THE W(ザダブリュー)2020/見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【女芸人】

2020年12月14日(月)日本テレビ系列で放送された「女芸人No.1決定戦THE W 2020 」。
決勝戦へと勝ち進んだ10組の女芸人が優勝を目指し、1000万円を手にするのはどの芸人に!?

こちらでは、「女芸人No.1決定戦THE W 2020」の見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「女芸人No.1決定戦THE W 2020 」
Hulu】で配信中です!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり/


『THE W 2020』 を無料で視聴する方法は?

『THE W 2020』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】がどういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

「女芸人No.1決定戦THE W 2020」番組概要

646組の頂点!女芸人No.1が今夜決定!
史上最高レベルの準決勝を勝ち抜いた10組が本気ネタで激突!
ゆりやん、阿佐ヶ谷姉妹、3時のヒロインに続く4代目笑いの女王誰だ!!

放送日 : 12月14日(月) 20:00~22:54 <生放送>

MC:後藤輝基、水卜麻美(日本テレビアナウンサー) 

大会サポーター:EXIT、生見愛瑠

応募資格 : 「女性」 ※プロ・アマ、経歴不問

賞  金   : 優勝者(ユニット)に1000万円

「女芸人No.1決定戦THE W 2020」ファイナリスト

Aブロック】

TEAM BANANA

  • 藤本 友美(ツッコミ)、山田 愛実(ボケ)
  • 共に群馬県桐生市出身
  • 2005年結成
  • 吉本興業所属
TEAM BANANA プロフィール|吉本興業株式会社

オダウエダ

  • 小田 結希(ツッコミ)、植田 紫帆(ボケ)
  • 愛媛県西条市出身、大阪府大阪市出身
  • 2014年結成
  • 吉本興業所属
オダウエダインタビュー前編】『おもしろ荘』に出ることが目標|LIVE ...

にぼしいわし

  • にぼし(ボケ)、いわし(ツッコミ)
  • 共に大阪府出身
  • 2013年結成
  • フリー
にぼしいわし - お笑いナタリー

紅しょうが

  • 熊元プロレス(ボケ)、稲田美紀(ツッコミ)
  • 兵庫県神戸市出身、大阪府和泉市出身
  • 2014年結成
  • 吉本興業所属
紅しょうが プロフィール|吉本興業株式会社

ターリーターキー

  • 伊藤 那美、玉 遥香
  • 東京都文京区出身、大阪府出身
  • 2015年結成
  • 人力車所属
女性お笑いコンビ・ターリーターキーが「オールナイトニッポン0」に ...

Bブロック】

Aマッソ

  • 加納愛子、村上愛
  • 共に大阪府大阪市出身
  • 2010年結成
  • ワタナベエンターテインメント所属
ピクトアップ web版「芸人、かく語りき」Aマッソ 後編

ゆりやんレトリィバァ

  • 奈良県出身
  • 2013年~活動
  • 吉本興業所属
ゆりやんレトリィバァ】30kg減量のダイエットや経歴を徹底解明!

吉住

  • 福岡県出身
  • 2015年~活動
  • プロダクション人力車所属
女芸人・吉住(よしずみ)の本名や年齢や出身地、所属事務所や経歴や年収 ...

はなしょー

  • 杵渕 はな、山田 しょうこ
  • 共に埼玉県出身
  • 2012年結成
  • ワタナベエンターテインメント所属
はなしょー 杵渕はな (@524Andore) | Twitter

ぼる塾

  • きりやはるか、あんり、たなべちか
  • 東京都江戸川区出身(きりやはるか、あんり)、千葉県出身(たなべちか)
  • 2019年結成
  • 吉本興業所属
ぼる塾 プロフィール|吉本興業株式会社

「女芸人No.1決定戦THE W 2020」審査委員

川島明(麒麟)

田中卓志(アンガールズ)

哲夫(笑い飯)

久本雅美

ヒロミ

リンゴ(ハイヒール)

