『武士の一分』動画配信やレンタルを無料フル視聴する方法【映画】

山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。主演に『2046』で世界にも活躍の場を広げた木村拓哉を迎え、幕末に生きる武士の名誉と夫婦のきずなを描く。妻役の檀れいやかたき役の坂東三津五郎ほか、緒形拳や桃井かおりなど、日本を代表とする実力派俳優が勢ぞろいする。「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。そのタイトルが指し示す人間ドラマは、観るものの心を揺さぶる感動巨編。
こちらでは木村拓哉さん主演映画「武士の一分」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「武士の一分」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『武士の一分』 を無料で視聴する方法は?

『武士の一分』は、動画配信サービス【U-NEXT】【FOD】【Hulu】で配信中です!

そこで【U-NEXT】【FOD】【Hulu】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

FODプレミアムでも配信中です!

\初回2週間無料トライアル!/

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

FODは木村拓哉さん出演作品がたくさん観れます。
◆教場
◆HERO
◆プライド
◆CHANGE
◆PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~

フジテレビ系番組が豊富なFODプレミアム!
無料期間のみお楽しみいただくことで
お金を一切払わずにお試しすることができます!
※解約は無料期間内にしてもらうだけでOK!

FODプレミアム解約・退会方法は?

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

Hulu】でも配信中!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!
 ⇩  ⇩  ⇩

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2021年12月時点の情報になります。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

あらすじ

三村新之丞(木村拓哉)は、最愛の妻・加世(檀れい)とつましく暮らす、海坂藩の下級武士。「早めに隠居して、子供がたに剣を教えたい」と夢を語る、笑いの絶えない平和な日々は、藩主の毒見役をつとめて失明した日から暗転する。絶望し、自害しようとする新之丞を加世は必死に思い留まらせるが、愛する夫のため、口添えを得ようとして罠にはまり、番頭・島田藤弥(坂東三津五郎)に身を捧げてしまう。義を重んじ、卑怯を憎む侍としての「心」と、ひとりの男としての「愛」の狭間で、新之丞の怒りは激しく燃え上がり、己の「一分」をかけた復讐を心に誓う。しかし島田は藩内きっての剣の使い手。目の見えぬ新之丞の無謀な果し合いに勝機はあるのか、そして失われた夫婦の愛情は再び取り戻せるのか・・・。(FOD公式サイトより)

「武士の一分」のキャスト

木村拓哉さん含めその他のキャスト陣を紹介していきます。

三村新之丞:木村拓哉

三村加世:檀れい

徳平:笹野高史

波多野東吾:岡本信人

滝川つね:左時枝

滝川勘十郎:綾田俊樹

波多野以寧:桃井かおり

木部孫八郎:緒形拳

山崎兵太:赤塚真人

加賀山嘉右衛門:近藤公園

藩主:歌澤寅右衛門

玄斎:大地康雄

樋口作之助:小林稔侍

島田藤弥:坂東三津五郎

「武士の一分」の感想

最高でした。
木村さん演じる武士、現代で言うところの公務員の様な立場なんだろうけど、明るくてユーモアたっぷりで、あんな綺麗な奥さんがいるのも大いに納得なキャラクターです。
そして僕が最も共感を覚えたのは、日々繰り返す同じ様な日常の中でも、とても希望に溢れていて、将来の夢も明確に持っているというところ。
好感度半端ないキムタクが演じる「好感度半端ない武士」みんな絶対に好きになっちゃいます。
そんな主人公に、予期せぬ苦難や切ない悩みが次々と襲いかかります。だけどそれを苦しみながらも受け入れ、乗り越えていく様はとても人間らしくて自然です。
さあ、そんな優しくて前向きな男が本気の怒りに震えることになります。それはどんな訳なのか、又その出来事をどんな風に乗り越えていくのか、ラストに向けて観ている方も心が静かに燃えていくのが分かります。
特筆すべきは中間役の笹野さん。人生経験豊富なんだけど片意地張らずに若き夫婦を見守り、だけどなんだかオッチョコチョイでたまらなく魅力的です。
そしてもう一点、これは「チャンバラ」。感動しました。泣きました。「アクションシーン」ではなく「本気の戦い」だった。ここには、「たそがれ清兵衛」の時も仰っていた
監督のこだわりが見えました。
書き切れないほどの魅力に溢れた作品でした。

この映画は、藤沢周平さんの原作を、山田洋次監督によって映画化された作品です。山田洋次監督らしい武士とその妻の夫婦像が描かれています。主人公の三村新之丞を演じるのは、木村拓哉さんが、新之丞の妻の加世を演じるのは檀れいさんが演じています。最初は、木村拓哉さんのチョンマゲ姿に違和感を感じながらみていましたが、貝の毒で失明し、絶望感に打ちひしがれるあたりから人間味が出てきて、違和感なく見れるようになりました。盲目の状態での果たし合いのシーンは、演じる方も難しかったと思いますが、木村拓哉さんの殺陣は見事でした。木村拓哉さんの器用な一面が出ていたと思います。木村さんは「プライド」というドラマで男のプライドを見せる役どころを演じましたが、この映画でも武士のプライドを見せてくれたと思います。一方、加世を演じた檀れいさんも慎ましく、甲斐甲斐しい妻を演じていて、特に失明した新之丞を献身的に支える姿は武士の妻の鏡とも言えるものであったと思います。そして新之丞に追い出される加世がとても不憫だったし、その表情や仕草も痛々しく見ていられませんでした。木村さんも檀さんも、淋しさや悔しさなどの感情表現が深く、どちらにも感情移入することができました。

