海街diary/無料動画配信や見逃しをフル視聴する方法・感想まとめ【映画】

『海街diary』を無料でフル視聴できるおすすめの動画配信サービスをご紹介します!

見逃してしまった方もう1度見たい方に必見です!

海街diary予告篇

\「海街diary」はU-NEXTで配信中!/

※初回登録31日間無料
※無料期間内の解約OK!

「海街diary」とは?

2015年公開映画『海街diary』は、漫画原作で是枝監督の脚本の基、実写映画化。鎌倉の祖母の家で暮らしていた3姉妹が生き別れた父の死をきっかけに腹違いの妹と出会い、共に生活し家族の絆を深めていく姿を描く。
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが共演!

まぶしい光に包まれた夏の朝、三姉妹に届いた父の訃報。
十五年前、父は女と出て行き、その後、母も再婚して家を去った。
三姉妹を育てた祖母もとうに亡くなり、広くて古い鎌倉の家には、彼女たちだけが残った。
両親へのわだかまりを抱えた、しっかり者の長女の幸と、そんな姉と何かとぶつかる次女の佳乃、マイぺースな三女の千佳。
三人は父の葬儀で、腹違いの妹すずと出会う。
頼るべき母も既に亡くし、それでも気丈に振る舞う、まだ中学生のすず。
そんな彼女の涙を見て、幸は、別れ際に「いっしょに暮さない?」と誘う。
そして、秋風とともに、すずが鎌倉へやって来る。
四人で始める新しい生活。
それぞれの複雑な想いが浮かび上がる――。

香田幸:綾瀬はるか

香田佳乃:長澤まさみ

香田千佳:夏帆

浅野すず:広瀬すず

坂下美海:加瀬亮

井上泰之:鈴木亮平

浜田三蔵:池田貴史

藤井朋章:坂口健太郎

尾崎風太:前田旺四郎

高野日出子:キムラ緑子

椎名和也:堤真一

佐々木都:大竹しのぶ

二ノ宮さち子:風吹ジュン

福田仙一:リリー・フランキー

菊池史代:樹木希林

「海街diary」配信状況

「海街diary」の配信状況を調べてみました!

配信状況無料期間
U-NEXT31日間
Hulu×2週間
FOD PREMIUM×2週間
ABEMA×2週間
TSUTAYA DISCAS×30日間

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況は各サイトでご確認ください!

U-NEXTとは?

U-NEXTは月額2,189円(税込)で、最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、国内ドラマ、NHK作品も視聴できる動画配信サービスです!

★見放題作品数国内NO.1!
★雑誌70誌以上が読み放題
★毎月1,200円分のポイント付与
※ポイントはレンタル作品に利用可能
初回登録31日間無料&600円分のポイントプレゼント

詳しい登録方法はこちらから

⇩ ⇩ ⇩

感想

この映画は、是枝裕和監督作品で、日本アカデミー最優秀作品賞を受賞した名作です。物語の舞台が鎌倉ということもあり、自然豊かで時間がゆっくりと流れる情景と温かい家族愛に癒される作品です。綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが、姉妹役を演じており、この華やかさは、なかなか見れない豪華さです。この四姉妹のキャラクター設定が、それぞれの女優さんにとてもマッチしているせいか、みな自然体で演技されているところが、とても良かったです。個人的には、末っ子を演じた広瀬すずさんが姉たちのもとに飛び込む一番難しい役どころでありましたが、表情豊かに演じていて好感を持ちました。四姉妹それぞれがさまざまな悩みを抱えながらも、お互いを思いやって生きる姿はとても美しく、素敵な姉妹像を演出してくれています。家族をテーマに描かせると、やはり是枝監督の右に出るものはいないと思います。この四姉妹の脇を固める俳優陣も、リリーフランキーさんや樹木希林さんなど是枝映画の常連俳優だけでなく、大竹しのぶさんや堤真一さんといった安定感のある名優が出演されています。監督、ストーリー、俳優が三位一体になったことで、とても魅力的な作品になったのではないかと考えます。

4姉妹の誰の視点で物語を見るかによって見え方が変わってくるのがひとつの特徴であると言える。腹違いの妹がもともと一緒に住んでいた三姉妹のもとにやってくるところから始まるわけだが、そこに諍いや意識のズレなどが生じることはあまりなく、彼女たちは自然と姉妹として絆を深めていく(最初にちょっと戸惑いはあったものの、受け入れは素早かった)。そんな風に人と人とは交われないと穿った目で見るのは簡単だが、そうやって人を信じないのも視野が狭いのではないか。家族が家族として生きていくのに血縁があるかどうかはそんなに重要ではない。不安定で流動的な家族という形態の中で、新しいメンバーが加わることは、実はそこまで珍しいことではないはずだ。例え加わり方が特殊だったとしても、家族みんなが受け入れるつもりになっていれば、案外こんな風に自然と溶け込んでいくものなのではないか。むしろ、両親がいなくなってしまったこの3姉妹の不安定な関係性の中で、腹違いの妹が加わることは、関係性をつないでいく上で欠かせない要素だったのかもしれない。特に両親不在の中、潜在的な不安を抱えているであろう長女には、自分が自分として生きていくことが家族にとっても大切なことだと気づけたんではないかと映画のラストシーンを見ていると感じられる。

鎌倉に住む3人の姉妹が異母姉妹のすずを迎えて、4人姉妹として家族になっていく様子を丁寧に描いたストーリーです。長女の幸(綾瀬はるか)はしっかり者でいかにも長女らしい性格です。次女の佳乃は自由で奔放なところがあり、男性関係も派手です。三女の千佳(夏帆)はすずが来る前は末っ子で次女とも少し年が離れていて、おっとりした甘えん坊の末っ子という性格です。それぞれ性格が違う姉妹ですが、すずへの愛情のかけかたもそれぞれでありながら、3人ともが温かく見守る母のように見えました。またすず(広瀬すず)がサッカーが好きな元気な女の子だけれど、その生い立ち、これまでの苦労から繊細なところのある少女を好演しています。3人姉妹の母(大竹しのぶ)が家に訪れるシーンにはそんなすずの複雑な心境が良く表れていました。それでも、そんなすずが生活を通じて少しづつ家族になじんでいくのが自然に描かれています。幸と佳乃のぶつかりあうシーンがありますが、普通に良くいる本当の姉妹のいさかいのようでとても身近に感じます。お風呂に虫がでて大騒ぎするシーンも日常生活にありがちなシーンで親しみが持てます。日常の何気ないシーンと登場人物の心の機微が丁寧に描かれており心が温まる映画でした。鎌倉ならではの自然の風景もみどころです。

長澤まさみの美脚アップから始まる本作。綾瀬はるかの長女、長澤まさみの次女、夏帆の三女のところに、出て行った父親が亡くなり、母親違いの妹として広瀬すずが四女として一緒に鎌倉の町で暮らしながら、全員それぞれに傷ついたりお互いの関係性で傷を癒しあったり、とにかく全編美しさで満ち溢れている傑作です。広瀬すずの美少女ぶりを奇跡のタイミングで完璧に切り取った作品としても価値があるのではないでしょうか。作品途中で桜ふぶきが舞い散る中、自転車の後部座席でうっとりと美しさに酔いしれる広瀬すずの一連のシークエンスの完璧さは、さすが是枝監督の手腕だと感服せざるを得ません。また映画としても、不在の父の死亡で始まり、血は繋がらなくとも地域の縁で繋がった女性の死で終わり、父の死によって新たに現れた広瀬すず演じる妹は作品を通して心を開示していき、完璧な妹として他の3人には絶対に言えなかった存在への思いの吐露を綾瀬はるか演じる長女へすることで、何かを乗り越えたかのようにありのままの妹として存在を確かにしていく、非常に映画の構成としてもシンメトリックで見事だと思います。そして広瀬すずと淡い恋物語を演じるのが、あの「まえだまえだ」の前田旺志郎というキャスティングの妙にも唸らされます。

主人公の4姉妹がとにかく可愛かったです!最初から最後まで映像が美しく、画面がずっと綺麗で幸せで、もっと早く観ればよかったと思いました。
姉妹って素敵な関係だと改めて感じました。
少し訳ありの人たちがだんだんと家族になっていく過程を美しく描いた作品でした。家族とは血縁関係など関係なく、気持ちで繋がれるもので、居場所というものはもともとあるものとは限らず、新たにつくっていくものだというメッセージ性に心を奪われました。突拍子に何かが起こるわけではありませんでしたが、ただただ流れる、どこかほっこりするような雰囲気が良かったです。
時折見せる広瀬すずさんの繊細な表情の演技に感情移入してしまい泣けてきました。
不倫や葬式など多少重い内容を含んでいましたが、それにも関わらず、温かくて美しい作品となっていました。それは登場人物が弱さとともに信念を持っており、その温かさを感じられたからだと思います。
信頼できる人がそばにいて、その人を信じられる幸せが丁寧に描かれていて、観ていて癒されました。その場を生きる人の考え方や感じ方、対処の仕方によって、辛い状況も美しくできるというということに感動しました。ほっこりしたいときに観たくなるような映画です。

この映画の見どころは、なんといっても姉妹の美しさに尽きます。それぞれの年代、性格によって恋愛事情が異なりますが、それぞれの想いや行動が一つ一つ丁寧に表され、女性の恋愛する姿がどれほど美しいかを教えてくれます。ドキッとするシーンやキュートなシーンなど、様々な恋愛にキュンキュンします。また、姉妹としてのつながりの美しさにしっとりします。食事のシーンなどで語りあうシーンなどは、姉妹としての何気ない会話にも、ちゃんとそれぞれの想いがあって、しみじみと家族という枠に根拠のない安心感と家族だから分かり合えないことを映し出しています。全体としてのストーリーは家族とはをメインテーマにしていますが、主人公だけが際立って見せつけるのではなく、その姉妹が、それぞれの個性がしっかりと出ていて、主人公をしっかりとバックアップしていますし、いろんな視点から楽しむことができます。悲しい場面もありましたが、風景の美しさ、姉妹の美しさ、ストーリーの美しさなど、数々展開される美しさがこの映画の最大の魅力であり、何回見てもパッと輝く煌びやかな映画です。見れば見るほどすべての出演者について興味がわき、見れば見るほど心に残る映画です。

まとめ

『海街diary』はU-NEXTで配信中です!
初めて登録する方は、31日間無料!
無料期間のみ楽しみたい方は、31日間以内に解約してもらうだけでOKです!
ぜひ無料期間を利用して視聴しちゃいましょう!!

\「海街diary」はU-NEXTで配信中!/

※本ページは2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTへ!

タイトルとURLをコピーしました