「女芸人No.1決定戦THE W」歴代女王

2017年:ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァの1番の魅力は、なんといってもハートの強さ。初めて見た時は、面白い芸人だとは感じなかったけれど、スベっても何度もトライする姿にいつしか目を奪われるようになりました。同じ女性として、あそこまで身体を張ってネタをする姿勢は尊敬すら覚えます。共演する方を選んだりもせず、ガンガン攻めていく姿が圧巻です。大物司会者相手でも、自分のベースを崩さず打ちまくるところや、間に入っていくところがヒヤヒヤするけど面白いです。スベってはいるけどなんだか笑えてくるあのフォルム。普段は可愛らしい喋り方で、そのギャップがまた愛らしく思います。前回のTHE Wでのドラえもんのネタが私はとても好きで、元気がない時によく見ます。友近とのコラボもとても面白くて、色んなキャラが見られます。最近は、ダイエットも成功しているみたいなので、またキレの良いネタが見てみたいです。『ちょーしのっちゃって』のようなキャッチーなネタもあったり、マネもしやすかったりするので、小さい子にもわかりやすく一緒に楽しめます。あんまり真面目なトークは見たことないので、これからまた新しい一面も楽しみだな、と感じます。毎回どんなことをしてくれるのかと楽しみがありワクワクします。

ゆりやんレトリィバァさんは、ネタの着眼点やお客さんへの見せ方など女性芸人の中でもネタへの評価が高く多くの魅力を持っています。しかし、彼女の一番の魅力は、ネタとは全く関係がない芸人としての心の強さにあります。なぜなら、彼女の面白さにすぐに気づけるのはプロの芸人さんぐらいで、理解されるのには時間がかかるタイプの人だったからです。
具体的には、彼女が情報系の番組に出演している時にその現象が明確に現れました。彼女は、流れや必要かどうかを考えることなく、自分がコメントできる時には必ずボケを入れてきます。しかも、先輩芸人さんが司会の番組であれば彼らが対応しますが、そうでない番組でもこの姿勢を変えません。ただ貪欲に笑いを求めてボケてきます。ゆりやんさんが出演し始めた頃、共演者は彼女のこの行動にかなり戸惑っていました。しかも、起きる笑いも決して大きいものではありません。しかし、彼女はこの姿勢を貫くことで、自分のおもしろさを視聴者だけでなく共演者にも伝えることに成功しました。
彼女ように芸人の中には面白さが伝わるまでにどうしても時間がかかる人がいます。しかし、すべってしまい期待の笑い声が起きないと、どんどん心が萎えて途中で止めてしまいます。そのため、続ける心の強さこそがゆりやんさんの魅力だといえるのです。

ゆりやんレトリィバァの最大の魅力は圧倒的な笑いのセンス
シャネルのCMのパロディからドラえもんが言わないであろうセリフを言うネタなど幅広い笑いを提供してくれる
常に笑いを求めているので、昨年度あった吉本の騒動に対しての意見を求められたときに普通に答えたあと
ゆっくりはけるボケをするなど芸人としてお手本のような回答をする
また、客前のウケを気にせずに自分がやりたいお笑いを追求し、芸人内での評価が抜群
特に先輩からの評価は高いようで、番組での立ち振る舞いはかわいいものがある
最近ではダイエットにも成功し以前とは切り口の違った笑いの取り方ができるようになりさらに笑いの幅が広がっているように感じる
今まで以上に機敏な動きができるようになったため激しめの一人コントが期待できる
似ているタイプの芸人さんは友近
友近もやりたい笑いを追求するタイプで演者しか分からないようなコントをする
ゆりやんレトリィバァのネタの中でより友近に似ているネタはかつてABCお笑いグランプリの決勝で披露した
ローカル番組のディレクターをいじるネタ
一般の人にはぜったいわからない内容のネタであるがなぜかその場面に遭遇した経験があるかのように錯覚するくらい自分の世界観をもっている