檀れいさんの所作の一つひとつが美しかった。品格があって所作も美しかったです。起承転結わかりやすくきれいにまとまっていて良かったです。盲目の剣士という難しい役柄が見事でした。緒形拳さん素晴らしかったで
す。木村拓也さんは剣道の経験者でもあるから刀捌きはサマになります。敵役が坂東三津五郎というのも意外性があって良かったです。とてもよいストーリーでグッときました。ラストは素敵すぎる夫婦愛。ウルっとしました。見ていて切なかったです。『必死すなわち生くるなり』いい言葉だと思いました。武士の生き様はかっこいいと思いました。意地とプライドをかけた真剣勝負がまたすごい。後半を過ぎるまでじわじわと打たれる布石、それが効きまくる終盤での果たし合いのシーンは見処です。構えに、その場の空気感に、文句なしにかっこいい!
笹野高史さんや桃井かおりさんといったキャストは脇役ながらにさすがの魅力でした。インパクトがありました。絵の作り方が本当に昔の日本で撮ったのかなっていうくらいな感じで素敵でした。せつなさ、苦難の中に幸せを感じさせる感動映画です。武士であることに奢ることなく、身の回りにいる人を尊重する考え方に惹かれました。

国民的アイドルSMAPの木村拓哉が時代劇どんな演技になるのか楽しみでワクワクしていたのを今でもはっきり覚えています。主人公の三村新之丞は生活は苦しかったですが、美しい妻加世とともに幸せに暮らしていた日々が暗転。新之丞は剣術で藩主を守ろうと言う思いが叶うことなく、なんと毒見役となったのです。この毒見役は、藩主が食べる物に毒が入っているのかを確かめる仕事なので、私だったら辞退します。毒見役が何人かいて、全員が苦しむことはないので、隣が安全でももしかしたら私には毒が入っているかもしれないと考えてしまう。実際映画では、新之丞はつぶ貝の毒を食べてしまったことで、意識をうしなってしまった。数日後奇跡的に意識を取り戻すが、なぜか?加世の目を見ない。新之丞は目は見えてるというが、どうもおかしい。医者に診せると治ることはないと言った。つまり目は一生見えないということで、新之丞は荒れた。荒れてつい加世に出ていけと言った。新之丞は使用人に頼んで、加世の後をつけていくと、上級武士の島田と会っていることが分かった。島田は新之丞の世話をするというのは噓で、加世の体目的であった。それを知った新之丞は剣術で島田と決闘するという普通に考えると不利ではあるが、見事に勝った。

食事のおける毒ににより、失明にて視力をうしないます。目が見えない武士の生きざまを主演である木村拓哉が演じます。なんとういか何をえんじても、かわいそうな役を演じても、木村拓哉が演じると格好がよくなりますし、不思議と絵になってしまいます。目がみえなくても「武士の一分」による、武士の意地、生きざまが表現されます。
この映画は前作の代表作に、山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」がありシリーズ作となります。本編は、くしくも目が見えない武士の生きざまとなりますが、「たそがれ清兵衛」も同様に武士としては、寂しい場面がえががれています。本映画を、盲目の武士という役柄を演じた木村拓哉、新造の壇れいの演技は素晴らしかったです。盲目でありながら、刀をあつかう「隠れ剣」の侍。そんなはかなさがありながら、熱演をされています。武士として、歩まなければならないこと、そんなかわいそうな夫をいち武士としてささえる妻の夫婦愛が垣間見えます。どこかかわいそうな武士の姿もありますが、そんな中に映し出される夫婦愛の印象が強かったです。従って、「武士の一分」といった武士を題材にした理由が少しぼやけてしまっているように感じたのも本音にあります。

この映画は現代の大人と同じ悩みや生活を、当時の武士も持っていたんだなという事がよくわかります。主人公はある藩の武士なのですが、そんなに身分は高くありません。しかし生活はしっかりしていて、武士の位に恥ずかしくない生活を送っている事が冒頭でよくわかります。夫婦は非常に仲が良くて旦那と奥さんの関係性は見どころです。さらにいいのが、弱い面というか現在の事で奥さんにも事情を話している部分です。友達夫婦というか、旦那が絶対に上なんだというイメージがない部分が素敵です。しかし仕事の中で、主人公が大きなハンディを負ってしまいます。ここで心が大きく乱れてしまう中で、奥さんは支えようと懸命に努力します。お互いが相手を思うあまり、うまくいかないことに苛立っている様子が本当に切なく感じる部分は見どころです。生活が苦しいので主人公を助けるために奥さんは大きな過ちを犯すのですが、これを許せるか許せないかは見た人の意見の分かれる所でしょう。その後それが弱みの部分を利用した主人公の上司の罠と知ってどのように行動していくのか、夫婦の関係性はどういう風になっていくのかラストに向けて非常に盛り上がっていく部分です。人の気持ちがよく描けている映画です。

まとめ

映画『武士の一分』は【U-NEXT】【FOD】【Hulu】で配信中です!

是非ご覧くださいね!

タイトルとURLをコピーしました