司屋」を営む若者という設定もびっくりしたものです。特に変身するときの「舞」はひとりだけ違うというのも驚きました。巨大メカを「折神」と位置付けたり、変身アイテム「書道フォン」などが出現するので、教育にもオススメのシリーズです。

 
それまでの戦隊モノとは違った、まるで子どもが見ても楽しめる大河ドラマのような物語です。
チームのリーダーをみんなが「殿」と呼ぶことからもそれが伺えますし、敵である外道衆たちとは毎回見事な殺陣が繰り広げられます。
現代社会においての、一部時代がタイムスリップしてる感じがこの作品の見所と言えると思います。
そしてシンケンジャー6人それぞれのキャラクターにしっかりとした背景があり、それもまた面白いのですが、敵側の背景もとても印象的で、このそれぞれの人間ドラマこそがこの作品の醍醐味であると思っています。
どのような気持ちでシンケンジャーとして戦っているのか、なぜ外道に落ちたのか、そこが丁寧に描かれています。
例えば、薄皮太夫の花魁時代の物語は狂気迫るものがあり胸が苦しくなります。
最後やっと過去のしがらみから解放されるシーンは悲しく切なく何とも言えぬ思いです。
またもう1つ印象的なのはリーダーであるシンケンレッドの物語。
なんと彼は影武者だったという設定です。
自分の在り方に虚無感を持ちながら、それでも仲間との交流により彼は少しずつ変化をし始めます。
このようなドラマが至るところに散りばめられており、それもまた丁寧に描かれていて、本当に最後は大河ドラマを1本見終わったかのような、充実した満腹感が得られました。

まとめ

 

『侍戦隊シンケンジャー』は、Huluで配信中です!
初めて登録する方は、2週間の無料トライアルがあります!
無料期間のみ楽しみたい方も期間内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「侍戦隊シンケンジャー」はHuluで配信中!/



※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

タイトルとURLをコピーしました