2018年:阿佐ヶ谷姉妹

2019年:3時のヒロイン

トリオの女芸人の中で、1番各人のキャラが際立っていて面白いです。THE Wで優勝する前から注目していたのですが、コントネタのクオリティも高く、ポッチャリなのにキレキレな動きをするところや、アメリカのドラマのワンシーンのように声を揃えてよくわからない例えをするところで、ついつい笑ってしまいます。福田さんのツッコミもいい感じで、全体的なバランスが良く、各人がバラエティでもいじられキャラとして確立されているように感じています。3人ともに愛嬌があり、特に福田さんはアイドル出身で、モテそうなルックスをしているにもかかわらず、3人とも芸人として身体を張っているように感じ、とても好印象です。ネタ見せの頻度が減ってきていて少し残念ではあるのですが、バラエティで活躍している姿を見ると、シンデレラドリームを感じ、見ているこちらが嬉しくなってくるようになりました。
3時のヒロインの鉄板ネタに「アッハーン」というフレーズを独特の動きとともに楽曲中に盛り込む物があるのですが、特にオススメです。かなり耳に残り、ネタが終わってもまた聞きたくなって、再度同じネタを見てしまうくらいに高い中毒性があります。これから新しいネタをもっともっと見たいと感じています。

キャラの強烈な見た目で、なんだこのトリオはと思ったのが第一印象でしたが、ネタを見てびっくり、とても面白かったですね。特に福田さんのツッコミの能力がすごいと感じました。女性芸人の中でも、なかなかあのキレのあるするどいツッコミできる人は少ないです。女性芸人のツッコミはあったことをそのまま訂正して返すみたいな印象があり、男性芸人のツッコミと比べるとやや弱く感じていました。でも、福田さんにはそういったところがなくワードのセンスや言い回しからちゃんと笑いを作っていたように思います。ですので、この番組の決勝でされていた「アッハ~ン」のコントがかなり有名になりましたが、初戦の漫才もなかなかの面白さです。ボケの2人も交互にボケるだけでなく、2人で1つのボケを完成させるなどトリオという立ち位置をうまく使われていました。今のM-1に出ても戦えるレベルだと思います。最近はバラエティーによく出演されていますが、意外にもゆめっち・かなでのお二人がちゃんとフリートークできて面白いことに少し印象が変わりました。ネタを見る限り、福田さんに頼り切りなトリオなのかと思ったら全然そんなことなく、3人それぞれ個性が際立っていました。これからの活躍もとても期待しています。

3時のヒロインの魅力は、三者三様のチャーミングなキャラクターと三人の演技力であると思います。まず、ツッコミの福田さんは元々「つぼみ」というグループに所属していた元アイドルにもかかわらず、漫才やバラエティ番組ではボケの2人をコテコテの大阪弁で鋭いツッコミを入れ2人をまとめる、これが3時のヒロインのスタイルであるといえます。また、ボケ担当のゆめっちさんはチャーミングな外見と、原色やカラフルなファッションコーディネートも話題になっており、SNSで注目されています。元々加藤ミリヤさんなどのモノマネをやっていたこともあり、歌がとても上手く歌番組などでも活躍しています。もうひとりのボケ担当かなでさんは、癒し系ぽっちゃりともいわれており体重が100キロを超えているといわれていますが、クラシックバレエを10年習っていた過去があり、見た目とは反してとても身軽にダンスを踊れ、かなり上手いです。このように三者各々個性が強く、漫才やコントでは舞台を大きく使った激しい動きや、歌や演技を取り入れたものが多い印象です。一見バラバラな三人ですが、リーダー的存在の福田さんによりまとめられた三人は息ぴったりで爆笑必至です。また、お笑いだけではなく演技力を生かしドラマなどにも出演しているのでそちらにも注目してほしいです

まとめ

「女芸人No.1決定戦THE W 2020」は、Huluで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました